5月18日配信『エーペックスレジェンズ モバイル』先行プレイレポート! 本家超え? 独自モードや便利機能など、単なる”モバイル版”ではない新エペ体験

5月18日配信『エーペックスレジェンズ モバイル』先行プレイレポート! 本家超え? 独自モードや便利機能など、単なる”モバイル版”ではない新エペ体験

「モバイルになっただけだろう」と油断していたのですが、嬉しいサプライズです。実際に触れると想像以上にクオリティが高く、単なる「モバイル版」以上の可能性を秘めていました。

Electronic ArtsとRespawn Entertainment、Android/iOS用の基本プレイ無料モバイルFPS・バトルロイヤルゲーム『Apex Legends Mobile(エーペックスレジェンズ モバイル)』は5月18日にリリース。EAA!!チームはひと足早く先行プレイに参加し、モバイル版ならではのさまざまな特徴をチェックしてきました。

エーペックスモバイル先行プレイ

メニュー画面
メニュー画面!

日本でも5月18日に正式リリースされる『エーペックスレジェンズ モバイル』には、これまでPC・コンシューマー版をやり込んできた方や、モバイルFPSは初挑戦という方にも楽しめる、独自のコンテンツさまざまな便利機能が多数盛り込まれています。

注目コンテンツの一つは、モバイル版限定レジェンドのフェードです。レイスやアッシュと同じくポータルを駆使して戦う彼の素性やアビリティ詳細や先行プレイ映像は、こちらの記事でご確認ください。

APEXモバイル独自要素:短時間ゲームモード

チームデスマッチ
TDMやアリーナといった少人数モードも

電車の中でもプレイできるのがモバイルゲームの魅力ですが、バトロワモードでは長く生き残っていると一試合にかかる時間も増えるため、降りる駅をうっかり逃しかねません。

こうしたニーズに合わせて、『エーペックスモバイル』では短時間でさくっとプレイできるモバイル版限定モードが導入されています。

  • TDM(チームデスマッチ):プレイヤーレベル5でアンロック
    • 6v6で、リスポーンありのシンプルなガンファイトが楽しめるエーペックスです。ルールは「拠点リスポーン」と「ランダムリスポーン」の2種類に分かれています。指定のポイントに先に到達したチームが勝利となります。
  • アリーナ:プレイヤーレベル10でアンロック
    • PC・コンシューマー版でおなじみのアリーナモードです。3v3で対戦し、先に相手を全滅させたチームの勝利となります。

どのモードも1マッチ5分程度で終わるので、バトロワに行く前のエイム練習や武器練習に活用するのも1つの手です。

APEXモバイル独自要素:レジェンドのマスタリー

PC・コンシューマー版にはない要素として、各レジェンドがそれぞれ個別のマスタリーレベルを持っています。

対戦によってレジェンドのマスタリーを上げ、ツリーを進めていくことで、後述する「レジェンドパーク」やさまざまなアイテムを獲得できます。

ライフラインのマスタリー
ライフラインのマスタリー

APEXモバイル独自要素:レジェンドパーク

パーク
パーク(画面左)でレジェンドをカスタマイズできる

PC・コンシューマー版とのさらなる大きな違いの一つが、各レジェンドにカスタマイズ可能なパッシブ能力のスロットが3つあることです。

レジェンドパークと呼ばれるこの機能にはプレイヤーレベル4でアクセスできるようになり、「パーク」、「フィニッシャー」、「アビリティ」の3種類のスロットに、それぞれアンロックした能力を付け替えていくことができます。最初はそれぞれ1種類ずつしかありませんが、マスタリーレベルを上げることで、さらにさまざまなパークを集めていくことができます。

3つのセットは「カスタム構成」スロットに3セットまで保存しておくことが可能で、その日のプレイスタイルに合わせて簡単に切り替えることができます。

APEXモバイルのバトルパス

バトルパス
モバイル版のバトルパス画面

モバイル版でも登場するバトルパスは、1ヵ月ペースで更新されます。全50ティアに渡ってさまざまなアイテムを無料で獲得できるほか、プレミアム版を購入することでさらに多くの限定アイテムを手に入れることができます。

