レインボーシックス シージ:2022年eスポーツ公式フォーマット発表、”テーマパーク”復活などマッププールが9枠に拡大

レインボーシックス シージ:2022年eスポーツ公式フォーマット発表、”テーマパーク”復活などマッププールが9枠に拡大

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では3月16日よりeスポーツ競技シーンの2022年度がスタートします。これに先がけてステージ1のスケジュールや改訂されたフォーマットが公開されており、マッププールが7枠から9枠に増加した点などが注目を集めています。

2022年eスポーツ公式フォーマット

3月16日からスタートするシージeスポーツ競技シーンのスケジュールや公式フォーマットが発表されました。今年も1年を3つの「ステージ」に分割して4つの地域(リージョン)でそれぞれ試合を行い、各ステージの最後には世界大会「シックスメジャー」が開催されます。

チームには各公式戦の勝敗に基づいてグローバルポイントが与えられ、世界ランキングが作成されます。そしてステージ3のメジャー終了時点での世界ランキングに基づいて、年間チャンピオンチームを決める世界大会「シックスインビテーショナル」へ出場するチームが決まるという流れです。

APAC_Stage_1_schedule

今年の記念すべきステージ1のDAY1は、日本チームも参加しているAPAC Northからスタートします。各ステージの試合は多くが週1回開催(水曜日)ですが、ステージ1はスタート日が予定より遅れたことから、最初の2週間が週2回開催(水曜日と金曜日)となっています。

また、メジャーに出場できるのは各リージョンの上位4チームですが、APACの場合はNorthとSouthに分かれていることから、ステージ終了後にプレイオフが行われ、このトーナメントでシックスメジャー出場チームを決定します。昨年は、ステージ1位のチームがメジャーへ自動出場し、2位から4位のチームがプレイオフへ出場という形でしたが、この部分が変更されるかどうかは後々明らかになるでしょう。

  • 各リージョンの開催日
    • APAC North:水曜・金曜開催
    • APAC South:木曜・土曜開催
    • 北米:火曜・水曜開催
    • ブラジル:土曜・日曜開催
    • ヨーロッパ:未発表

なおヨーロッパ・リージョンの日程については諸事情により後日発表となります。

ルールの変更では、Y6S4の新オペレーターThorn(ソーン)の使用が予定通りに解禁され、Y7S1で実装される新ルール「攻撃オペレーター再選択」が早速競技シーンで採用されます。これに伴い、従来までのシックスピックルールは削除されます。

マッププールが変更

Map_Pool_web

発表後から大きな注目を集めているのがマッププールの変更です。競技用マップの数については、最初期を除いて長らく7マップ制が定着していましたが、2022年からは9マップ制へと拡大されます。

  • 競技マップ(2022年)
    • オレゴン
    • クラブハウス
    • カフェ
    • 銀行
    • 山荘
    • ヴィラ
    • テーマパーク(NEW)
    • 国境(NEW)
    • 高層ビル(NEW)

これまでのマッププールからは「海岸線」が外れ、代わりに2020年シーズンを最後に消えていた「テーマパーク」が復活。「国境」と「高層ビル」はリワークを経ての再登場となります。

中でも「高層ビル」は、旧フォーマットの「イヤー2(2017年)」から「シーズン7(2018年)」まで使用されていたマップで、競技マップとしては久々の採用となります。ランクマップでは既におなじみとなっているこれらのマップが、各地域でどのくらいピックされるのか、どのような作戦が見られるのかにも注目です。

Twitch Dropsに新アイテム

Twitch_Drops_web
今年もTwitch Dropsキャンペーンが開催

2022年シーズンでも、公式戦を各国のTwitch公式チャンネルで試聴することで、シージのゲーム内で使えるアイテムが入ったeスポーツパックを獲得することができます。

パックは合計4時間試聴するごとに1パック、毎週最大2パックを獲得できます。なお週をまたぐと累計試聴時間がリセットされる点にご注意ください。

Dropsアイテムを獲得するにはUbisoftアカウントとTwitchアカウントのリンクが必要です。リンクはこちらのページから行うことができます。

競技シーンではいよいよ3月16日より2022年シーズンがスタートしますが、これに先がけて3月15日には待望のシーズンアップデートが行われ、Y7S1「オペレーション・デーモンヴェイル」がスタートします。新防衛オペレーターAzami(アザミ)が登場する新シーズンコンテンツを楽しみつつ、プロ選手たちによるeスポーツ公式戦をチェックしてみてください。

Source: R6S Esports Official

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    プロの国境早く見てみたい

  2. By 匿名

    国境はトイレ窓口以外が結局前と対して変わらんのがなぁ…せっかくならアウトバックにして欲しかった気持ちはある

    でもプロの負担考えると、9マップに増えた上に新マップ2個持ってのは厳しいよな
    一度入ってたテーマと大きく変わらない国境ってのはいい落とし所なのかもね

  3. By 匿名

    個人的には今まで見たことない試合を見てみたいからアウトバックとファベーラも追加してみてほしい

  4. By ネム

    高層ビルの2階2拠点をどう守るのかめっちゃ楽しみ
    マッププールに高層ビルを入れるならアウトバックも追加してほしかった^^

コメントする