オーバーウォッチリーグ:2022シーズンは5月5日よりスタート、OW2仕様の「5vs5」や新たなゲームモードを追加し開催

オーバーウォッチリーグ:2022シーズンは5月5日よりスタート、OW2仕様の「5vs5」や新たなゲームモードを追加し開催

Blizzard Entertainmentは 『Overwatch 2(オーバーウォッチ2』の初期ビルドVer.を用いて行うと予告されている公式eスポーツ大会「オーバーウォッチリーグ 2022」を、現地時間5月5日に開幕すると発表しました。

オーバーウォッチリーグ 2022 シーズン

What’s New In 2022 | Community Update #1

2022シーズンの開幕は予告されていた4月ではなく、現地時間2022年5月5日。同じく予告されていた 『Overwatch 2』 の初期ビルドVer. については詳しく言及されませんでしたが、新しい対戦形式である5vs5の採用新しいゲームモードプッシュ?)もプレイされるとのことなので、無印よりも2に近いものとなっているのは間違いなさそうです。

その他、スケジュールやトーナメント、リーグポイントなどについても変更が発表されています。

  • スケジュールの公平性や選手達がより実力を発揮できるようシーズン中の試合日が増加
  • 各チームは、レギュラーシーズン中24回以上の試合を実施(トーナメント予選の6試合を含む)。
    • 東部は、各トーナメントサイクル中に全てのチームと対戦を実施。
    • 西部は、シーズン中に他のすべての対戦相手と2回対戦。

2つの競技地域

リーグは引き続き2つの地域に分けられて進行。ニューヨーク・エクセルシオールが東部から西部に移動し、東部地域は7チーム、西部地域は13チームとなっています。

東部(7チーム)

  • 成都ハンターズ
  • 広州チャージ
  • 杭州スパーク
  • ロサンゼルス・ヴァリアント
  • フィラデルフィア・フュージョン
  • ソウル・ダイナスティ
  • 上海ドラゴンズ

西部(13チーム)

  • アトランタ・レイン
  • ボストン・アップライジング
  • ダラス・フューエル
  • フロリダ・メイヘム
  • ヒューストン・アウトローズ
  • ロンドン・スピットファイア
  • ロサンゼルス・グラディエーターズ
  • ニューヨーク・エクセルシオール
  • パリ・エターナル
  • サンフランシスコ・ショック
  • トロント・デファイアント
  • バンクーバー・タイタンズ
  • ワシントン・ジャスティス

OWL2022 スケジュール

現時点では5月分のみスケジュールが公開済み。その後の全日程についてはまもなく発表されるとのこと。

シーズン中に開催されるトーナメント

今シーズンは全4回のトーナメントを実施予定。第1回(KICKOFF CLASH)と第3回(SUMMER SHOWDOWN)のトーナメントは地域内での大会。東部からは4チーム、西部からは8チームが出場します。

第2回(MIDSEASON MADNESS)、第4回(COUNTDOWN CUP)はグローバルトーナメントを予定。状況 (おそらくコロナウイルス関連) 次第では、約2年ぶりのライブイベントも実施されるとのこと。

今年追加されたミッドシーズントーナメント「MIDSEASON MADNESS」は、 東部からは4チーム、西部からは8チームの計12チームが出場。6日間に渡りダブルイリミネーション形式進行するこのトーナメントは、後述のリーグポイント的にも優遇されており、熾烈な戦いが予想されるトーナメントとなっています。

シーズンの最後のトーナメントであるCOUNTDOWN CUPは、ポストシーズンのプレーインとして機能。ミッドシーズンとポストシーズンの両トーナメントには、少なくとも100万ドルの賞金プールが用意されています。

リーグポイントとプレーオフ予選

2021シーズンより導入されたスコアシステム「リーグポイント」は、パフォーマンスの高いチームがより評価を受けられるように以下の仕様に変更されています。

  • 地域内トーナメントの予選試合で勝利するたびに1リーグポイントを獲得。
  • 地域内トーナメントに出場するチームは、トーナメント中の勝利に関係なく1リーグポイントを獲得。
  • 地域内トーナメントの結果、1位のチームは合計3リーグポイント、2位のチームは合計2リーグポイントを獲得。
  • グローバルトーナメントの場合は、1位のチームは合計4リーグポイント、2位は合計3リーグポイント、3位は合計2リーグポイントを獲得。

レギュラーシーズンの終わりに、リーグポイントに基づき自動的に、西部から上位6シード、 東部から上位3シードがプレーオフの対象に。加えて本年からプレーイントーナメントを兼ねている「COUNTDOWN CUP」の結果、さらに西部から2チーム、東部から1チームが選出されます。

『Overwatch 2(オーバーウォッチ2 )』 初期ビルドVer. の詳細を筆頭に、スケジュールや賞金総額など現時点でまだ発表されていない部分は沢山ありますが、様々な変更が行われる2022シーズン、どのチームが活躍するのか楽しみですね。

関連記事

  • タイトル:Overwatch 2(オーバーウォッチ2 )
  • 発売日:2022年10月5日
  • 対象機種:PC / Xbox Series X|S、Xbox One / PS5、PS4 / Nintendo Switch

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    基本1を引き継いでる上に、わざわざ大会に実装する時点でまともに動かないわけないでしょ
    斜め読みした初期ビルドって言葉に踊らされすぎ

  2. By 匿名

    overwatchってそんな試合進行不可なレベルでバグまみれだったことなんてあったっけ?あんま記憶にないや

  3. By 匿名

    初期ビルドVerにバグが多すぎてまともな試合にならない未来しか見えない

コメントする