エーペックスレジェンズ:「パッドのバランス調整」に開発者言及、エイムアシスト再検討/技術的に難しい点など

エーペックスレジェンズ:「パッドのバランス調整」に開発者言及、エイムアシスト再検討/技術的に難しい点など

Respawn Entertainmentの『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』では1月11日より「暗き深淵」イベントがスタート。Twitterのコミュニティではゲームパッドとキーボード・マウス間のバランスが議論されており、これについて開発スタッフが見解を述べています。

パッドとキーボード・マウス間を公平にするには

エーペックスにはクロスプレイ機能があり、ゲームパッドを使うコンシューマー版プレイヤーと、キーボード・マウス(以下、キーマウと略記)を使うPC版プレイヤーが同じロビーに入ることも珍しくありません。

さらに昨今ではエイムアシストの利点から、プロを含めてPC版でゲームパッドを選択しているプレイヤーも一定数いるため、特殊な動作が可能なキーマウと比べてどちらに優位性があるかは、コミュニティでの議題の1つとなっています。

1月6日には、Cloud9のプロ選手PVPXが「ゲームパッドに求めるもの」というテーマで、以下の要望を掲げていました。

  • 強化:タップストレイフを可能にする
  • 強化:移動しながらのアイテム回収をできるようにする
  • 強化:インタラクトまたはキーバインド全般の分離(※訳注:1つのボタンで複数のアクションが競合しているため、味方の蘇生時などで意図しない動作をしてしまうことが問題視されている)
  • 弱体化:エイムアシスト

この議題を受けて、エーペックスの開発スタッフでライブ・バランスデザイナーのJohn Larson氏が、ゲームパッドとキーマウの違いと、それらを今後調整する予定はあるのかという点について、長文で解説しています。

開発者による見解

  • 要約
    • パッドでタップストレイフを可能にすることには否定的
    • パッドで「移動しながらのアイテム回収」を可能にするのは賛成だが、問題点もあり優先順位は低い
    • パッドでのインタラクトに関して、ボタン設定の拡張については技術的に難しい
    • パッドにおけるエイムアシストの調整は積極的に評価。優先順位はフィードバック次第

「最近のPVPXのツイート(いつもピーチクパーチクやってて…いやでも目に留まるんですよね)を見て、私から対応できると思いました。彼の指摘のほとんどはインプット・レイヤーの違いに起因しているので、バランスデザイン用語(バフ/ナーフなど)を使う代わりに、より詳細な説明をしたいと思います」

パッドでタップストレイフをオンにすることについて

以下をお読みになる前に、興味のある方は過去のTwitlonger「MOVEMENT TECH AND MOBILITY IN APEX」をもう一度ご覧ください。私たちのスタンスはこのときとまったく同じですので。

私にとってのタップストレイフへの不満は、キーマウでしかアクセスできないことではありません。過去の投稿でも述べたように、これは(バランス調整メカニズムではなく)デザイン上の問題として存在し、動きの読みにくさに移動系のアビリティが組み合わさっていることが最大の懸念材料なんです。例えばパスファのグラップリングのような、このゲームで最も高いスキル上限を持つと言っても過言ではないアビリティを考えてみてください。プレイヤーには『グラップリングがX地点に設置されて、パスファがY方向に動いているなら、だいたいこのラインに沿って動くだろう』と学習できるような、識別可能なヒントと制約があります。

確かにほとんどの細かな例では、あるプレイヤーが射線を素早く切るのに角の辺りでタップストレイフをするだろうと学ぶことはできます。しかし、機動力を強化するものをそこに加えると、学習によるカウンタープレイがたちまち陰ってしまいます。せかせか動くパスファがショットガンを持って、私の近くでグラップリングしている場合、私は眼前にタップストレイフが来ると分かっていても、どんなに反射神経が鋭くても、どうやってもチャンスを増やすことができません。また、私の動きが鈍くてボロボロである点は別として、気持ちが悪くなるほどの機動力には心から懸念しているんです。(エーペックスの動きのように)気持ちのいいものは、それを倍増させていくと、今度はゲームプレイがその基盤の部分から大きく歪んでしまうんです。

