[速報]『レインボーシックス モバイル』日本先行プレイがAndroid向けに10月7日スタート! 事前登録受付中

[速報]『レインボーシックス モバイル』日本先行プレイがAndroid向けに10月7日スタート! 事前登録受付中

Ubisoftは、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のモバイルタイトル『レインボーシックス モバイル』の日本先行プレイを、Androidユーザーを対象に10月7日にスタートすることを発表しました。現在も事前登録を受付中で、先行プレイへの参加は登録が必要になります。

『虹モバ』の日本先行プレイがいよいよ10月7日スタート

『レインボーシックス モバイル』トレーラー「突入」

タクティカルシューターの代表作である『レインボーシックス シリーズ』の体験をモバイル移植した新作『レインボーシックス モバイル』は、基本プレイ無料タイトルとして、Android、iOSの両デバイスに向けて開発中です。

この通称「虹モバ」は、日本先行プレイがいよいよ、Androidユーザーに向けて10月7日よりスタートします

参加には、Google Playストア上で『レインボーシックス モバイル』の事前登録を行い、要求スペック(4GB以上のRAMを実装)を満たしたAndroid端末が必要です。参加資格は抽選制ですが、10月7日以降であっても参加権に当選する可能性があります。ただし事前登録をされた方全員が参加できるものではない点はご留意ください。

  • 虹モバ「日本先行プレイ」参加要項

日本語版新声優も発表

『レインボーシックス モバイル』には新たに「攻撃側部隊長」と「防衛側部隊長」が登場。攻撃側部隊長の声は小森未彩さんが、防衛側部隊長の声は石川界人さんがそれぞれ担当します。

小森さんはサバイバルゲームの愛好家としても知られ、銃器の取り扱いには一日の長が。また一方の石川さんもご自身でゲーム実況をされるほどのシューティングゲームファンであり、それぞれその特性を活かし、ゲーム内でも「レインボーシックス」の世界観にピッタリと合う声を演じられています。

『レインボーシックス モバイル』とは?

虹モバのオペレーター
固有アビリティを持った「オペレーター」を操作し相手チームと戦う

Ubisoft Montrealに新設されたチームが開発を担う『レインボーシックス モバイル』は、『レインボーシックス シージ』のゲーム体験をモバイル端末でも余すところなくお楽しみいただけるようゼロから設計され、また最適化されながら開発が続けられているUbisoft Mobileの意欲作です。

プレイヤーは基本的に攻撃側と防衛側に分かれ、その攻守を交代しながら対戦します。攻撃側は偵察ドローンを使用して情報を集め、破壊可能な壁や床、天井などを利用しながら攻め込みます。防衛側は侵入地点の防衛を強化し、カメラや罠を仕掛けてロケーションを保護、敵の侵入を阻みます。

リスポーンができない極限の状態の中、いち早くマップと環境に適応し、地形やチームメンバーの特徴に合った作戦を遂行することが、勝利への近道と言えるでしょう。

『レインボーシックス モバイル』に登場するキャラクター(オペレーター)、そして彼らが備える固有アビリティや武器、ガジェットは、基本的に『レインボーシックス シージ』のDNAを継承しています。また「銀行」や「国境」といったマップや、「エリア確保」や「爆弾解除」などおなじみのモードも登場しますが、『レインボーシックス モバイル』オリジナルのコンテンツももちろん登場予定です。

先行プレイが発表され、いよいよリリースが近づいて来た虹モバですが、実際のゲームプレイは「シージ」と比較してどのような体験になるのか、Androidユーザーの方はぜひ、先行プレイに参加して確かめてみてください。

  • タイトル:Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)
  • 発売日:2015年12月10日
  • 対象機種:PS5, PS4, Xbox Series X|S, Xbox One, PC(Steam
Logicool G
¥25,800 (2023/02/09 13:48時点 | Amazon調べ)
\お買い物マラソン開催中!/
Rakuten

Source: Press Release

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    他シューターと比較しても圧倒的にモバイルに向かないタイトルだと思うのだが・・・
    どういう調整にしてくるんだろう

コメントする