CoD:BO6 正式発表

HyperX、超軽量ゲーミングマウス「Pulsefire Haste 2」とXbox認定お手頃コントローラーの予約販売開始

Pulsefire Haste 2
  • URLをコピーしました!

2023年4月3日、HyperX はPulsefire Haste 2 ゲーミングマウスの有線・無線の両バージョンの予約販売を発表しました。超軽量なPulsefire Haste 2 ゲーミングマウスは、より快適な操作性とパフォーマンスを叶えるために HyperX のスイッチとセンサーが搭載されています。

また、HyperX はXbox 対応の HyperX Clutch Gladiate 有線コントローラーの予約販売も合わせ発表しています。

以下プレスリリースより抜粋。

CONTENTS

Pulsefire Haste 2 ゲーミングマウス


超軽量のPulsefire Haste 2 ゲーミングマウスは、ソリッドシェル構造を採用。有線・無線マウスどちらにもHyperX 26K センサーが搭載されており、高いトラッキング精度、滑らかで素早いカーソル移動を実現するため、感度の最大DPIは26,000、トラッキング速度の最大値は650 IPSとなっています。

また、マウスにはHyperXの新型スイッチが搭載されており、触覚的かつ可聴的なフィードバックを提供。クリック数の寿命は最大1億回です。カラーバリエーションは、ブラックとホワイトの2色が用意。

Pulsefire Haste 2の有線・無線マウスは、Amazon.co.jpで4月3日から注文予約を開始し、4月17日に発売される予定です。

HyperX Pulsefire Haste 2 ゲーミングマウス(有線)

  • 重量:53g
  • ポーリング・レート2:8000Hz
  • グリップテープと緊張や抵抗を軽減する可動性の高いパラコードケーブル
  • 摩擦を軽減して反応性を高める純PTFEをスケートに使用
  • HyperX NGENUITY ソフトウェア:ライティング、マクロ、DPIなどを自由に設定
  • 価格:8,490円(プライム割引クーポンあり)

HyperX Pulsefire Haste 2 ゲーミングマウス(無線)

  • 重量は61g
  • デュアルモードのワイヤレス接続、2.4GHzのワイヤレス接続とBluetooth接続を切り替え可能
  • 充電ケーブル付属
  • バッテリー寿命:最大100時間
  • 価格:12,499円(プライム割引クーポンあり)

HyperX Clutch Gladiate 有線コントローラー

HyperX Clutch Gladiate
HyperX Clutch Gladiate 有線コントローラー

同日には、Xbox 対応の HyperX Clutch Gladiate 有線コントローラーの予約受付も開始されています。

  • Xbox公式認定
  • 3.5mmステレオヘッドセットポート
  • デュアルトリガーロック/プログラマブルボタン
  • デュアルランブルモーター/HyperXならではの快適なグリップ
  • 着脱式USB-Cケーブルが付属する有線コントローラー/スクリーンショットとクリップの記録用共有ボタン
  • 価格:4,980円(プライム割引クーポンあり)

この新しいHyperX Clutch Gladiateには、デュアルトリガーロック再マッピング可能な背面ボタンを搭載。二箇所にトリガーロックがついていることで、ユーザーは短くトリガーを引っ張る方法と、長くトリガーを押す方法の2つを切り替えることができます。再マッピング可能な背面ボタンは2つ付いており、他のソフトウェアを使わずに設定が可能です。

HyperX Clutch Gladiateには、デュアル・ランブル・モーターが搭載されており、直感的なフィードバックを得ながら、プレイヤーはゲームに没頭することができます。また、指先の質感も追及されており、快適なグリップ感を実現したとしています。

加えて、3.5mm のステレオジャックがあるため、有線ヘッドセットとの接続も簡単。Xbox One、Xbox Series X|S、PCとの完全互換性があるため、あらゆるプラットフォームでシームレスに使用することができます。


HyperX のXbox 対応 Clutch Gladiate 有線コントローラーは現在、Amazon.co.jpで予約販売を受け付け中。発売は4月17日を予定しています。

Source: Pressrelease

Pulsefire Haste 2

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS