『レインボーシックス シージ』世界大会”Six Berlin Major”DAY4結果:RogueがG2撃破しベスト4確定 / Elevate惜敗もアジアに希望残す

『レインボーシックス シージ』世界大会”Six Berlin Major”DAY4結果:RogueがG2撃破しベスト4確定 / Elevate惜敗もアジアに希望残す

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』では日本時間8月15日より夏の世界大会「Six Berlin Major」が開催中。この記事ではそのうち、DAY4の準々決勝4試合の結果をお届けします。

Six Berlin Majorが開催中

Six Berlin Major – Group Stage – Day 3 – Stream A
  • 「Six Berlin Major」開催期間:8月15日から21日(以下すべて現地時間)
    • グループステージ:8月15日から17日
      • 18日は中休み
    • プレイオフ:8月19日から20日
    • グランドファイナル:8月21日
    • 会場:Theater am Potsdamer Platz

世界のシージeスポーツ競技シーンでは、現在ドイツ・ベルリンを舞台に「Six Berlin Major(以下、ベルリンメジャー)」が開催中。現地時間8月19日には、勝ち残った8チームによる準々決勝4試合が実施されました。

メジャーDAY4結果
DAY4(準々決勝)の結果

タイのElevateは紙一重で敗退、XSETは

DAY4からは、Theater am Potsdamer Platzの会場にて有観客開催となるベルリンメジャー。大観衆の前でシングルエリミネーショントーナメントの準々決勝4試合が行なわれました。

第1試合はブラジルのw7mとタイのElevateが対面。アジア地域(APAC)最後の生き残りとなったElevateはアジアに初タイトルをもたらすべく奮起しますが、第1試合の「カフェ」では前半で5-1とリードされる大苦戦を強いられ、そのまま7-3でw7mがマップポイントを獲得しました。

第2マップの「銀行」ではElevateのOnigiri選手がDMRで敵をさばいてチームに勢いを取り戻させると、Sapper選手はMontagneを出してエリア取りで優位を取ろうとします。しかしw7mの対応も早く、前半は3-3で折り返します。

5-5と接戦模様となったこのマップでしたが、最後はElevateのDCH選手が飛び出しキルを決めてからの時間稼ぎに成功し、MrPuncH選手がとどめを刺して5-7。試合は第3マップ「国境」にもつれこみました。

「国境」での前半は、互いに作戦を押し通すような展開となり3-3で折り返します。一時はDCH選手の単独での立ち回りにも助けられ、3-5でリードしていたElevateでしたが、Elevateの選択肢を奪うようなw7mの防衛がさらなるリードを許さず、6-6とオーバータイムに突入します。

オーバータイムでは、2v4の状況でw7mのGdNN1選手が壁越しにプランターを撃ち抜くプレイを見せて7-6。最後はw7mがディフューザー設置を成功させ、全体スコア8-6でこの激闘を制しました。

勝利したw7mは準決勝に一番乗り。Elevateはここで敗退となり、アジア勢は全チームが姿を消すことになりましたが、韓国のDWGに引き続き、アジアの選手たちも昨今は着実に世界と戦えることを証明しつつあり、秋のリーグ戦である次回ステージ3への期待がさらに高まったメジャーでした。

準々決勝第2試合は、北米4位のXSETとEU1位のWolves Esportsのマッチアップでした。

第1マップの「クラブハウス」では、前半を3-3で折り返した後、Wolvesがパーフェクトラウンドを決めて4-4となるなど接戦が期待されましたが、その後は防衛のXSETが徐々にリードを広げ、7-5でマップポイントを獲得しました。

第2マップの「山荘」でもやはりXSETが防衛で4-2とリード。Wolvesに対して必要以上に積極性を見せず、敢えて引いて攻撃側を迎え入れるユニークな防衛術を披露します。

攻撃に回ってからもXSETは、プラント強行には失敗したものの、堅実な組み立てでその後のラウンドを取り、「山荘」を7-4で制覇。EU首位のチームを下し、全北米チームを代表して明日の準決勝へと向かいます。

ヨーロッパ・ブラジルのライバル対決の行方は?

