2014年:アメリカで最も売れた家庭用ゲームはCoD:AW。2位はDestiny

2014年:アメリカで最も売れた家庭用ゲームはCoD:AW。2位はDestiny

『Call of Duty: Advanced Warfare(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』と『Destiny(デスティニー)』の配給元であるActivisionは、両タイトルがアメリカで2014年11月までで最も売れた家庭用ゲームでワンツーフィニッシュを飾ったことを発表しました。

中でも驚きなのが、発売から1ヶ月ほどしか経っていない『CoD:AW』が1位に輝いていることで、CoDフランチャイズの爆発力を再度認識させられる形となりました。

その他にもActivisionの『Skylanders®』も、最も売れた子供用ゲームフランチャイズに輝いています。

下記にプレスリリースで発表された記録を簡単にまとめてみました。

  • 2014年のアメリカで最も売れた家庭用ゲームは『CoD:AW』、2位は『Destiny』
  • 『CoD:AW』はリリース1ヶ月足らずでPS4、Xbox One、PS3、Xbox 360の全プラットフォームで2014年最も売れたゲームに
  • 『Destiny』は2014年最も売れた新フランチャイズに
  • 『Skylanders®』は2014年最も売れた子供用ゲームフランチャイズに
  • 『CoD』フランチャイズは6年連続で11月の家庭用ゲーム売上をリード

ActivisionのCEOであるエリック氏は、2014年はActivisionにとってナンバーワンの年になったとし、ファンの反応に興奮を覚えるとともに、2015年はよりグレートなコンテンツを提供すると約束しているので、来年も期待が持てそうです。

Source: Activision