CoDに「ヘルシング」のアーカード登場

「強すぎる」『ウォーゾーン2.0』のボムドローンがバトロワから一時削除へ

  • URLをコピーしました!

日本時間3月16日午前2時に大型アップデート「シーズン02リローデッド」がリリースされる、基本プレイ無料のバトルロイヤルFPS『Call of Duty Warzone 2.0(ウォーゾーン2.0)』。

開発元のRaven Softwareはこのアップデートに先がけ、キルストリークの「ボムドローン」がバトロワではしばらく出現しなくなることを発表。これはバランス調整が目的で、調整後に再度登場することになる。

CONTENTS

ボムドローンがバトロワモードで使えなくなる

「強すぎる」『ウォーゾーン2.0』のボムドローンがバトロワから一時削除へ image 1 1
「強すぎる」『ウォーゾーン2.0』のボムドローンがバトロワから一時削除へ 5

Raven Softwareは本日3月11日次のように発表。「シーズン02リローデッドアップデートに伴い、ウォーゾーン2のバトルロイヤルでボムドローンが無効化され、このキルストリークに関する追加のバランス調整を検討することになりました。これらの変更点を含むパッチノートは、アップデート直前の3月15日に公開予定です。ご期待ください」

バトロワルールでは強すぎたか

「ボムドローン」はC4爆弾を搭載したドローンを操作し、撃ち合うこと無く敵を爆破できるキルストリーク。エリア内の空を自由に飛べるのはもちろん、広い爆発範囲でマルチキルを狙える上に、敵を自動でスポットしてくれる機能まで与えられている。

さらに「“キル”ストリーク」を冠しながらも、『ウォーゾーン2.0』では拾ったり敵から奪ったりすることで入手でき、リスポーンに制限があるルールも相まって、リリース当初から「強すぎる」との意見が寄せられていた。

Drone Bomb should be NERFED - Warzone 2.0 WTF Moments

Redditのウォゾーンサブレでも「ボムドローンってフェアだよね」と皮肉を言われ、今回の発表を受けても「削除すればバランスが取れるぞ」とのコメントも(なお一時停止の理由は、本当はバランスではなくフリーズバグであると推測するユーザーもいるが真相は定かではない)。

他のプレイヤーからは、敵を簡単に爆破できるのは最初は楽しくても「プレイしていて面白くない」という意見も。中にはボムドローン対策だけのためにDDoSを常に確保しているというプレイヤーも。

一時的に使用禁止となったボムドローンだが、どのような形で調整されて帰ってくるのだろうか。単純に耐久力や威力の低下も考えられるが、アップデートの内容を予想しながら楽しみにしておこう。

「シーズン02リローデッド」新コンテンツ関連記事

アクティビジョン
¥8,000 (2023/09/21 07:56時点 | Amazon調べ)

Source: Press release

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

COMMENT

コメント一覧 (2件)

  • DDoSってAPEXで猛威を振るっているサーバーアタックではなく、ゲーム内のDDoSのことでは?

  • BFでもドローンに爆弾つけて索敵、攻撃する奴いるのに何でこんなもん出したか理解できない

コメントする

CONTENTS