BF1:「TURNING TIDES」第2波アップデート“北海”パッチノート公開、キルタイム短縮やAutomatico弱体化含む武器の大幅調整など

BF1:「TURNING TIDES」第2波アップデート“北海”パッチノート公開、キルタイム短縮やAutomatico弱体化含む武器の大幅調整など

Battlefield 1(バトルフィールド 1)』へ配信された「TURNING TIDES」第2波アップデートのパッチノートが公開されました。膨大な情報量に埋もれてしまいそうですが、キルまでにかかる時間(キルタイム、TTK)の短縮や各武器の最適距離でキルするための必要弾数減少などなど、見逃せない重要な変更が多数含まれています。プレイヤーの皆さんはぜひ全文をご覧ください。

BF1 「TURNING TIDES」第2波 「TURNING TIDES」パッチノート

兵科のバランス

今回のアップデートにより変化する兵科同士の関係性の例と、武器バランス改善のメイン部分が報告されています。

突撃兵 vs 看護兵

  • 超近距離を超えた距離での戦闘では、看護兵の優位は変わりません
  • 近距離での全体的なTTKの短縮により、突撃兵の得意距離での有利は確実なものとなります

突撃兵 vs 援護兵

  • 最大の変化は、近距離で援護兵の武器が敵を捉えるのが遅くなり、これまでよりも突撃兵がやや有利になる点です
  • それよりも遠距離では、援護兵の軽機関銃が、突撃兵のSMGとショットガンよりも有利なままとなります

突撃兵 vs 偵察兵

  • この組み合わせへの影響はほとんどありません
  • この2兵科は両極端であり、勝者は通常、その時の交戦距離で決まります

看護兵 vs 援護兵

  • 最大の変化は、看護兵の自動式ライフルと援護兵の軽機関銃の関係性にあります。これまで自動式ライフルは単純なTTKで軽機関銃と同列で、1対1の戦闘では、多くの場合に撃ち勝つことが可能でした。今回の調整では、これがより難しくなり、看護兵が身を隠したり、自分を回復させたりする前に援護兵がとどめを刺す可能性が高くなります
  • ただし、軽機関銃の近距離での命中精度が以前よりも弱体化され、看護兵のライフルの射程も伸びるため、看護兵は、遠距離から援護兵を狙い撃つことや、予想外の方向から攻撃することで、ADSやバイポット未使用時に弱い軽機関銃の弱点を突くなどの対策を取ることができます

看護兵 vs 偵察兵

  • 看護兵の遠距離での命中精度がやや上がるため、偵察兵に対する脅威度が高まります
  • それ以外の点は変わりません

援護兵 vs 偵察兵

  • 援護兵が長距離でもたらす脅威がやや高まります 偵察兵は、これまで以上に敵に悟られにくい位置取りを徹底して、反撃される前に援護兵を一撃で仕留めることが求められることになるでしょう
  • それ以外の点は変わりません

武器カテゴリーのバランス調整

武器種ごとの変更では、全体として各武器の最適距離で相手を倒すのに必要な弾数が減らされ、ハンドリングも多くの武器で改善されています:

ショットガン

  • ショットガンは引き続き近距離最強武器で、長距離では(スラグ仕様を除き)極めて弱い武器となります
  • ショットガンはペレットを使ったダメージモデルにより、威力がばらつく問題がありました。そこで、ショットガンの拡散率にランダム性が介在する割合を低くする改善を行いました。すべてのショットガンで12粒のペレットが発射されるようになります。拡散率は、内側の円を6分割、その外周も6分割の全12の区画で計算されるようになります。各区画にペレット1粒が割り振られます。これにより、12粒のペレットが、弾の拡散を表す円錐上により均等に配置され、全ペレットが1箇所に集中することがなくなります。幸運により、遠距離で全ペレットが命中することや、逆の状況で全ペレットを外すようなことが起きなくなります。

サブマシンガン(SMG)

  • SMGは引き続き、ショットガンに続く近距離最強武器となります
  • 著しいダメージ減衰と高い拡散率により、ショットガン以外のどの武器よりも、長距離での有効性が低くなります
  • 今回の調整でSMG間の単純計算でのTTKのばらつきが抑えられました。HellriegelやAutomaticoなど一部SMGの有利が抑えられる代わりに、突撃兵の他の銃の有用性が高められています

軽機関銃

  • 軽機関銃は火力が最強な代わりに、ハンドリングと機動性が犠牲となっています
  • 攻撃態勢が整えられていれば、中距離最強の武器です
  • 一方、とっさの戦闘では、腰だめ精度と初期拡散率の高さがネックとなります