パッドも移動中のアイテム回収は可能か

驚かれる方もいるでしょうが、移動しながらアイテム回収ができるのはバグです。じゃあ修正するのか? しません。もし私がエーペックスの開発初期に戻れるとしたら、立ち止まってアイテムを回収するというデザイン決定には賛成していたかもしれません。しかし、エーペックスがリリースされた直後、私は効率的なアイテム集めのメタゲームがすぐに出現するのを目にしました(これはRespawnに参加する前のことで、プレイヤーの一人としては『ふーむ、シールド交換のメカニズムがここまで戦闘に不可欠な要素になるとは、スタッフも考えてなかっただろうなあ!』と思ったものです)。

その後、メニューカーソルの速度オプションや金アーマー、フィニッシャーのリワークなど、新たに現れたアイテム回収のゲームプレイを許容するようになりました。入力方式間の公平性を向上させるためには、パッドで移動しながらアイテム回収するのも選択肢に入れるのが妥当だと思います。Snip3downが提案した操作方法(右スティックでアイテム回収カーソル、左スティックで移動)については、開発者仲間のrappstarの返答に譲ることにします。

『このタイプのユーザー・エクスペリエンス・コントロールは、JayBiebsではなく私の得意分野です。あなたの提案について考えてみましたが、間違いなく『イエス』です。そのアイデアは気に入りました。しかし、それを解決する方法とは『相容れない』、他の多くの提案も気に入っています。それがこの議論の主要な争点です。維持するのが大変で、ごく少数のプレイヤーにしか使われないような、やたらと煩雑で難解なカスタマイズメニューが必要なのか、それとも少数派の中の少数派が好み、他の人が嫌うようなシステムを選ぶか。このような繊細な問題を解決するには、パッドの入力が16個もあるのは大きな障害です。しかしSnip3down、あなたの提案は間違いなく読んでいますし、デザイン・リーダーと話し合い、技術的にも実装することなどを検討しました。もう少し話ができたら幸いです(Twitterは議論には向いていません)』

要約すると、「右スティックでアイテム回収用のメニューオプションを追加するだけ」という簡単な話ではありません。メニューが開いているときに左アナログスティックでカーソルを動かすという点は非常にハードコードされており、(他の高度なインタラクションコントロールとともに)それを追加するにはUI、コード、デザインのサポートが必要ですが、前述の理由により、今は最優先事項ではありません

もう一点。Twitterは議論には向いていません。DMはオープンにしておくので、私が返信していないときもあなたのコメントは読んでいます。

パッドのインタラクトにオプションを追加することについて

もしこれが、足元に倒れたチームメイトがいるのに、ドアにくっついてリロードしなければならないといった、パッドの典型的な難題のことを指しているのなら、私はこの意見については以前から耳にしています。しかし、rappstarが指摘するように、キーバインドを分離するのは少し難しいのです。

エイムアシスト調整の再考について

非常によく耳にする話題です。私たちが複数の入力オプションを提供していることを考えると、PCロビーでのキーマウとパッドの使用と、PCロビーにコンシューマー版プレイヤーが入ることの間には、ゲームプレイに影響を与えるほどの差異があることは、とりわけ驚くことではありません。異なるプラットフォームや入力方式を試したことがある人なら、誰もがこれを証明できるはずです。ですから、現時点では約束や具体的なことは申し上げられませんが、積極的に評価していることは確かです

結論としては、異なる入力方式の操作感を公平にするための幾つかのアイデアは、この上なく合理的なものだと思います。こうしたアイデアは、どちらか一方を有利にするために手を加えた、バランス調整用のメカニズムと考えるべきではありません。エーペックスは、非常にアクセスしやすく、かつ競技性の高いゲームになるようにデザインされています。上述したようなアイデアは、機能の要求として捉えるべきで、多くは複数のチームからのインプットとリソースを必要とします。ライブサービスのゲームでは優先順位を入れ替えていくことは生存本能の一部なので、コミュニティからのフィードバックを見つつ、メモを取っていきます。

すぐには実施不可か

Larson氏による今回のTwitlongerは、プロ選手を含むプレイヤーたちからの「よくある要望」にまとめて返答をした形ですが、いずれも技術的な問題があったり、否定的に構えているようです。エイムアシストについても同様に、再調整が必要なことは認めつつも、人的リソースの都合からすぐには実施できないことがうかがえます。とはいえコミュニティからのフィードバック次第では、優先順位の入れ替えも有り得ることを仄めかしています。

