Call of Duty League 2022 第2回メジャー:ロサンゼルス・ゲリラズが逆転優勝、控えだったSpart選手が大活躍しMVP獲得

Call of Duty League 2022 第2回メジャー:ロサンゼルス・ゲリラズが逆転優勝、控えだったSpart選手が大活躍しMVP獲得

『Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)』のeスポーツリーグ「Call of Duty League 2022」の第2回メジャーにて、ロサンゼルス・ゲリラズが優勝。映えある栄誉と賞金20万ドル(約2,300万円)を獲得しました。

CDL2022 第2回メジャー

グランドファイナル:ゲリラズ 5-2 フェイズ

  1. Gavutu(ハードポイント):135-250
  2. Bocage(サーチアンドデストロイ):6-4
  3. Gavutu(コントロール):3-2
  4. Tuscan(ハードポイント):250-227
  5. Desert Siege(サーチアンドデストロイ):6-1
  6. Tuscan(コントロール):2-3
  7. Berlin(サーチアンドデストロイ):6-4

グランドファイナルではフェイズと、敗者側ブラケットを1から勝ち上がったゲリラズが対戦。最初のハードポイントは持ち前の連携でフェイズが勝ちますが、続く2ゲームはゲリラズが勝利し逆転します。Huke選手はコントロールで29キル19デスの活躍を見せます。

それ以降もゲリラズの勢いは止まりません。第5ゲームは1ラウンドしか取られずに勝利し、サーチアンドデストロイで9連続勝利という新記録を打ち立てました。

優勝を決めたのも、無類の強さを誇ったサーチアンドデストロイ。Spart選手は本来控え選手ですが、ロスターのGunless選手の体調不良により急きょ出場。しかしサブメンバーとは思えない大活躍を見せ、最終的にはMVPに選ばれました

順位と賞金

前回メジャーで上位だったチームが軒並み下位に沈む中、最下位タイだったミューティニアーズとサージがそれぞれ4位と6位タイに、ゲリラズが1位まで上がりました。アサルトライフルのVOLKを採用するメタも生まれました。

  1. ロサンゼルス・ゲリラズ:20万ドル
  2. アトランタ・フェイズ:12万ドル
  3. ボストン・ブリーチ:8万ドル
  4. フロリダ・ミューティニアーズ:4万ドル
  5. シアトル・サージ:2万ドル
  6. オプティック・テキサス:2万ドル
  7. ロサンゼルス・シーブス:1万ドル
  8. ロンドン・ロイヤルレイヴンズ:1万ドル
  9. パリ・レギオン
  10. ミネソタ・ロッカー
  11. ニューヨーク・サブライナーズ
  12. トロント・ウルトラ

CDL2022は一旦お休みに入りますが、オールスターと『CoDウォーゾーン』の大会「Call of Duty League Resurgence」が4月に開催されます。

SIE
¥5,391 (2022/04/22 22:21時点 | Amazon調べ)

コメントする