第3試合はヨーロッパチーム対決G2 vs Rogue。「銀行」から始まったこの戦いでは、Rogueのcryn選手が重要なキルを取りつつガジェットを使ったサポートもこなしてチームを牽引し、撃ち合いではKantoraketti選手がスキルを見せつけてリード。そのまま3-6で先にマッチポイントに到達します。

しかしG2も、Alem4o選手の合計21キルの活躍もあり、粘って試合はオーバータイム・フルラウンドに突入します。しかし最後はやはりKantoraketti選手が切り込んできっかけを作り、防衛陣の攻略に成功。第1マップはRogueが制しました。

第2マップの「クラブハウス」ではG2が防衛で4-2とリードするも、今度は防衛でRogueが粘る展開になりました。Kantoraketti選手が重要な1v1を制するなどして5-5に追いつくと、試合は再びオーバータイムに突入します。最終ラウンドでは、遊撃で時間を使わせたRogueが地下防衛を通して6-8。マップスコア0-2となってRogueの準決勝進出が決定しました。

ベルリンメジャーの戦いを終え、長らくG2のコーチを務めてきたShasがその席から正式に身を退くことになりました。G2メンバーは新コーチとともに再出発となりますが、ステージ3ではどのような戦いを見せてくれるのでしょうか。

この日最後の試合はブラジルのライバルチーム対決FURIA vs FaZeでした。第1マップの「高層ビル」から、FaZeはAstro選手を筆頭に、さまざまなタイプのオペレーターを使い分けながら、勢いのある攻撃で4-7と早々に試合を終わらせます。

しかし第2マップの「山荘」ではFURIAが粘り、オーバータイム最終ラウンドではMiracle選手がエースを決めて、試合はディサイダーの「カフェ」へと突入します。

「カフェ」の序盤では、FaZeが再び多様な作戦を披露して0-3でリードします。FURIAもすぐに対応しますがcameram4n選手の1v2クラッチも決まって前半は2-4で折り返し。FURIAもその後すぐに追いついて試合は再び混戦かと思われましたが、そこからはFaZeがペースを掴み、最後は苛烈なカバー合戦を制して4-7で勝利。FaZeが同国ブラジルのライバルを下し、準決勝に進出する最後のチームとなりました。

16チームから始まったベルリンメジャーも、残り4チーム、3試合となりました。北米最後の希望XSET、ヨーロッパのRogue、そしてブラジル強豪2チームW7MとFaZe。果たして最後にメジャーチャンピオンに輝くのはどのチームなのでしょうか。準決勝2試合は、日本時間8月20日午後10時からスタートします。

配信を視聴して「eスポーツパック」をゲット

R6esport_Berlin_Major_Twitch_Drops
Twitchで一定時間視聴することで、ゲーム内アイテムが封入された「eスポーツパック」をプレゼント

いよいよ残り4チームとなったベルリンメジャーでは、日本語公式配信のほか、野々宮ミカさんとねこめぐんそうさんによる公式ウォッチパーティーが開催されています。

グランドファイナルが行なわれる8月21日には、新シーズン「Operation Brutal Swarm(オペレーション・ブルータルスウォーム)」の全情報が解禁されます。既に新攻撃オペレーターとして、「カワンハイヴランチャー」を使うGrimが紹介されていますが、他にはどんな新コンテンツが登場するのでしょうか。メジャーチャンピオンの座だけでなく、ゲーム内のアップデートコンテンツにもご注目ください。

  • タイトル:Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)
  • 発売日:2015年12月10日
  • 対象機種:PS5, PS4, Xbox Series X|S, Xbox One, PC(Steam
Ubisoft (ユービーアイソフト)
¥3,850 (2022/09/10 12:18時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
\PayPayポイント10%還元!/
Yahoo

Source: Twitter

コメントする