CoD:AW : シナリオ完成に要した期間はなんと2年半(ストーリーまとめ)

CoD:AW : シナリオ完成に要した期間はなんと2年半(ストーリーまとめ)

Sledgehammer Gamesのグレン・スコフィールド氏が、『Call of Duty: Advanced Warfare(コールオブデューティ アドバンスド・ウォーフェア)』のストーリーを書き上げるのに2年と半年かかったと発言して話題を呼んでいます。

ツイッターにてファンが『CoD:AW』のシングルプレイに期待しているという内容のツイートを行ったところ、氏は”期待してくれ。ストーリーだけでも描き上げるのに2年と半年かかったからね“と返信し、シングルプレイのクオリティーに自信を持っている事を示唆しました。

Sledgehammer Gamesはシングルプレイのシナリオへ力を入れて取り組んでいるようです。

以下に現在までに分かったストーリーの断片をまとめてみました。
ジョナサン・アイロンの独演が光るトレイラーの日本語訳もお忘れなく。

判明済みのCoD:AW ストーリーまとめ

舞台は2054年、テロ組織「KVA」による攻撃で世界各地の軍事機関は大きな損害を受けた。世界中が復旧に苦しむ中、力を持った民間軍事会社(PMC)が台頭してくる。

海軍に所属するプライベート・ミッチェル(唯一の主人公)は、世界最大のPMC”アトラス・コーポレーション”の社長であるジョナサン・アイロンの息子で、ミッチェルの同僚でもあるウィル・アイロンの勧誘を受け、アトラスコーポレーションへの入社を決意する。

世界の秩序を回復するために結成された特殊部隊の一員として配属されたミッチェルは、最先端の外骨格を身に纏い、進歩したテクノロジーとハイテク装備を駆使して未来の戦場を戦い抜いてゆく。

Source:CoD Online Blog