CoD:AW:PS4のシェアプレイ機能をブロック、Activisionが理由を説明

CoD:AW:PS4のシェアプレイ機能をブロック、Activisionが理由を説明

『Call of Duty: Advanced Warfare(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』のPS4版で、シェアプレイ機能が全面的にブロックされている事が伝えられ、Activisionが理由を説明しています。

シェアプレイ機能をブロックする理由

シェアプレイとはインターネット越しにゲームを持っていない友達を招待して一緒にプレイしたり、その友達に操作権を与えたりすることができるPS4の新機能。現在『CoD:AW』では、シェアプレイを行おうとするとシェアされる側の画面には”Censored” (検閲済み)の表示がされ、一切機能を使うことが出来ないそうです。

機能がブロックされていることに対してActivisioは下記のように説明しています。

我々の最優先事項は、素晴らしいゲーム体験をファンに届けるのがすることです。現在は『CoD:AW』をローンチし、プレイヤーが楽しいプレイ時間を過ごせるサービスの提供に集中しており、プレイヤーも楽しい時間を過ごせているように見えます。

シェアプレイはPS4のファームウェア2.00アップデートで追加された新機能で、ローンチ前に開発エンジニア達がアクセスすることが出来なかった機能です。

この機能がどのように全てのゲームモードに影響を及ぼすかを評価する機会もなく、テストする時間もありませんでした。

自らテストしたこともないものを機能として盛り込むことは出来ないため、機能のパフォーマンスをしっかりと分析し、どのように機能をサポートしていくかを見極めていきます。

ローンチ直後の大事な時期にテストしてない機能を入れるのは危険という判断は理解できるところではあります。

Sonyの発表によるとシェアプレイは全てのゲームに対応しているのでその矛盾を指摘する声もありますが、Activisionの今後の動向を見守っていきたいと思います。

Source: Charlie Intel