[安全性に不安] レインボーシックス シージ:アラブ首長国連邦での”シックスメジャー”が発表2日後に開催地変更へ、1万3,000人以上の反対署名により

[安全性に不安] レインボーシックス シージ:アラブ首長国連邦での”シックスメジャー”が発表2日後に開催地変更へ、1万3,000人以上の反対署名により

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー7シーズン1「オペレーション・デーモンヴェイル」のテストサーバーを実施中。eスポーツ競技シーンでは、アラブ首長国連邦(UAE)での開催を発表したばかりの8月のシックスメジャーが、LGBTの人々に対する安全性に対する懸念から、開催地変更となりました。

8月のメジャーが発表後2日で開催地変更

シージeスポーツ公式Twitterは2月23日、アラブ首長国連邦(UAE)で8月開催を発表していた世界大会シックスメジャーについて、開催地を変更することを発表しました。

「先週日曜日、私たちはアラブ首長国連邦でシックスメジャーを開催する計画を発表しました。過去6年間で、MENA地域の『レインボーシックス シージ』の熱狂的な競技シーンの誕生を見、地元の選手たちやファンのコミュニティにスポットライトを当て、祝福したいと思いました。

強調したい点は、私たちはイベント参加者やスタッフの安全と福祉を常に最優先事項としており、また、『レインボーシックス シージ』は、多様性、包括性、受容性を核とする世界であることを誇りに思っていることです。この地をシックスメジャーの開催地として選んだのは、現地チーム、UAE政府、現地のeスポーツパートナー企業との広範な議論の結果であり、アブダビでのシックスメジャーが、これまでこの都市で開催されてきたユーモアあふれる他のイベントのように、あらゆる性同一性、性的指向、文化背景、その他の個人の特性を持つ誰もが参加し、歓迎されるイベントになることを約束していました。

しかし、世界中のシージコミュニティのメンバーからは、この選択にはっきりと疑念を呈する声が上がっていることから、2022年8月のシックスメジャーを他のシージeスポーツ地域に移動させることに決定しました。具体的な場所は未定です。世界中の地域コミュニティに、多様性や、ゲームへの献身と情熱を育むという精神で、私たちはこの国、さらにはこの地域でのトーナメントや活動を通じて、MENAでの競技活動を発展させ、作り上げていくつもりです。

MENA地域は、世界のビデオゲームの重要なハブとして急速に発展しており、現地のファンやMENAのチーム、そしてアブダビ開発スタジオの有能なスタッフの関与や支援、献身の水準の高さには恐縮する次第です。過去10年間におけるこの地域のチームの決意とその大志を反映しつつ、私たちは新興の現地eスポーツ競技シーンに投資し、彼らがその可能性を最大限に発揮し、世界中の『レインボーシックス シージ』コミュニティの一員として受け入れられるのを支援することに専心しています」

UAE開催中止の背景

時系列で説明すると、『レインボーシックス シージ』のeスポーツ競技シーンでは、日本時間2月21日に2022年度の全体日程が発表されました。

Six Invitational 2022 __ Playoffs – Day 6 4-45-41 screenshot
21日に発表された2022年度競技シーンの概要

注目を集めたのは、年に3回行われる世界大会「シックスメジャー」の開催地のうち、8月のメジャーがシージ初となる中東開催、UAEで行われる点でした。

しかしこの発表直後から、海外コミュニティを中心にUAEでの開催中止を求める署名運動が始まりました。背景にあるのは同国のLGBTの人々に対する法律で、同国では異性愛者の結婚以外のすべての性的関係は犯罪化され、極刑さえ認められています可能になる余地があります(同国LGBT関連法参考)。したがってUAEは海外から渡航するLGBTの人々にとっても安全な国とは言えず、性的平等の観点からも認められないというのが反対運動の要旨です。

この運動には13,000人以上の賛同が集まり、キャスターのInterro氏ら海外コミュニティの中心人物たちも支持したことを受け、Ubisoft側は前回の発表から2日後の日本時間2月23日に、UAEでの開催中止および8月のメジャーを別の場所へ移動する旨を新たに発表しています。

新たな開催地は?

シージ競技シーンでは近年新たに、中東と北アフリカの各国チームによるMENAリーグが開催されています。さらに1月末には、サウジアラビアを拠点とする企業が、現在の主要なシージ公式戦オーガナイザーであるESLとFACEITを買収するという動きもあり、この地域でのシージ人気の高まりが、現在は4つの地域(北米、南米、欧州、アジア)に大別されるシージ界に、第5のリージョンを生み出す未来に至ることさえ期待されていました。

しかし中東初となるUAEでのメジャー開催が中止となったことで、当該ツイートの引用欄でもアラビア語圏の人々からは「私たちの宗教に対する敬意がない」、「性差別を理由にした人種差別である」など失望の声が見られます。今回の発表が、MENAのシージに今後どのような影響を与えるかは非常に気がかりなところです。

配信では、8月のメジャーは「ヨーロッパまたはMENA地域で開催」とあったため、MENAが不可能ならヨーロッパでの開催になりそうですが、新たな開催地については未定です。一方では、そもそもシックスメジャーの開催予定がないブラジルの人々が、この機に乗じてブラジル開催を薦めている姿がリプ欄などで見られます

開催地が白紙化した8月のメジャーですが、果たしてどの国が新たな舞台に選ばれるのでしょうか。今後の公式発表に注目したいところです。

Source: Twitter

コメント

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    いやお前ら現在でも差別してるやん。変更は妥当。

  2. By 匿名

    LGBTの人が足踏み入れただけで殺されるんか?ならしゃーないな
    ヤったらアウトぐらいなら我慢しろよと思うが参加しない自由だってあるわけだしな

  3. By 匿名

    英語キャスターに正しくLGBTの人いるし開催きついやろ

  4. By 匿名

    調べたら2020年に法律が改正されてlgbtの人達へは最高でも1年間の投獄としか書かれていなかった。
    今でもlgbtの人が街中を堂々と歩くことは出来ないと思うし過去にあったとしても極刑は言い過ぎ。

  5. By 匿名

    極刑でいいじゃん?

  6. By 匿名

    LGBTと言えばテルサチやフローレスにオサとそこそこ多いしUAEはやめた方が良いだろうな
    ゲームキャラが死刑囚のゲームなんて開催出来ないだろう

  7. By 匿名

    まあこれは場所変えるしかないな…

コメントする