CoD:ヴァンガード:「シーズン1」&ウォーゾーン新マップが12月8日に延期

CoD:ヴァンガード:「シーズン1」&ウォーゾーン新マップが12月8日に延期

Sledgehammer Gamesの『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』ではプレシーズン期間が進行中。12月3日には最初の大型アップデートとなる「シーズン1」がリリース予定でしたが、これが12月8日に延期されることが発表されています。合わせて『ウォーゾーン』の新マップへの移行も延期されています。

『CoD:ヴァンガード』シーズン1が延期

11月5日に発売された『CoD:V』では現在プレシーズン期間が進行中で、12月3日には大型アップデート「シーズン1」がリリース予定でした。しかし日本時間11月20日、コール オブ デューティ公式Twitterより、これが現地時間12月8日に延期となったことが発表されています。

「アップデート:ヴァンガードのシーズン1と『ウォーゾーン パシフィック』は12月8日のリリースとなりました。ヴァンガードを持っている方には、『カルデラ』マップへの24時間の限定先行アクセス権を付与します。オープン・アクセスが始まるのは12月9日です」

「シーズン1」では、マルチの新武器や新マップ、新モード、ゾンビの新コンテンツなどがリリース予定で、コミュニティでは他にも既存の武器のバランス調整も予想されていましたが、これらが約5日ほど遅れる形です。なお延期の理由については明らかにされていません。

ウォーゾーンの大型アップデートも延期

今回の延期には、『CoD:V』の「シーズン1」と同時にリリース予定であった、無料バトロワ『ウォーゾーン』のアップデート延期も含まれています。

『ウォーゾーン』は、今回のアップデートでそのタイトルが『ウォーゾーン パシフィック』となり、武器などが『CoD:V』と統合。使用するマップも旧ソビエト圏の架空都市ヴェルダンスクから、太平洋の島カルデラへ移行するという大きな変化が予告されていたため、「シーズン1」の延期も含めて、元ツイートのリプライ欄はファンたちの落胆のコメントで溢れています。

なお『CoD:V』では現在フリーウィークエンドが開催中です(11月23日まで)。12月8日にスタートする「シーズン1」に向けて興味をお持ちの方は、今週末ぜひ『CoD:V』を無料でプレイしてみてください。

『CoD:ヴァンガード』の発売日は2021年11月5日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    今回は楽しいし、延期されてもまあ遊びながらまつわってなるな
    調整とかするのはいいけど、やるなら武器XP倍増も増やしてほしい
    今回武器育てるのがきつすぎる
    SGなんかはやりすぎって意見もあるけど、これぐらいでいいと思う。
    問題はマップの関係でインファイトが多すぎてワンパンできるぶきが強いってだけだし。
    下手にSG弱体してSR強化なんかしたらみんな芋りだすからそれが一番きつい

  2. By 匿名

    WARZONEなんてもう人気ないだろ、実際つまらないし

  3. By 匿名

    本家MWのバグは引き継ぎ、追加バグもチラホラあるし
    MWエンジンのスピード感は好みで良いがSHGならではのバランスうんちなのがな。調整項目多すぎて遅れるんじゃね
    せめてあのバカみたいなSGだけでも調整してからフリーにすべきだったんじゃないか。SHIPHOUSEまでプレイリストに入れておいてアレじゃぁ買おうとはならんのでは

    というかSGの調整上手く出来てるCoDなんて見たことないレベルだしここ最近はずっと発売直後にOPSGが出てきてギャーギャー言われ続けてるしもうこの作品にSGとかいうカテゴリいらんのでは?

  4. By 肩

    今作割と遊べるから2年やってくれ
    というか今年から2年周期にしてくれ

  5. By 匿名

    今時客の求める完璧なゲームは難しい時代だよね

  6. By 匿名

    未完成でだすなよ ゲームを

コメントする

*