CoD: ゴースト:スクエニ、パッチ1.07による海外ユーザーとの隔離状態を説明

CoD: ゴースト:スクエニ、パッチ1.07による海外ユーザーとの隔離状態を説明

スクウェア・エニックスが、PS3版『Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』の日本語版へ配信されたパッチにより、海外ユーザーとマルチプレイが繋がらない状態について報告しています。以下スクウェア・エニックスより。

コール オブ デューティ ゴースト[PlayStation 3][字幕版][吹き替え版] 海外ユーザーとのマルチプレイについて

日本語版において、コール オブ デューティ ゴースト[PlayStation 3]のアップデートファイル(version 1.07)が配信されましたが、配信スケジュールの都合上、海外版では遅れての配信になります。

海外版でアップデートファイルが配信されるまでの間、アップデートファイルのバージョンに違いがでることから、海外ユーザーとのマルチプレイが行えなくなります。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

海外版でアップデートファイルが配信され、海外ユーザーとのマルチプレイが行えるようになりましたら、あらためてお知らせいたします。

「コール オブ デューティ ゴースト」に関するお問い合わせは「スクウェア・エニックス サポートセンター」までお願い申し上げます。

Source:SQUARE ENIX

関連エントリ:
CoD: ゴースト:タイトルアップデート(1/28/14) 大規模なパッチリストの詳細が公開