CoD:ウォーゾーン:未登録スキンで誤BAN発生中、「知らない配布スキンを装備するな」と注意喚起

CoD:ウォーゾーン:未登録スキンで誤BAN発生中、「知らない配布スキンを装備するな」と注意喚起

Raven Softwareの『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ ウォーゾーン)』では「シーズン1」が進行中。間もなくホリデーイベント「Festive Fervor」が開催されますが、一方ではログイン時に見知らぬスキンを獲得したプレイヤーが、不正行為と見なされ誤BANされてしまうトラブルが起きているそうです。

クリスマスプレゼントかと思いきや…

12月14日からはホリデーイベント「Festive Fervor」のアップデートが配信され、最初にストアセールなどがスタートします。その一方『ウォーゾーン』のプレイヤーコミュニティでは、ログイン時に見慣れないスキンを獲得していたという報告が何件か寄せられているようです。

話題になっているニンジャがモチーフのオペレータースキンは、開発側からのクリスマスプレゼントかと思いきや、全プレイヤーに配布されているわけではなく、一部のプレイヤーのインベントリ内にのみランダムに発生しているようです。そしてこのスキンを装備してプレイすると、シャドウBANを受けてしまうとのことで、元プロ選手で現役ストリーマーのMRKN Knightは「ゲームで使ってはいけない」と注意喚起をしています。

「ご参考。このスーツを獲得したらゲーム内で使ってはいけません。ほとんどの人がシャドウBANを受けているようです。このスキンはゲームに登録されておらず、それが理由でシャドウBANされているのですが…、どうしてこんなことになってしまったのかは分かりません。まぁここはウォーゾーンだしね」

なおウォーゾーンのシャドウBANとは、同じくチートなどの不正行為でシャドウBANされたプレイヤーのみが集められた、チーター専用ロビーでしかプレイできなくなるというペナルティです。シャドウBANではプレイヤーに警告メッセージが表示されず、気が付くと他のプレイヤーが全員チーターになっているため、誤BANを受けたプレイヤーにとっては恐ろしいペナルティと言えます。

スキンを装備しないこと

さらにMRKN Knightによると、このスキンをアンロックする方法はあるのですが(※チャレンジ達成報酬)、それ以外の方法でランダムに獲得してしまった場合は、スキンを使わないように、と繰り返し念押ししています。もし日本のプレイヤーの方に、知らないうちにこのスキンを獲得していたという方がいたら、くれぐれもお気を付けください。

今回の件は、つい先日『エーペックスレジェンズ』でも起きた、未発表のスキンやイベント報酬アイテムが一部のプレイヤーに配布されてしまったバグを思い出させます。『ウォーゾーン』ではうっかり装備するとシャドウBANされてしまう恐ろしいバグのようですが、ある意味ではチートセキュリティがしっかり機能しているとも解釈できるでしょう。

なお、Raven Softwareはこの件についてまだコメントを出しておらず、公式Trelloボードにも現時点で記載がないようです。

『CoD:ヴァンガード』の発売日は2021年11月5日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    無実の人が被害を被る場合が有る以上運運営のミスに他ならず、ある意味も何も「チートセキュリティがしっかり機能しているとも解釈でき」るわけが無いでしょう。

  2. By 匿名

    こう言うのあるとシャドウBANされてるのか確認する方法、もしBANされたら時間経過で解除されるのか何かするべきことはあるのかとか知りたい

コメントする

*