PS5が画質向上 & 入力遅延を減少させるVRR(可変リフレッシュレート)に対応! 対応タイトルも発表

PS5が画質向上 & 入力遅延を減少させるVRR(可変リフレッシュレート)に対応! 対応タイトルも発表

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、プレイステーション5(PS5)をVRR(可変リフレッシュレート)に対応させることを発表しました。 アップデートは今週から全世界向けにを順次配信され、対応タイトルも一部発表されました。

PS5がVRR対応

ゲームをプレイしていくうえで没入感やゲーム体験を損なうのが、ゲームのカクつき(スタッタリング)やチラつき(ティアリング)。 そんな問題を解決、もしくは軽減できる機能「VRR」にPS5が対応することがPlayStation.Blogで発表されました。

VRRとはVariable Refresh Rateの略で、日本語では可変リフレッシュレートと呼ばれています。そのVRRの仕組みは、PS5から出力している映像とVRRに対応しているPCモニターやテレビをリアルタイムで同期することで、カクつきやチラつきを軽減することでゲーム体験を向上させることができます。

さらに公式ブログの記載によると、VRRの恩恵によりグラフィックが向上し、ゲームの入力遅延も減少する可能性があるとのことです。

VRR対応タイトルと注意点

VRRへの対応アップデートは今週中に数日かけて世界中に配信を予定しており、アップデート適用後はメニューからVRRに対応したPS5向けゲームタイトルでVRRを有効化できます。 また、VRRに対応していないPS5向けゲームタイトルにも対応が可能とのことです。 もし、非対応ゲームタイトルで映像に問題が生じた場合は設定の「スクリーンとビデオ」から手動でVRRをオフにできます。

PS5: 画質を上げ入力遅延を軽減するVRR(可変リフレッシュレート)に対応するアップデートを今週中に配信
VRRは手動でオフにできる

VRR対応のPS5タイトル(一部)

各ゲームタイトルへのVRR対応パッチは今後数週間以内に配信を予定しており、現時点で対応しているタイトルは以下のとおり。

どのタイトルがどの程度パワーアップするか楽しみですが、注意点として、VRRを有効化するにはHDMI 2.1ケーブルと、VRRに対応したモニター(G-SYNC、FreeSync対応)が必要です。

Source: PlayStation.Blog

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    なんだい?このラインナップのショボさは

  2. By 匿名

    箱Xでfreesync対応モニター使ってやってたけど 
    なんか体感的に引っかかる感じがして好きになれなかったな
    PCでも高FPS出したいプレイヤーはオフにする人多いだろうしあまり期待してない 
    MMORPGなら良いんだろうけど 

  3. By 匿名

    VRR対応してるモニターまだ高いんだよなあ

  4. By 匿名

    deathloopなんて一周すればもういいって感じ

コメントする