Call of Duty League:2022シーズンは2月5日開幕、第3ゲームにコントロール採用やプロ・アマトーナメントなど

Call of Duty League:2022シーズンは2月5日開幕、第3ゲームにコントロール採用やプロ・アマトーナメントなど

Activisionは『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』のeスポーツリーグ「Call of Duty League 2022」のシーズンスケジュールを公開しました。来シーズンは4つのメジャートーナメントのほか、プロ・アマトーナメントも開催されます。

CDL2022 シーズンスケジュール

Call of Duty League Is BACK | 2022 Season Format Explainer

レギュラーシーズン

レギュラーシーズンはLAN / オンラインのハイブリッドモデルを採用し、4回のメジャートーナメントが開催されます。2022年のゲームモードはハードポイント、サーチアンドデストロイ、そしてコントロールの予定となっています。 

各メジャーは4週間の試合で構成されます。最初の3週間は予選で、各チームは無作為に選ばれたチームと5回のオンラインマッチを行います。予選を勝ち上がった上位8チームはファンの前で行われるライブLANイベントで、1週間のブラケットプレイを競います。第1回メジャートーナメントはオプティック・テキサスが主催し、他の開催地は後日発表されます。

ミッドシーズントーナメント

Call of Duty Leagueでは初めて、プロ・アマ大会をミッドシーズンに実施。またプロやストリーマー、その他インフルエンサーによる『CoD:ウォーゾーン』イベントも導入されます。

ポストシーズンの変更点

2022年のプレイオフとチャンピオンシップに重要な変更が行われます。プレイオフには8チームが参加しますが、上位2シードが不戦勝を得たり下位2シードが敗者復活戦から始まったりすることはなくなります。その代わり、8チームすべてが勝者側第1回戦からスタートします。

キックオフクラシック

2022キックオフクラシックが1月22日~24日に開催されます。テキサス州のEsports Stadium Arlingtonでライブ観客を交え、全12チームがオフラインで戦う予定です。

2022年のレギュラーシーズンは、日本時間2月5日から7日に行われるオープニングウィークエンドで正式にスタートします。配信はYouTube Gaming独占で行われます。

『CoD:ヴァンガード』の発売日は2021年11月5日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: Call of Duty League

コメントする

*