CoD:BO6 正式発表

『BF2042』シーズン6"ダーク・クリエイションズ"アップデート・パッチノート:斥候兵の調整などスペシャリスト9人に変更 / ビークルの操作性向上 / LMGやDMRのバランス調整など

『BF2042』シーズン6"ダーク・クリエイションズ"アップデート・パッチノート:斥候兵の調整などスペシャリスト9人に変更 / ビークルの操作性向上 / LMGやDMRのバランス調整など
  • URLをコピーしました!

Electronic Arts(エレクトロニック・アーツ)およびDICE(ダイス)は、『Battlefield 2042(バトルフィールド2042)』のシーズン6「ダーク・クリエイションズ」アップデートに先がけ、パッチノートを公開。

今回のアップデートでは、新コンテンツの実装以外にも、エイムアシストの改善、斥候兵のバランス調整。さらに武器、アタッチメント、ビークル、爆発物への調整など、数多くの変更が実施される。

CONTENTS

『BF2042』シーズン6「ダーク・クリエイションズ」アップデート

BF2042 | シーズン6「ダーク・クリエイションズ」先行プレイ映像!多数の新コンテンツを紹介 - EAA

『BF2042』のシーズン6「ダーク・クリエイションズ」は、日本時間10月10日午後5時にアップデートがリリース。同日午後9時にシーズンが開幕し、バトルパスの進行が可能となる。新コンテンツは以下のとおり。

  • 新マップ:リダクテッド
  • 新武器:G428、L9CZ、VHX D3
  • 新ガジェット:弾薬ポーチ、医療ポーチ
  • 新ビークル:YUV-2  “ポンドホーク”
  • 新バトルパス:スペシャリストや武器、ビークルなどの、まったく新しいコスメティックアイテムにフィーチャー
  • ゲームプレイの品質改善:コントローラーのエイムアシスト向上。ビークルの操作性向上。斥候兵のバランス調整など

新コンテンツはこちらの記事でも紹介。新マップ「リダクテッド」については、コンクエストとブレークスルーのプレイリストがそれぞれ常設される。

『BF2042』無料アクセス開催! 10月12日から16日まで / シーズン6の新コンテンツ、すべてのマップ、武器、ビークルなどを自由にプレイ可能
10月12日からは「無料プレイ」開催

なお『BF2042』では、10月12日から16日まで各プラットフォームで「無料プレイ」を開催。詳細はこちらの記事で解説。

シーズン6アップデートでは、新コンテンツ以外にもゲームプレイのさまざまな要素が多数調整される。パッチノートのうち、新コンテンツ以外の項目を以下に抜粋。

コントローラーのエイムアシスト改善

『BF2042』シーズン6"ダーク・クリエイションズ"アップデート・パッチノート:斥候兵の調整などスペシャリスト9人に変更 / ビークルの操作性向上 / LMGやDMRのバランス調整など
エイムアシストのカスタマイズ幅が向上。

シーズン6ではコントローラーのエイムアシストが向上。カスタマイズ性が大きく補強される。

設定メニューのデザイン変更に加え、デフォルトのエイム入力レスポンスカーブを念入りに調整した。『バトルフィールド』シリーズの旧作で用いられた、多くの異なるレスポンスカーブの中から選択できるようになった。

さらに、旧型の加速度プリセットや、加速度を個別にスローダウンできる新たなスライダーも追加されている。ベテランから『BF2042』の新規プレイヤーまで、幅広い層に対応した改善だ。

ビークルの操作性向上&バランス調整

『BF2042』シーズン6"ダーク・クリエイションズ"アップデート・パッチノート:斥候兵の調整などスペシャリスト9人に変更 / ビークルの操作性向上 / LMGやDMRのバランス調整など
ビークルの操作性が向上する

