『CoD:MWll』競技ルールv1.1公開:第3ゲームにコントロール採用でアルティメットPerkはすべて制限

『CoD:MWll』競技ルールv1.1公開:第3ゲームにコントロール採用でアルティメットPerkはすべて制限

ActivisionおよびInfinity WardはCoDシリーズ最新作『Call of Duty: Modern Warfare ll (コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2/ MWll)』の競技ルールv1.1を公開しました。第3ゲームには「コントロール」が採用されています。なおルールは今後変更される可能性があります。

CoD:MWll 競技ルールv1.0

モード&マップ

  • ハードポイント
    • アル・バグラ・フォートレス
    • エンバシー
    • メルカド・ラス・アルマス
    • ザルクワ・ハイドロエレクトリック
    • ブレーンベルホテル
  • サーチ・アンド・デストロイ
    • アル・バグラ・フォートレス
    • エル・アシーロ
    • エンバシー
    • メルカド・ラス・アルマス
    • ブレーンベルホテル
  • コントロール
    • アル・バグラ・フォートレス
    • エル・アシーロ
    • ブレーンベルホテル

制限アイテム

プライマリ武器

  • バトルライフル(すべて)
    • LACHMANN-762
    • SO-14
    • TAQ-V
    • FTAC RECON
  • ショットガン(すべて)
    • LOCKWOOD 300
    • EXPEDITE 12
    • BRYSON 800
    • BRYSON 890
  • ライトマシンガン(すべて)
    • SAKIN MG38
    • HCR 56
    • 556 ICARUS
    • RAAL MG
    • RPK
    • RAPP H
  • マークスマンライフル
    • EBR-14
    • SP-R 208
    • LOCKWOOD MK2
    • LM-S
    • SA-B 50
    • TAQ-M
  • 近接武器
    • Riot Shield

セカンダリ武器

  • ランチャー(すべて)
    • PILA
    • STRELA-P
    • JOKR
    • PRG-7

アタッチメント

  • サイレンサー(すべて)
  • レーザー(すべて)
  • 徹甲弾(すべて)

タクティカル

  • ショックスティック
  • デコイグレネード
  • スポッタースコープ
  • スティム
  • 心拍センサー
  • スナップショットグレネード
  • 催涙ガス

リーサル

  • センサーマイン
  • ドリルチャージ
  • モロトフ
  • C4
  • クレイモア
  • テルミット
  • 投げナイフ

Perk

  • オーバーキル
  • スカベンジャー
  • トラッカー
  • ストロングアーム
  • タクティカル・プラス
  • リサプライ
  • スポッター
  • アルティメットPerk(すべて)
    • ハードライン
    • ハイアラート
    • ゴースト
    • クイックフィックス
    • オーバークロック
    • サバイバー
    • バードアイ

フィールドアップグレード

  • タクティカルカメラ
  • 膨張式デコイ
  • DDoS
  • デプロイカバー
  • ミューニションボックス
  • ロードアウトドロップ
  • ポータブルレーダー
  • 戦術マーカー
  • バトルレイジ
  • リーコンドローン
  • スモークエアドロップ
  • サプレッションマイン
  • アンチアーマー弾

ストリーク

  • UAV
  • ボムドローン
  • カウンターUAV
  • ケアパッケージ
  • クラスターマイン
  • 迫撃砲
  • セントリーガン
  • V.T.O.L.
  • 監視ヘリ
  • ウィールソン – HS
  • ステルスボマー
  • ヘリガンナー
  • 緊急救援物資
  • ガンシップ
  • アドバンスUAV
  • ジャガーノート

おまけ:GA武器

現時点ではKASTOV 74U、AUG、FENNECがGA(紳士協定、選手間で使用を控えるよう同意した武器)となっています。もちろん一般プレイヤーには関係ない決まりですが、練習試合をする場合は事前に相手と確認しておきましょう。今後の改定次第では正式に制限される可能性があります。

