名作FPS『Halo』の実写ドラマ版トレーラー公開、日本でも配信予定

名作FPS『Halo』の実写ドラマ版トレーラー公開、日本でも配信予定

FPS作品の金字塔である『Halo (ヘイロー)』シリーズですが、実写ドラマシリーズのオフィシャルトレーラーが公開されました。

名作『Halo』が待望の実写ドラマ化

2001年11月15日に産声をあげ、最新作の『Halo Infinite (ヘイロー インフィニティ)』は2,000万人を超えるプレイ人口を誇る『Halo』シリーズですが、アメリカ時間の2022年3月24日(木)に実写版ドラマシリーズが公開されます。 そんなドラマ版『Halo』のオフィシャルトレーラーが解禁され、主人公であるマスターチーフをはじめ、相棒として欠かせない人工知能のコルタナや、マスターチーフやコルタナを生み出したハルゼイ博士、敵対エイリアンのコヴナントといった代表的キャラクターたちが勢揃いし、『Halo』シリーズを彩るバトルライフル、エナジーソードやペリカンといった兵器も登場しています。

ドラマ版『Halo』は架空の26世紀を舞台に、人類とエイリアン「コヴナント」との激突を描いていきます。 ゲームシリーズと非常に似通った設定ながら、全く別のタイムラインを描くのでいわゆる正史扱いではありません

最新作のプレイ人口が2,000万人を超えた『Halo』の実写ドラマ版オフィシャルトレーラーが公開
トレーラーではコヴナントとの戦争に突入した人類ですが、コヴナントに蹂躙されている街の場面が映し出されます。 しかし、そんな戦場にマスターチーフが投入されます。
最新作のプレイ人口が2,000万人を超えた『Halo』の実写ドラマ版オフィシャルトレーラーが公開
「人類の最強の兵器であるマスターチーフと、彼を支えるスパルタンたちがコヴナントへの唯一の対抗手段」とラムゼイ博士が語ります。そして、マスターチーフの特徴として「超兵器でありながらコントロール可能」とも述べています。
最新作のプレイ人口が2,000万人を超えた『Halo』の実写ドラマ版オフィシャルトレーラーが公開
謎の遺跡でレリックに触れるマスターチーフ。 後に、このレリックを調査している係員が「まるで光輪(Halo)」だと評します。 しかし、このレリックに触れてからマスターチーフに異変が生じます。
最新作のプレイ人口が2,000万人を超えた『Halo』の実写ドラマ版オフィシャルトレーラーが公開
レリックに触れたからか、マスターチーフが自分を助けてくれたことをスパルタンらしくないと疑問を抱くドラマ版オリジナルキャラクターのKwan Ha Boo
最新作のプレイ人口が2,000万人を超えた『Halo』の実写ドラマ版オフィシャルトレーラーが公開
マスターチーフの異変は評議会でも疑問視をされる事態に発展。
最新作のプレイ人口が2,000万人を超えた『Halo』の実写ドラマ版オフィシャルトレーラーが公開
マスターチーフの相棒であるコルタナも登場。 声優はゲーム版と同じJen Taylor氏が務めています。
最新作のプレイ人口が2,000万人を超えた『Halo』の実写ドラマ版オフィシャルトレーラーが公開
『Halo』シリーズといえば欠かせないFPS視点もしっかり収録するサービスっぷり。 相対するコヴナントの手にはエナジーソードが握られています。
最新作のプレイ人口が2,000万人を超えた『Halo』の実写ドラマ版オフィシャルトレーラーが公開
『Halo』シリーズではおなじみのバトルライフルを構えるマスターチーフ。 その他にもワードホグやペリカンなどおなじみの兵器が登場します。
最新作のプレイ人口が2,000万人を超えた『Halo』の実写ドラマ版オフィシャルトレーラーが公開
「人類はコヴナントに降伏した」と語りながら人類を襲う謎の人物。 触手のようなものはすべての知的生命体の敵であるフラッドでしょうか。
最新作のプレイ人口が2,000万人を超えた『Halo』の実写ドラマ版オフィシャルトレーラーが公開
「Haloを見つけて戦争に勝つ」と語るマスターチーフ。

なお、アメリカでは3月24日から放送される実写ドラマ版『Halo』ですが、日本でも2022年にU-NEXTで配信される予定です。 正式な配信日は不明ですが、日本でも視聴可能な点は安心です。

Source: @HaloTheSeries, U-NEXT

コメント

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントする