CoD:ヴァンガード:”シーズン1.5″アップデート配信、リーサル焼夷弾弱体化/武器4種とPERK3種調整など

CoD:ヴァンガード:”シーズン1.5″アップデート配信、リーサル焼夷弾弱体化/武器4種とPERK3種調整など

Sledgehammer Gamesの『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』は日本時間1月12日に「シーズン1.5」アップデートを配信、パッチノートを公開しました。この記事ではそのうち、マルチプレイヤーモードへの変更点についてパッチノートの翻訳をお届けします。

「シーズン1.5」マルチへの変更点

安定性

  • いくつかのパケットバーストの原因となっているものを特定し解決した
  • いくつかのマルチプレイヤーモードがクラッシュする原因となっているものを特定し解決した
  • CDN設定を有効化しているときに、Xbox Series Xプレイヤーのゲームがクラッシュしなくなった
  • キーボードとマウスでプレイしていても、「コントローラーが必要です」のメッセージが出なくなった

スポーン

  • スポーンのロジックを調整し、プレイヤー数が多めの小さなマップを改善した
  • 「Dome」のドミネーションでのスポーンのロジックを調整した
  • コントロールモードでのスポーンを大幅に調整した:
    • 「Tuscan」でマップ外のスポーン防止
    • 「Bocage」で敵の射線上でのスポーン防止
    • チームメイトにくっつく形でのスポーンを防止

武器と装備品:バグ修正

  • パンツァーファウスト迷彩チャレンジに「番犬」と「軍用犬」のキルがカウントされるようになった
  • STGの「レプティリアン」武器迷彩チャレンジがブラッドサースティ(※5連キル)のキルを追跡するようになった
  • STGの「プレデトリアンビジョン」武器迷彩チャレンジがマルチキルを追跡するようになった
  • カタナのアンロックチャレンジが正しく追跡されるようになった 
  • 3-Line Rifleが、ZF4 3.5Xライフルスコープを装備してもリロードできるようになった
  • カウンターメジャー・キャリアチャレンジで「敵偵察機が稼働中に敵を5キル」チャレンジが追跡されていなかった問題を修正
  • アルマゲドンモードの「Tuscan」と「Daus Haus」で、ケアパッケージが届かないところに着陸する問題に対処
  • 対戦のイントロ画面中にプレイヤーが選択した迷彩が表示されるようになった
  • アンロックした武器に、ロック中の迷彩やアタッチメントが装着されてしまうことがなくなった
  • マッチ後フローが消えるバグを修正
  • Type 100の武器設計図「Thunderhead」が対戦前のカウントダウンで透明になるバグを修正

武器と装備品:バランス調整

武器

  • M1 Garand
    • リコイル減少
  • Type 99
    • エイム時のひるみを減少
    • ADS時間減少
    • 小口径弾を使用中も胴体ワンショットキルの能力を維持
  • 3-Line Rifle 
    • ADS時間減少
  • Kar98
    • 小口径弾を使用中も胴体ワンショットキルの能力を維持

  • ホローポイント弾
    • 有効射程距離へのペナルティを削除

装備品

  • スタングレネード 
    • ハードコアモードでのスタングレネードのダメージを減少
    • プレイヤーがスタングレネードの影響を受ける長さを減少
  • 焼夷弾 
    • ダメージ減少

キルストリーク

  • 迫撃砲
    • 迫撃砲の継続時間を減少
    • ストリーク1回ごとの迫撃砲の発射数を減少
    • 迫撃砲の設置に統一性がない問題を修正

PERK

  • ハイアラート  
    • 敵に視認されてからPERKが起動するまでに短いディレイを追加
  • ドーントレス
    • 火と燃焼への無効効果を付与。これには焼夷弾(※アタッチメントの方)、フレイムノート、地面でくすぶる炎も含まれる
  • フォーティファイド
    • 受ける火炎ダメージを30%減少
    • すべての爆発物から受ける余剰分ダメージを減少

マップへの変更

  • ポリッシュ・パス(※オブジェクト表面の仕上げエフェクト)を改善し、マップ環境で起きるプレイヤーの衝突判定を修正
  • 全マップで、破壊可能なオブジェクトのポリッシュ・パスを改善

ユーザー・インターフェース/エクスペリエンス

  • 「シーズンチャレンジ」メニューがチャレンジタブに置かれた
  • プレイベートマッチにおいて、プレイヤー間で見かけ上のランクの入れ代わりが起きないようにした
  • 目標の進行バーがレティクルへとめり込まないようにした
  • MVP画像の意図しない歪みを修正
  • プレステージ3に到達したとき、対戦終了後のレベルアップ・アニメーションが継続していたのを修正
  • ストア:バンドル間で確認や切り替えをしているときのメニューナビゲーションを改善した

『CoD:ヴァンガード』の発売日は2021年11月5日で、対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series X | S。

Source: Sledgehammer Games

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    pcでもロビーで武器変更できないバグでてます。自分変更できませんでした

  2. By 匿名

    弱体化するのは迫撃砲ではなくてCUAVだろうよ。。。
    フレイムノートもさらに弱体化するし、今作はキルストのバランス調整が悪すぎるような

  3. By 匿名

    とか言ってたらアプデ直後は問題なかったのに今起動したらPC版も同じ現象起きてんな
    よくわかんね

  4. By 匿名

    とりあえずVanguardやBF2042でも体感できたけど流石にPS4はもう限界だな、ゲームのクオリティに追いついていけてない
    CWまではまだフレームレート以外では特に違和感なくプレイできたが今作はマジで快適さが段違い、パケットバーストの頻度が違いすぎたり今回のアプデでだとPS4版はロビーで武器変更出来なくなるバグが発生したがPCだとそんなバグはないし
    マジでPS5の供給を頑張っていただきたいわ、半導体不足で物理的に厳しいのはわかってるけど

コメントする

*