Steam版『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』が特別価格で6月24日販売開始、DLC第3弾「鎖を溶かしまくれ」も同日配信

Steam版『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』が特別価格で6月24日販売開始、DLC第3弾「鎖を溶かしまくれ」も同日配信

本日2022年6月22日、2KとGearbox SoftwareはPCゲーム配信プラットフォーム Steam にて『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』を、日本時間2022年6月24日(金)午前2時より発売開始すると発表。

Steamとのクロスプレイが可能になったことで、これまで以上に多くのプレイヤーが一緒に冒険へ出かけられるようになります。

Steam版『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』

Steam版販売開始を記念して、2022年7月8日(金)午前2時まで特別価格にて購入可能。また、同じく2022年7月8日(金)午前2時までに購入した場合は、「勇者のゴールデンアーマー」パックが特典として付与されます。Steamで購入可能なエディションは、通常版(7,700円)と超カオス・エディション(9,900円)の2種類です。

超カオス・エディションには収録内容「ドラゴン・ロード・パック」に加えて、今後のアップデートで追加される新クラスや「チープ・スタリオン」カスタマイズ・パック、4つの「神秘の鏡」DLCがすべて付いているシーズンパスが収録されています。Steamでの発売に関する、詳しい情報についてはオフィシャルサイトをご覧ください。

打倒ドラゴン・ロードを目指すためのお宝やカスタマイズ・アイテムを手に入れるのに最適な方法であるDLCコンテンツ「神秘の鏡」では、「コイルドに囚われし者」、「くいしん坊!断罪」、そして2022年6月24日(金)にSteamを含む全プラットフォームでプレイ可能となる「鎖を溶かしまくれ」など、チャレンジングな新ダンジョンの数々を楽しめます。

「Gearbox が常に考えているのは、オンリーワンのエンターテイメント体験を創造することであり、『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』では既存のジャンルに新風を吹き込みました。ティナの常軌を逸したイマジネーションの世界で、Steam プレイヤーの皆さんはとんでもない冒険を繰り広げることになるでしょう。クロスプレイ機能では、プレイに用いるプラットフォームの種類を問わず、ドラゴン・ロードとの戦い方での選択肢をさらに増やしてくれます。」

ランディ・ピッチフォード(Gearbox Entertainment 社創設者)

なお、SteamとEpicの別プラットフォーム間でのプレイヤーのセーブデータの移行は可能ですが、そのための操作は手動で行う必要があります。誤ってセーブファイルが失われる可能性もありますので、手動でデータを移す際は、あらかじめバックアップを取っておくことが推奨されています。詳細な手順については、Steamでの発売までにsupport.2k.com に掲載されるとのこと。

第3弾DLC「鎖を溶かしまくれ」

「鎖を溶かしまくれ」では、山の要塞の奥深くで、多くの迷える魂たちを支配している魂の番人、フョードルがプレイヤーたちの前に立ちはだかります。魂たちをつないでいる鎖を断ち切るには、新しい武器や装備、カスタマイズ・アイテムを手に入れつつ、恐怖によって動くタレットや灼熱の溶鉱炉、骨を砕くハンマーなど、残忍な仕掛けの数々を突破しなくてはなりません。「鎖を溶かしまくれ」の詳細については、オフィシャルサイトをご覧ください。

超カオス・エディションやシーズンパスを所有している方は、今年後半に配信される「神秘の鏡」DLC第4弾にも注目。このDLCでは、追加で使用可能になるまったく新しいクラスとしてブライトコーラーが追加されます。

地水火風を操るシャーマンである彼らは、精霊と交信し、嵐を召喚し、毒とエレメンタル・ダメージによって敵を叩きのめします。ブライトコーラーが第7のクラスとして『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』に加わることで、このゲームのマルチクラス・システムはさらに奥深いものとなり、これまで以上のカスタマイズが可能になります。

Source:PressRelease

コメントする