さらに、モバイル版にはシーズンストアシーズンイベントもあります。ここではシーズン通貨を使って期間限定でさまざまなアイテムが購入できだけでなく、そのシーズンでフィーチャーされているストーリーに触れていくこともできます。モバイル版では、エーペックスゲームを主催するシンジケートの裏面について掘り下げた、アウトランズの世界設定が好きなファンが楽しめる内容になっています。

フェードのストーリー
最初のシーズンイベントではフェードのストーリーが読める

APEXモバイルはチュートリアル・練習メニューが充実

チュートリアル
チュートリアルではミラージュ先生が教えてくれる

初心者にとっては重要なチュートリアルも、モバイル版ではミラージュが一緒に敵と戦いながら基本操作を教えてくれるという内容で、エーペックスの世界にスムーズに入れるようになっています。

射撃訓練場では、武器やアイテムがPC・コンシューマー版よりもすっきり整理されているだけでなく、下の画像のように、画面の左側に感度設定メニューを出しながら自分に合った操作感を見つけることができます。また、ダミー人形を使った演習はもちろん、フレンドを訓練場に招待してフリー・フォー・オール形式の練習をする機能など、まさに訓練場として最高の環境が整っています。

感度設定
操作しながら感度調整できる便利な機能もある
フリーフォーオール
フレンドと一緒に練習もできる

ロードアウトメニューでは、各武器のステータスが確認できるだけでなく、各アタッチメントをつけた際の比較も簡単に行えるようになっています。

さらにユーザーインターフェースにも、モバイル版独自のレイアウトと、PC・コンシューマー版に合わせたレイアウトの2種類があり、各ボタンの位置や大きさを自分の好みや手の大きさに合うように細部まで変更していくことができます。

武器の比較
武器の性能比較やアタッチメントのプレビューが同時にできて便利

フレンド探しに最適な「クラブ機能」

クラブ
自分だけのクラブを作ろう(※画像のクラブは架空のものです)

フレンドとスムーズに合流し、新しい仲間も集められる「クラブ」機能も搭載されています。

クラブを作成するには、まずプレイヤーレベル7に到達することと、ゲーム内通貨のフラックス200個、またはアイテムの「クラブ作成カード」が必要です。クラブ作成カードはゲーム内ストアで40SGで販売されています。

クラブではユニークネームやバッジを自由に作成できるほか、参加できるプレイヤースキルやプレイ志向も指定できるので、気の合う仲間を見つけやすくなっています。

総評:『エーペックスモバイル』という新作ゲームのつもりで

先行プレイで各機能に触れてみたところ、『エーペックスレジェンズ モバイル』は期待以上にクオリティが高く、単なる「モバイル版」以上の可能性を秘めているという感想を抱きました。

頻繁にアップデートされるPC・コンシューマー版に負けないくらいコンテンツは膨大で、インターフェースなどのデザインもモバイル画面に合わせて洗練されており、「むしろこっちが本家」と主張しているかのようです。さらに、ここまで紹介してきた独自モードや便利機能などを加味すると、モバイル版の方が上回っていると感じることさえあります。

(先行プレイビルドの場合)ゲームサイズがiOS版で約3.5ギガバイトだったので、人によっては容量確保が必要になるかもしれませんが、以前からのエーペックスファンにはもちろん、モバイルFPSは初めてという方にも自信をもってオススメできるアプリに仕上がっていると言えるでしょう。

『エーペックスレジェンズ モバイル』はiOSおよびAndroidでまだまだ事前登録を受付中です。5月18日のリリースに向け、今のうちに準備を進めておきましょう。

  • タイトル:Apex Legends Mobile(エーペックスレジェンズ モバイル)
  • 配信日:2022年5月
  • 対象機種:iOS, Android
GOOD SMILE COMPANY
¥5,965 (2022/04/23 12:45時点 | Amazon調べ)

Source: Pressrelease

コメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ベータ版の時やったけどモバイル版の射撃場は本家にも取り入れて欲しいわ

  2. By 匿名

    本家よりええやん。

  3. By 匿名

    間違いなくパッドやキーマウでやる奴出てくるだろうけど、そこは公式は何か言ってる?

    • By 匿名

      そもそもパッド公式対応だぞ

匿名 へ返信する コメントをキャンセル