シーズン1からはこの競技ルールを採用した「CDLモッシュピット」が登場するので、確認しておきましょう。Call of Duty League 2023は12月2日に開幕し、YouTube独占で配信されます。こちらもお見逃しなく。

  • タイトル:Call of Duty: Modern Warfare ll(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア Ⅱ)
  • 発売日:2022年10月28日
  • 対象機種:PS5/PS4, Xbox X|S/Xbox One, PC(Battle.net / Steam
アクティビジョン
¥7,918 (2022/07/15 19:28時点 | Amazon調べ)
\楽天スーパーセール開催中!/
Rakuten

Source: CallofDutyLeague

コメント

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    デッサが制限されないって理解できん

  2. By 匿名

    GAは現在でも事実上の強制で、プロ同士の試合だとまず無視はできない。
    GAを決めているトッププロ達の発言力はかなり強い。

    そいつらが有利になるように武器の制限を決めているのでは?
    という批判は根強いが、現時点ではコミュニティからも強い支持が得られている。
    GAを無視して戦ったチームは間違いなく卑怯者呼ばわりされるし、
    その時点でファンがつかなくなるので、たとえ勝てても儲からなくなってしまう。

    最新のGAを確認したいなら、@intelCDL をフォローするのが一番手軽。
    もちろん大会に出る気がない人は一切気にしなくて良い。

  3. By 匿名

    えっ…紳士協定ってまだそんなことやってたの?正気か?今って2022年だよな?
    ww2の時にあるチームが紳士協定を破ったことがニュースになってて爆笑した記憶があるけど、まだそんなしょーもないこと言ってんの?
    暗黙の了解じゃなくて、ちゃんとルールで明文化すればいいだけじゃん
    ほんとアホくさw
    いくらなんでも異常すぎるでしょ

    • By 匿名

      ぶっちゃけ、ゲーム運営よりも、トッププロ選手の発言のほうが信用されてるんだよ。運営が「武器Xは規制するほど強くない」、トッププロ選手が「武器Xは強すぎるので規制するべき」と言ったら、トッププロ選手の言ってることのほうが正しいと多くのファンが考えている。むしろほとんどのファンは、運営はバランスを全く理解してないとすら思ってる。

      • By 匿名

        とはいえその状況自体が異常だよなってなるよ。外部から眺めてる側からするとね
        運営とプレイヤーの食い違いはどんなゲームでもあるけど、とはいえCoDは度が過ぎてない?ってなっちゃう

        • By 匿名

          それはまったくその通りだと思う。

          漫画に例えるなら、ファンが原作者の描写を批判ばっかりしているのに、著名同人作家の描写を褒め称えて、原作者に同人作家が考案した設定を導入しろっていってるようなもんだからね。ファンはかなりゆがんでると思うで。

          • By 匿名

            なんでこんな歪な状態になっちゃったんだろうねー
            競技の運営がどうなってるか全く知らないんだけど、3すくみの開発体制が競技シーンに影響してたりするんかな

            それとも開発側がユーザーの意見を聞きたがらない体制になってるんだろか

            外から見てると、一般的なプレイのとこでも改善点少ないように見えるから、なんかそういう可能性もあるのなと感じた

          • By 匿名

            MW2からしてるしがない一般人的にはもしかしたら 
            当時ですら結構ぶっ壊れ性能のグレランとかフラグとか
            parkが大量にあったからそのせいでイメージとして
            (マラライコマンドー ワンマンデングレ MW3デットマンズハンド&アサシン)
            「運営の調整は悪」って感じになったのかもしれん
            ただやっぱ当時ってやっぱまだまだCSに適した
            FPSとしてもジャンルと出来たばかりの幼女だったのでね 
            おっさんからしたら現代はちゃんと作ってると思うんだよ 

  4. By 匿名

    公式禁止暗黙の了解がある競技プレイゲームってなんだよw

コメントする