「Japan Championship 2021」ファイナルラウンドDay3結果、新世代チーム魚群がFAV撃破/CAG決勝へ

「Japan Championship 2021」ファイナルラウンドDay3結果、新世代チーム魚群がFAV撃破/CAG決勝へ

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では10月28日より東京ビッグサイトにて「Japan Championship 2021」ファイナルラウンドが開催中。本日は4日間に渡るこのファイナルのうち、Day3の3試合が行われました。

RJCファイナルラウンドDay3

2021年の日本チャンピオンを決める、賞金総額1,500万円の大会「Japan Championship 2021」(以下、RJC )。9月から10月上旬にかけて行われた予選が終了し、10月28日からは東京ビッグサイトにて、残る12チームによる「ファイナルラウンド」が行われています。

day3bracket
RJC 2021ファイナルラウンドの対戦表(Day3終了時点)
  • BLUE BEES vs DONUTS USG(1-2でUSG勝利)
    • ヴィラ(8-7)
    • オレゴン(5-7)
    • 海岸線(5-7)
  • FAV gaming vs 魚群(1-2で魚群勝利)
    • ヴィラ(7-1)
    • カフェ(2-7)
    • 山荘(1-7)
  • CYCLOPS athlete gaming vs Zepto(2-1でZepto勝利)
    • オレゴン(8-6)
    • カフェ(7-8)
    • ヴィラ(7-4)

USGが計39ラウンドの大激闘を制す

Day3の第1試合は、Day1でSengokuを破ったBLUE BEES(BB)と、Day3にして初登場となるDONUTS USGによる準々決勝となりました。

第1マップの「ヴィラ」で、BBはDay1でも機能したiZRO選手の遊撃を出しますが、USGは遊撃対処に手間をかけない形で押し込み、前半終わって3-3と拮抗します。10ラウンド目にキッチン防衛を成功させたUSGは、6-5で先にマッチポイントを獲得しますが、互いに読み合いが続き、試合は6-6でオーバータイムに突入します。

最終ラウンドのキッチンでの攻防では、ニトロセル4つを用意して守ろうとしたUSGの意図を砕き、BBが8-7で第1マップを制覇しました。

第2マップの「オレゴン」では、まずBBが多方面からうまく囲い込み2-0としますが、USGもコンパクトな守りで徐々に優位を得て、2-4と追い越して攻防を交代します。その後のUSGは、Kawa選手のスニークインも刺さり、4-6で先にマッチポイントすると、2階攻撃でベッドルームと屋根裏、それぞれの要所を落としてせん滅に成功し、5-7で「オレゴン」を制します。

ディサイダーマップとなったのは、RJCファイナルラウンドでは初登場となる「海岸線」。攻撃でスタートしたBBからは、sayochan選手によるクワッドキルが炸裂しますが、試合は結局もつれ合い、3度目のシーソーゲームとなりました。

先にマッチポイントを獲得したのはUSGでした。最終ラウンドではAokayu選手が1v1を制し、5-7で勝利。3マップ合計39ラウンドの激闘を経て、マップスコア2-1でUSGが準決勝への進出を決めました。

魚群がFAVを粉砕しベスト4へ

第2試合ではFAV gamingが登場。新世代チームの一角である魚群と、第1マップ「ヴィラ」から対戦をスタートします。人数不利の状況でも冷静にプレイできるFAVは、魚群の防衛ラインを連続で崩し続け、5-1で攻撃を追えると、防衛に回ってからはNo2選手による合計10キルの活躍などもあり、7-1。「ヴィラ」での戦いを手早く終わらせます。

しかし第2マップの「カフェ」からは、様相が一変します。防衛でスタートした魚群は3-0でリードすると、第4ラウンドではLambor選手が1v1を制して4-0とさらにリード。その後も魚群は勢いを落とさず、「ヴィラ」とは逆に5-1で攻防交代することに成功します。第9ラウンドではFAVのスニークプラントが成功するも、魚群は設置後に攻撃側をせん滅することに成功し、7-2で「カフェ」での戦いを制します。

ディサイダーマップである「山荘」では、魚群はテンポをずらしたガンファイトを挑み、FAVとのカバー合戦を回避しながら少しずつリードを作ります。FAVは前線を押し上げることがなかなかできないまま、1-5で攻防交代。しかしFAVは防衛に回ってからも、魚群に最初のラウンドを取られ、タイムアウトに入ります。

予選の段階から安定した成績を誇ってきた魚群(予選では「モバイルバッテリー」チームとして出場)ですが、攻撃でも奇襲を絡めつつ、FAVを効果的に揺さぶります。第8ラウンドでは、人数不利となった中でIREBA選手がクワッドキルを決め、ラウンドスコア1-7。全体マップスコア2-1で、魚群が劇的な勝利を飾りました。

Day2では辛勝したFAVでしたが、Day3では新世代チームによる万全の準備に力尽きた形となりました。見事にFAVを破った魚群は、Day4で決勝進出をかけUSGと対戦します。

CAGは2年連続決勝戦進出

Day3最後の試合はCAGZeptoの準決勝第1マップの「オレゴン」で攻撃から入ったZeptoは、緩急をつけながら攻め込み3ラウンド目ではラッシュにも成功するものの、CAGもアイデアに富んだ柔軟な立ち回りで4-2とリードして攻防交代します。

その後はLua選手の活躍もあり、Zeptoは5-2から5-5に追いつきます。先にCAGが2階攻撃を成功させてマッチポイントとしますが、Zeptoも地下防衛を成功させ、このマップはオーバータイムへと突入します。しかし直後にgatorada選手を巧妙に2階に隠す作戦が成功して7-6。その後も地下攻撃をガンファイトで制し、CAGが8-6で「オレゴン」を制します。

第2マップ「カフェ」では、Zeptoが防衛でスタート。Lua選手が白階段付近での攻防をことごとく制す活躍を見せ、1-5とリードして攻防交代します。

攻撃に回ったZeptoは次のラウンドも制し1-6とマッチポイントを獲得しますが、ここからCAGが防衛で本領を発揮します。Anitun選手を中心にガジェットを使って広く守り、Zeptoの進行を許さず6-6とオーバータイムに突入します。

オーバータイムでは、Zeptoがようやく攻撃で1ラウンド通して6-7。CAGは攻撃を通して7-7とフルラウンドにしますが、最終15ラウンドでは、狭いエリアでの削り合いを制したZeptoがせん滅に成功し、8-7で勝利します。

ディサイダーマップとなったのは「ヴィラ」。REChaaaaN選手の耐えが機能して3-0と、防衛から入ったZeptoがリードするも、CAGも徐々に対応し3-4と逆転。攻防交代してからも、CAGは乱戦を制しつつ、一気に3-6とマッチポイントまで到達します。

Zeptoも追い上げを試みますが、最終ラウンドのキッチン守りではCAGが上下に巧みに展開し、最後はSuzuC選手が1v2を制して4-7でCAGが勝利。挑戦者Zeptoとの困難な戦いをマップスコア2-1で制し、まずは昨年チャンピオンのCAGが、2年連続の決勝戦進出を決めました。

豪華ゲストによる特別配信も実施中

Bluebar出張版

今年のRJCでも、メイン配信と並行してサブ配信「岡副麻希のBLUE BAR ~RJC2021が100倍楽しくなるeスポーツバー~」出張編が、東京ビッグサイトから生中継(X-MOMENTにて)。4日わたって、この大会を盛り上げる豪華ゲスト陣が出演します。

  • 出演者
    • 10月28日:河本準一(次長課長) / Okayama / 津田篤宏(ダイアン) / 古川未鈴(でんぱ組.inc)
    • 10月29日:岡副麻希/ ふり~だ/ CrazyPapiyoN / とにかく明るい安村/ 安部若菜(NMB48)
    • 10月30日:岡副麻希/ Okayama / CrazyPapiyoN / ペナルティ・ヒデ/ えなこ
    • 10月31日:岡副麻希/ CrazyPapiyoN / 河本準一(次長課長) / 今村美月(STU48)

配信情報

RJC「ファイナルラウンド」は、以下のチャンネルでご覧いただけます。

『レインボーシックス シージ』およびシージeスポーツ競技シーンの最新情報や、RJC2021全体の情報などは、以下のサイト、SNSをご覧ください。

コメントする

*