最強ヘッドセット? A50 X発表

RazerのハイエンドノートPC"Razer Blade 16"2月22日より国内販売開始 / 世界初16インチQHD+240Hz OLED搭載でゲーム&クリエイティブに最適

RazerのハイエンドノートPC"Razor Blade 16"2月22日より国内販売開始 / 世界初16インチQHD+240Hz OLED搭載でゲーム&クリエイティブに最適
  • URLをコピーしました!

ゲーミングデバイスメーカーであり、世界的人気ブランドでもあるRazer(レイザー)は、クリエーターやディープなゲーマーにうってつけのハイエンドノートPC「Razer Blade 16(レイザー ブレイド 16)」を2月22日より販売開始。希望小売価格は539,800円(税込)。

CONTENTS

ハイエンドノートPC「Razer Blade 16」発売開始

Razer Blade 16 | World’s First OLED 240 Hz 16” Display for Gaming

"最高のゲーミングノートPC"をお探し中なら「Razer Blade 16」がうってつけ(製品ページ)。価格は539,800円(税込)でカジュアル層には手が届きにくいが、それに見合う性能、機能、デザイン性、すべてを完備している。

業界最高クラスのディスプレイ

RazerのハイエンドノートPC"Razor Blade 16"2月22日より国内販売開始 / 世界初16インチQHD+240Hz OLED搭載でゲーム&クリエイティブに最適
16インチQHD+240Hz OLED。応答速度、色の正確性ともにトップクラス

「Razer Blade 16」は、16インチのディスプレイとしては世界初となるQHD+240Hz OLEDを搭載。ゲーマーはもちろん、クリエイターにも役立つハイスペックな表現力を発揮する。

  • 応答速度
    • リフレッシュレート240HZ、応答時間0.2msと圧倒的
    • 一般的なノートPCを上回り、とりわけFPSのようなゲームでは優位に
  • 質感
    • Samsung製OLED。1,000,000:1のコントラスト比
  • 色の正確性
    • DCI-P3規格カバー率100%
    • DE2000平均2以下。色を正確に表現し、クリエイターにうってつけ
    • 出荷時に、1台ごとにキャリブレーション

1立方インチあたりのグラフィックスパワー密度は1.50GPD。なおGPDとは合計グラフィックスパワー(TGP)を、全体の大きさ(縦 x 横 x 高さ)で割って算出する単位。業界の16インチゲーミングラップトップと比較しても性能が高い。

ゲーマーにもクリエーターにも最適

RazerのハイエンドノートPC"Razor Blade 16"2月22日より国内販売開始 / 世界初16インチQHD+240Hz OLED搭載でゲーム&クリエイティブに最適
ゲーマー、クリエーター、どちらにも最適

CPUは第14世代Intel Core i9-14900HXを搭載。最大クロックスピード5.8Ghz、最大24コアで動作可能。Razer Synapseを介してのオーバークロックにも対応している。

GPUはNVIDIA GEFORCE RTX 4090まで対応。ノートPCとしては現行型で最高クラスのパワフルさで、TGPは最大175Wを出力する。さらにDLSSを介したAIアクセラレーションにより、プレイヤーが求めるより高いFPSを出してくれる。

一方ではNVIDIA Studioドライバにも対応。AI対応Studioアプリやツールも備えており、クリエーター向けノートPCとしても高機能。

堅牢かつクールな設計

RazerのハイエンドノートPC"Razor Blade 16"2月22日より国内販売開始 / 世界初16インチQHD+240Hz OLED搭載でゲーム&クリエイティブに最適
アルミ製ユニボディで外見の高級感もバツグン

「Razer Blade 16」はシルエットが洗練されているだけでなく、本体は陽極酸化処理されたアルミ製ユニボディ。つまり繋ぎ目のない堅牢な構造で、手触りもよく指紋がつきにくい。

「Razer Blade」シリーズの特徴の1つでもある優れた冷却機構も継続。蒸気を用いるベイパーチャンバー設計で、フィンの厚さはわずか0.5mm。薄型でありながら、効率の良い冷却が可能。また、PanasonicのNASBIS断熱シートにより、キーボードまわりの温度を最大12%抑えてくれる。

RazerのハイエンドノートPC"Razor Blade 16"2月22日より国内販売開始 / 世界初16インチQHD+240Hz OLED搭載でゲーム&クリエイティブに最適
ベイパーチャンバーの冷却構造

内蔵バッテリーは95.2WHR。電源接続なしでも最大6時間のプレイが可能。バッテリー本体も従来型より60%小型になっており、このおかげで充電効率もアップした。バッテリーにも2年間の保証もついている。バッテリーの使用効率を最適化するオプティマイザー機能も引き続き採用。

電源ポートの他に以下のポートがあり、さまざまなデバイスを同時に接続可能。まさに至れり尽くせりのノートPCだ。

  • USB 3.2 Gen 2 Type A ポート*3
  • USB 3.2 Gen 2 Type C ポート*1
  • 3.5 mm ヘッドフォン/マイク複合ポート
  • UHS-II SD カードリーダー
  • Thunderbolt 4 Port (USB Type C)
  • HDMI 2.1 ポート

「Razer Blade 16」実物をチェック

RazerのハイエンドノートPC"Razor Blade 16"2月22日より国内販売開始 / 世界初16インチQHD+240Hz OLED搭載でゲーム&クリエイティブに最適
「Razer Blade 16」の実物

都内で開催されたメディア向けイベントで、「Razer Blade 16」の実物を見せてもらった。「ハイエンドゲーミングノートPC」と銘打たれている通り、黒いその外見は高級感にあふれている。

上述した通りあらゆる点で優れた性能を誇るが、敢えてケチをつけるとすれば携行性にある。本体重量は概算2.45キログラムあり、持ち上げてみても実際ずっしりしている。サイズも21.99 mm x 244 mm x 355 mmとそれなり。「どんなシーンでも気軽に取り出せるノートPC」とはやや異なる点は留意しておこう。また、モニターはグレアなので反射が気になる方は注意。

さらなる詳細仕様はRazerの製品ページも参照。ゲーミングでもクリエイティブでも、最高の性能を求めるユーザーは「Razer Blade 16」を検討してみてはいかがだろうか。

Gaming Device Power Tune for FPS

\最大8%ポイントアップ!/
Amazon

Source: Pressrelease, aiuto

RazerのハイエンドノートPC"Razor Blade 16"2月22日より国内販売開始 / 世界初16インチQHD+240Hz OLED搭載でゲーム&クリエイティブに最適

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • このサイズで240HzのOLEDできるんなら、24インチのモニターどこかで出してくれねーかな
    現状27以上しかなくて、ゲームするにはデカすぎる

コメントする

CONTENTS