シーズン6では、地上ビークルの操作性を改善。『BF2042』の全般的なゲームテンポと比較したとき、ビークルの機動性をどう合わせていくかにも力を入れた。

地上ビークルについては、戦車の方向転回にかかる摩擦力や、エンジンの出力カーブ、さらにビークルにかかる重力に幅広い変更を実施。ジェット系ビークルのアフターバーナーにもさらなる変更を行った。

また、コミュニティのフィードバックを受け、EMKV90-TOR戦車やガンシップ系ビークルにもバランス調整を実施。歩兵戦や空での戦闘に、地上でのビークル戦闘を合わせたとき、全体がまとまるようにしている。

ビークル全般への変更

  • 全ビークルの運転席以外の座席は、その制限範囲内で、ビークルが方向転換した際に各座席のエイムが回転するようになる
  • SOFLAMかトレーサーダーツによって自分のビークルが指定された際、ロックオン警告の一部として、その情報が表示されるようになる

戦車全般

  • 方向転換時にかかる摩擦を引き下げ、操縦性を向上
  • 加速時の方向転換レートを引き上げ、戦闘中の機動力を向上。また、加速が入力されていない場合の方向転換レートも引き上げた
  • 静止状態および、この状態で方向転換する際の加速度と減速度を改善
  • ブレーキにかかる力をわずかに増加
  • 戦車全般が最高速度に達するまでにかかる時間を伸長。この点はブーストを使うことで省略できる

M5C ボルト&LATV4

  • ブースト時と、通常の加速がかかっている際の最高速度を引き下げ
  • すべての速度におけるステアリングを改善。ギアの比率も更新し、ボルト用の新しい設定とつなぎ合わせた

EBAA ワイルドキャット

  • ブレーキにかかる力を増加

航空ビークル

  • 攻撃ヘリの30mm弾による衝撃度を引き下げ
  • 航空機でエレベーターに入ろうとした際に、機体から脱出できるようになる

地上ビークル

  • すべての地上ビークルの、重力に関わるプレイ感を改善。浮いている感じが減るようになる
  • すべての地上ビークルにおける、サスペンションと車輪の静止摩擦を調整し、上記の重力設定の改善を補助
  • 加えて、重戦車系ビークルにはさらなる変更を実施。衝突判定が発生した際の、弾かれる感じを低減させた

ガンシップ系全般

  • ガンシップから40mmグレネードランチャーを削除。30mmバーストと交換
  • ガンシップのバランス調整について評価するため、プレイヤーの皆さんのお考えをぜひ共有してください

EMKV90 TOR

  • 主兵装とデフォルト武器各種、両方の最小ダメージを400から200に引き下げ。HHV-EMGモールは635から400に引き下げ
  • HHV-EMGモールは、ジェット系、ナイトバード、ステルスヘリといった軽量航空ビークルを、330メートルより離れたところでは一撃で撃墜しなくなる。また、280メートルより離れたところでは、攻撃ヘリも一撃で撃墜しなくなる
  • EMKV90 TORに、ピッチングを基準にした弾速設定を追加。6度からかかり始め、12度でその影響が最大になる。12度では、各武器の発砲時の弾速が本来のおよそ半分になる

開発者コメント:これらの変更は、『バトルフィールド』におけるビークルは、守備的な役割を担うという点を強調するためのものです。遠距離の狙撃はビークルの役目ではありません。今後もEMKV90 TORに乗りたいのなら、射程が重要になります。

ジェット系ビークル

  • ジェット系ビークルにアフターバーナーのメーターを追加。空中戦で優位を得るために、いつどのようにアフターバーナーを使うかを管理できるようにした
  • 一人称視点のクロスヘアを改善
1 2
『BF2042』シーズン6"ダーク・クリエイションズ"アップデート・パッチノート:斥候兵の調整などスペシャリスト9人に変更 / ビークルの操作性向上 / LMGやDMRのバランス調整など

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • G28懐かしいな 何気に嬉しい
    チェコって結構良い銃あるから好き

コメントする

CONTENTS