「Japan Championship 2021」ファイナルラウンドDay1結果、挑戦者BLUE BEESがSengokuに大金星/CAG・GUTSも勝利

「Japan Championship 2021」ファイナルラウンドDay1結果、挑戦者BLUE BEESがSengokuに大金星/CAG・GUTSも勝利

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では10月28日より東京ビッグサイトにて「Japan Championship 2021」ファイナルラウンドが開催中。本日は4日間に渡るこのファイナルのうち、Day1の3試合が行われました。

RJCファイナルラウンドDay1

2021年の日本チャンピオンを決める、賞金総額1,500万円の大会「Japan Championship 2021」(以下、RJC )。9月から10月上旬にかけて行われた予選が終了し、10月28日からは東京ビッグサイトにて、残る12チームによる「ファイナルラウンド」が行われています。

RJL 2021 Finals Bracket (JP)
RJC 2021ファイナルラウンドの対戦表
  • CYCLOPS athlete gaming vs REJECT(2-0でCAG勝利)
    • オレゴン(7-3)
    • クラブハウス(7-3)
  • GUTS Gaming vs Crest Gaming Lst(2-0でGUTS勝利)
    • カフェ(8-7)
    • 銀行(7-5)
  • Sengoku Gaming vs BLUE BEES(1-2でBB勝利)
    • 銀行(7-2)
    • クラブハウス(4-7)
    • ヴィラ(4-7)

CAGは必勝誓う

CYCLOPS athlete gaming(CAG)とREJECT(RC)の一戦は、RCがピックした第1マップ「オレゴン」からスタート。データ上では防衛有利とされるこのマップで攻撃から入ったCAGは、4-2で折り返すことに成功。攻撃に転じてからも、RCが建物に入る前から撃ち合う積極的なCAGスタイルで圧倒し、7-3で早々にオレゴンでの戦いをしめくくります。

第2マップの「クラブハウス」ではRCは一転、TadaNiki選手の遊撃などを駆使して序盤から強気に仕掛けます。しかしCAGは第5ラウンドで地下への現地ラッシュを成功させると、6ラウンド目もAnitun選手がクラッチを決め、オフライン戦の空気を支配します。

RCはタイムアウトを挟むも、対応は間に合わず、「クラブハウス」での戦いもCAGが7-3で勝利。CAGは明日のEVA:eとの準々決勝に進出することが決定しました。

敗れたRCは残念ながらここで敗退となってしまいましたが、RCには冬にAPAC North入れ替え戦も控えているので、引き続きこちらのトーナメントでの活躍に期待したいところです。

試合後のインタビューでは、CAGの皆さんは「(APAC Northでは振るわなかったこともあって)必ず勝とうと決めていた」と語っていました。第5ラウンドまでの流れについては、「遊撃に破壊されたら、もう現地に行こう」ということで、第5ラウンドでのラッシュに至ったとのことです。CAGの皆さんは29日、EVA:eとの準々決勝を迎えます。

CAGロースター
試合後のCAGロースター

GUTS、勝負に強い

第1戦に引き続き、国内リーグRJLのチーム同士の対決となったGUTS GamingCrest Gaming Lst(CGL)の一戦は、CGLがピックした「カフェ」からスタート。CGLはラウンド序盤で人数不利になっても打開できる組み立ての巧さを見せ、まず3-0とリード。Eclair選手やRuruta選手が活躍し、5-1という大差で攻防交代に持ち込みます。

しかしGUTSもベテランチームらしく、防衛時のスコアは気にせずに落ち着いたプレイを続けます。まず1ラウンド返して5-2とすると、丁寧にテンポの良い攻撃を通し続け、6-5と逆転に成功します。この追い上げに、CGLも土壇場で凌いでラウンドスコア6-6と、マップはオーバータイムにもつれこみます。

13ラウンドではCGLのOkOmEsH選手の活躍もあって、1階の防衛を制して7-6としますが、次のラウンドではGUTSが完封してフルラウンドへと突入。最後はGUTSのYura選手がオープニングキルを取ったところからは弾みをつけ、驚異的なシーソーゲームを7-8でGUTSが制します。

第2マップはGUTSピックの「銀行」でした。GUTSは攻撃からスタートし、今度は5-1とカフェと逆の展開を見せます。しかしCGLも攻撃に回ってからは連勝して5-5。再び試合はオーバータイムへもつれこむかと思われましたが、今回GUTSはオーバータイムを許さず、そのまま押し切って7-5で勝利。

オフラインならではの難しい試合展開でしたが、豊富な経験値を持つGUTSが冷静な対処をし続け、その実力を存分に発揮する好勝負となりました。試合後のGUTSの皆さんへのインタビューでは、ぎりぎりの戦いを制した要因について「相手のチームの傾向を掴めたこと」を挙げており、また「スクリムなどで得たものを試合を通して応用していった」という点も、全体での勝利につながったようです。GUTSの皆さんは29日、Zeptoとの準々決勝を迎えます。

GUTS GAMING
試合後のGUTS GAMINGロースター

BBが優勝候補SG下す

28日の第3戦は、RJLの2021年シーズンを2位で終えたSengoku Gaming(SG)と、チームとしてはオフライントーナメント初登場となるチャレンジャーBLUE BEES(BB)の一戦となりました。なおBBはYOWAMU選手が体調を崩したため、急きょサブロースターのiZRO選手が出場することになりました。

第1マップはSGがピックした「銀行」でスタート。丁寧に攻撃を組み立てるSGに、BBもマップの広さを活用した守りでうまく対応し、スコアは2-2と互いに手の内を探り合う序盤戦となります。しかし第6ラウンドではSGのRamu選手がトリプルキルで勝利に貢献し4-2で攻防を交代するなど、徐々に差を見せ始めます。攻防交代してからは終始SGペースとなり、7-2でSGがマップポイントを獲得します。

しかし第2マップの「クラブハウス」からはBBの逆襲が始まります。攻撃スタートしたSGに、2ラウンド目こそパーフェクトラウンドで地下防衛を攻略されるものの、防衛有利とされるマップの特性をうまく活かし、4-2とリードして折り返します。結果的にこの差が生きる形となり、BBは「クラブハウス」を7-3で制することに成功します。

ディサイダーとなった「ヴィラ」では、iZRO選手がNook(ヌック)とフラググレネードを使い、拠点の下階から揺さぶるスタイルを採りますが、SGに対してこれが見事に機能し、BBは早々に3-0とリードします。SGも対応策を模索しますがその勢いは止められず、4-2スコアで攻防交代。その後も優勝候補チームの1つであるSGを翻弄し続け、6-2とマッチポイントに到達します。

SGも、ReyCyil選手によるAmaru(アマル)を使った攻撃を絡めるなど、逆転のきっかけを探ります。しかしそれも間に合わず、BBはラウンドスコア7-4で「ヴィラ」を制圧。助っ人iZRO選手も大活躍し、合計マップスコア2-1と、SGに対して大番狂わせを起こすことに成功しました。

試合後のインタビューでは、「銀行」では押されながらも、「クラブハウス」では用意した作戦がうまくはまって弾みにつながったこと。また「ヴィラ」でのiZRO選手の好パフォーマンスについては、「助っ人として、自分のスタイルを貫いた」結果だと述べていました。

BBの皆さんは30日にDONUTS USGと対戦。互いに友人同士の選手が多いというこの2チームのマッチアップには、今から期待が高まります。

BLUE BEES
試合後のBLUE BEESロースター

豪華ゲストによる特別配信も実施中

Bluebar出張版

今年のRJCでも、メイン配信と並行してサブ配信「岡副麻希のBLUE BAR ~RJC2021が100倍楽しくなるeスポーツバー~」出張編が、東京ビッグサイトから生中継(X-MOMENTにて)。4日わたって、この大会を盛り上げる豪華ゲスト陣が出演します。

  • 出演者
    • 10月28日:河本準一(次長課長) / Okayama / 津田篤宏(ダイアン) / 古川未鈴(でんぱ組.inc)
    • 10月29日:岡副麻希/ ふり~だ/ CrazyPapiyoN / とにかく明るい安村/ 安部若菜(NMB48)
    • 10月30日:岡副麻希/ Okayama / CrazyPapiyoN / ペナルティ・ヒデ/ えなこ
    • 10月31日:岡副麻希/ CrazyPapiyoN / 河本準一(次長課長) / 今村美月(STU48)

配信情報

RJC「ファイナルラウンド」は、以下のチャンネルでご覧いただけます。

『レインボーシックス シージ』およびシージeスポーツ競技シーンの最新情報や、RJC2021全体の情報などは、以下のサイト、SNSをご覧ください。

コメントする

*