ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界:最終DLC「亡霊のガラスを砕け」配信、新レジェンダリー装備や新クラス「ブライトコーラー」が登場

ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界:最終DLC「亡霊のガラスを砕け」配信、新レジェンダリー装備や新クラス「ブライトコーラー」が登場

2022年8月12日、2KならびにGearbox Softwareは、『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』のDLC第四弾、「亡霊のガラスを砕け」を配信しました。本DLCはシーズンパスに含まれているほか、単品での購入も可能となっています。

本DLCには沼地の毒素を高精度に操る新クラスの「ブライトコーラー」、新たなボイスを含むフェイトメーカーのカスタマイズオプションなども含まれています。

DLC第四弾「亡霊のガラスを砕け」

ラストを飾る本DLCでは、新クラス「ブライトコーラー」、更なるキャラクタークリエイトのオプション、新たなボスと驚きの戦利品など沢山の新要素が追加!

「亡霊のガラスを砕け」の物語は、ドリームベール・オーバールックからはじまります。べスパーは彼女自身と最も関わりのある神秘の鏡に直面し、プレイヤーはトライバーン・レッドモーンの幻影に蝕まれたベスパーの記憶を垣間見ることとなります。

ベスパーを過去から解放するには、複数の頭を生やし、恐怖を餌にし、迷える魂から力を吸う猛獣「トライバーン・レッドモーン」を倒すしかありません。

新クラス「ブライトコーラー」

新たなマルチクラスの組み合わせ、そしてキャラクタークリエイトの新たな選択肢

ブライトコーラー」は、毒をはじめとするエレメンタル・ダメージを得意とし、クラス特性「腐食のささやき」でステータス効果を適用するたびにエレメンタル・ダメージが増加します。この新クラスによってマルチクラスのビルド幅はさらに拡大します。

新しく加わるボイスパーソナリティ「グリム」は、今までのいい子ぶった冒険家たちとは対照的に、ダークな佇まいを演出します。新しい声のオプションに加えて、「バンカーマスターにより弱体化」、「クラウンブラッド」、「アプレンティス・バーナクル・スクレーパー」、「浮浪児のサクセスストーリー」の4つの新しいバックグラウンドも登場し、新しいフェイトメーカーを作成するときの初期スタッツ調整に役立てることが可能。

新たなボスとの4週間に渡る闘いと新たなお宝

「亡霊のガラスを砕け」の配信開始後の3週間に渡り新ボスが強化され、新たな怪物トライバーン・レッドモーンはエレメントを吐き出す頭部を再生し、新たな攻撃で恐怖を与えようとしてきます。その度に闘いはより困難になるものの、新たなレジェンダリー装備品がドロップとして追加されるので再戦を挑んでぜひ手に入れましょう。

レッドモーンを一回でも倒せば様々な新作カスタマイズアイテムを含む、新たなレジェンダリー戦利品が通常のランダムドロップ以外に、ベスパーの運命の輪からも出現するようになります。

  • 第1形態:8月12日(金)午前1:30
    • レジェンダリー銃「ヴェンジャンス」
    • レッドモーンを1度倒すと、レジェンダリー戦利品が運命の輪に追加されます。内容は、銃「ダブルクロス」、魔法「ウィキッド・ゴシップ」、近接武器「アンルーリー・ランコア」、アーマー「モスキート・マント」、リング「デーモン・ブライト」です。
  • 第2形態:8月19日(金)午前1:30
    • レジェンダリーアーマー「ブルータル・スタンピード」
  • 第3形態:8月26日(金)午前1:30
    • レジェンダリー魔法「カース・オブ・マリス」
  • 最終形態:9月2日(金)午前1:30
    • レジェンダリー銃「スライ・トライバーン」

エンドゲームがさらに充実

「亡霊のガラスを砕け」を少なくとも1回クリアすると、その4つのレベル・レイアウトとレッドモーンとのボス戦がカオス・チャンバーの可能性のプールに追加され、『ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界』のエンドゲーム・ダンジョンのバラエティがさらに広がり、毎回の挑戦をさらに予測不能なものとしてくれることでしょう。

Gaming Device Power Tune for FPS

\楽天スーパーセール開催中!/
Rakuten

Source:ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界

コメントする