BF4:“酷いローンチ訴訟”はEAが勝利、裁判所「EAは楽観的なだけ」

BF4:“酷いローンチ訴訟”はEAが勝利、裁判所「EAは楽観的なだけ」

以前お伝えした『BATTLEFIELD 4(バトルフィールド 4)』の酷かったローンチを巡って複数の出資者がEAを訴えている問題で、訴訟が棄却されたことが判明しました。

集団訴訟へ

訴えでは、『BF4』のリリースで高まる期待から価値が上昇したEA株(約500万ドル分)を、特定の幹部社員が売却して利益を得ていた点と、多くのバグと問題を抱えているのにも関わらず、EAがその事実を考慮せずに説明を行い、大成功になると出資者達をミスリードした点が触れられていました。

詳細記事:BATTLEFIELD 4 : EAに対する集団訴訟の訴えが提出される

結果、『Battlefield』のブランド名は傷ついたものの、売上は上々。EA株のパフォーマンスもビデオゲーム業界の中では比較的好調な部類に数えられる形となりました。

棄却理由

裁判所が出した棄却の理由を要約すると、EAは出資者に対して嘘をついてミスリードしたのではなく、BF4に関してとても楽観的なだけだったという結果になっています。

EA自身はすでにローンチが酷かった事を認めており、開発元のDICEは失った信用を行動で取り戻すと発言、新作のBFシリーズ『BFH』を開発中のVisceral Gamesは本作が「ローンチ時にきちんと動く」と明言しています。

今回の“酷いローンチ訴訟”は棄却されたものの、海外サイトでは「確かに彼らは投資家へあからさまな嘘はついていない。しかしゲーマーには嘘をついた。」との厳しい声もあり、これからの新作ローンチ時には、ゲーマーからも出資者からもより厳しい目が向けられる事となりそうです。

2015年初頭に発売予定の最新作『Battlefield Hardline』では、その疑念を振り払うような質の高いローンチが期待されます。

タイトル バトルフィールド 4 [記事一覧]
発売日 2013年11月7日
DLC China Rising, Second Assault, Naval Strike, Dragon’s Teeth, Final Stand
開発/販売 DICE / Electronic Arts
Amazon PS4, PS3, Xbox One, Xbox 360, PC, Origin
公式サイト EA公式サイト

Source: BF4 Central