CoD: ゴースト:日本国内のサーバーに確実に繋いでラグを減らす方法

CoD: ゴースト:日本国内のサーバーに確実に繋いでラグを減らす方法

未確認ですが、『Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』を確実に国内のデディケイテッドサーバーに繋ぐ方法を頂きました。以下茶葉CodBlogさんより抜粋。

日本国内のサーバーに繋ぐ理由

Ghostsの問題点としてマッチングの精度の悪さがあります。本来ならば日本人は日本のサーバー、というように自国に置いてあるサーバーにマッチングすべきなところをGhostsでは普通に外国のサーバーに入れられることが多々あります。そのためせっかく当たり判定がいいのにラグを感じることが多いですよね。しかし、逆を言えば常に自国サーバーに入ることが出来れば快適に出来ると言うことです。

日本国内のサーバーに入る方法

以下は一例です。パケットフィルタリングの設定方法はルーターによって異なるため、各ルーターのマニュアルをご覧ください。

  1. ルーターの設定画面へ
  2. パケットフィルタリングの設定
  3. LAN → WAN 方向をフィルタリング
  4. パケットを廃棄にチェック
  5. 送信元をPS3のIPアドレスに設定
  6. 宛先を 108.61.0.0/16 に設定、アメリカのサーバー 173.199.84.0/24 も追加
  7. 設定完了

試してみたという情報提供者によると、設定後は「日本人以外とマッチングすることはなかった」との事。前作に比べるとマルチプレイヤーが快適な本作ですが、これで更にラグの少ない快適な『CoD: Ghosts』ライフが!?

関連エントリ:CoD:BO2:ラグ・回線差がよく分かる検証動画

source:茶葉CodBlog, via Anonymous Thanks!
EAA!! ではみなさんからの情報提供をお待ちしています。