パッドとキーボード・マウス間のバランスについては、今後も議論が継続していくことが予想されますが、多くのプレイヤーが納得のいく環境が整えられる日が来ることが期待されます。

基本プレイ無料FPS『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』の配信日は2019年2月5日で、対象機種はPlayStation 4 / PC(Origin, Steam) / Xbox One / Switch。モバイル版準備中

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 23 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    チーターやら文句多い奴多いやらパソコン野郎はややこしい問題児ばっかしやからPCでエーペックスできひんようにしたらどうでしょうか?

  2. By 匿名

    コンソール版もマウスとキーボードをサポートして
    クロスプレイ時にマウキーとコントローラーで部屋を分ければ解決

    • By At

      まず日本語しっかりできるようになってからコメントしてくれよ

    • By 匿名

      リソースの無駄

  3. By 匿名

    『超滅APEX2を皆で
    見よっか。with釈迦
    予選Day2「超滅solo」』
    (17:45~放送開始)

    ttps://www.twitch.tv/kato_junichi0817

  4. By 匿名

    最初から弱くて使いづらいパッドなんてサポートしなければ良かったんじゃないの?
    キーマウだけの世界ならマウサーなんてチートも無くなるしエイムアシストとかで無理やり同じ土俵で戦わせようとするから問題が起きる訳でしょ?
    強引なやり方だけどパッドを使用禁止にするのが1番手っ取り早い解決策になりそう

    • By 匿名

      私もそれ考えたけど FPSを始める初心者はマウスとキーボードを曲がり並みにも用意しないといけなくなる DPIも加速も知らない真っ新な初心者を取り入れるのには少し敷居が高くなるって言うデメリットがあるんだよね  

  5. By 匿名

    「じゃあ、パッド使えば良いじゃん」ってよく聞くけど、ここまで異常なアシスト掛かるのってApexくらいなんだからApexの為だけにパッド練習するとか気が狂ったこと言うなって話だよね。

  6. By 匿名

    だーかーらもうクロスプレイを消せばいいんだって充分人口はいるんだし何のメリットがあるのか分からんわ
    PCパッド君達は消えてもろて
    コンバーターとチーターは○ね

  7. By 匿名

    >驚かれる方もいるでしょうが、移動しながらアイテム回収ができるのはバグです。
    えぇ…(困惑)

  8. By 匿名

    入力デバイス関連はこれからもっと複雑化すると思うから早いとこ他のFPSもCoDとかHALOみたいにCSでもキーマウを可能にして行くようにするのが最善策だと思うわ PS3から見てるけどPS4の世代でかなりCSFPSの状況が変わった 人口的にPC中心だった人口はどんどんCSに流れ付随するようにFPSに特化させたプロコンが作られコンバーター自体もかなり増えた これからどんどんFPSはPCとCSの境界線が無くなって収益の関係でクロスプレイが一般化するとすればユーザーが入力デバイスの選択を自由にできるようにするのが良いんじゃないかね どうせ不正なデバイスも完全には弾けないだろうし コンバーターのXIMだって最近ジャイロエイム用のパット発売しようとしてるしジャイロじゃないにしろこれから合法違法含めて多々FPS用の変な入力デバイスが乱立する可能性は高いので逐一修正していっても現状変わらないでしょ 格ゲーのアケコンみたいに運営側でカジュアルとか初心者の内はパットで中高向けになったらマウスとキーボードに移行できるようにしてけばいいんじゃね 

    • By 匿名

      お話が長いよー

  9. By 匿名

    つまり何も変えないとこのゲームの運営の検討するを当てにしちゃいかん笑悲しいけど。
    パスのパッシブとかどれだけ放置されてんだよ笑、タップストレイフ消すのは、簡単ですとかほざいてたのにできないようなやつらだぜ?

    • By 匿名

      まぁユーザーも好き勝手言ってるからどっちもどっちだろ。

  10. By 匿名

    こんな具合悪そうな顔色したレブナントのスキンあったっけ?

    • By 匿名

      1月11のイベントスキンです(

コメントする

*