自動式ライフル

  • もっとも汎用性の高い銃です
  • TTKは、他の多くの銃に比べてやや劣るものの、その他の点でそれぞれに勝っている点があります
    • 距離をおいた戦闘では、SMGとショットガンよりも有利
    • ハンドリングと素早く高い命中精度を発揮できる点では、軽機関銃よりも有利
    • より近い距離での戦闘では、ボルトアクションよりも有利となります

ボルトアクション

  • ボルトアクションは長距離でワンヒットキルが可能です
  • 一方で連射速度がとても低く、近距離での大きな弱点となります
  • 今回の調整で、もっとも変更点の少ない武器種です

その他のアップデート

アンロック関連

  • Martini-Henryスナイパーライフルから発射されたK弾のビークルダメージが、従軍任務「監視者」に正しくカウントされるように修正。
  • 「断罪リボン」の条件を1ラウンドに5キルから、2キルに緩和。

UI & HUD

  • プレイヤー周囲の枠線が、色覚設定に従うようになりました。
  • 「ビデオ」の設定にカスタム色覚カラー設定を追加。
  • ゲームプレイオプションから、ワールドアイコンのサイズと透明度を設定可能に変更。
  • 命中インジケーターでクリティカルヒットキルの色をカスタマイズできるように変更。
  • ゲームプレイオプションに高度なミニマップ/フルマップのカスタマイズ設定を追加。
  • ビークルでの出撃システムを、ビークルが利用不可能でも出撃先として選択可能に変更。これにより出撃画面でビークルのカスタマイズを行いやすくなります。

武器、ビークル、ガジェット

極めて多数の武器バランス調整を行いました。以下は、そのうちの主な変更です:

  • いくつかの看護兵用ライフルでダメージモデルを若干調整:
    • Farquhar-Hillのダメージ減衰の開始を34mから、46.33mに変更。
    • Farquhar-Hillのダメージ減衰の終了を52mから、59mに変更。
    • M1907 SLのダメージ減衰の終了を55.6mから、60mに変更。
    • Autoloading 8.25のダメージ減衰の開始を19.5mから、16mに変更。
    • Autoloading 8.25のダメージ減衰の終了を40mから、45mに変更。
    • RSC 1917の縦反動を1.8°から1.5°に変更。
    • RSC 1917の横反動を2.2°から1.8°に変更。
    • RSC 1917の連射速度を1分間に163発から179.9発に変更。
    • Cei-Rigottiで3発キルが可能な距離を10m拡大。

自動銃の調整(継続中):

  • 軽機関銃の拡散率を調整。
  • 軽機関銃のズーム速度を遅くし、SMGとさらに差別化
  • 軽機関銃とSMGの縦反動をやや強化。
  • 突撃歩兵仕様の軽機関銃とSMGの縦反動ボーナスをやや引き下げ。
  • SMG 08/18(光学照準)の初弾拡散倍率を引き下げ。
  • 軽機関銃のバイポッドが展開時に拡散率上昇を完全に抑えるようになり、同時に横反動の軽減度が低下。この変更により、初弾拡散倍率の大きい重機関銃でのバイポッドの利点がやや上昇する一方、横反動の大きい、高連射速度の軽機関銃でのバイポッドの利点がやや低下します。
  • Russian 1895(塹壕)で2発キルが可能な距離を47mから70mに拡大。
  • Russian 1895(塹壕)でヘッドショットで1発キルが可能な距離を41mから64mに拡大。
  • 騎兵用Russian 1895で2発キルが可能な距離を90mに拡大。
  • 騎兵用Russian 1895でヘッドショットで1発キルが可能な距離を84mに拡大。
  • 潜入兵エリート兵科のフレアが、敵チームでマップ全体を明るくすることがあった問題を修正。
  • M91とCarcanoのK弾のシステムと与えるダメージを見直し。
  • Carcanoから空薬莢が排出されないことがある問題を修正。
  • Maschinenpistole M1912/P.16の反動低下が誤っていた問題を修正。
  • Arisakaの反動低下が本来の想定より低かった問題を修正。
  • M1917 Trench Carbineの反動低下が誤っていた問題を修正。
  • M1917 Trench Carbineのしゃがみ、移動、腰だめ時の命中精度を修正。
  • M1917 LMGのショートリロード時の不自然な遅延を取り除いてリロードタイマーを修正。
  • M1917 MGの対空サイトで、リアサイトが正しく給弾トレイカバーの上に付けられていなかった問題を修正。
  • FA Automaticのアイアンサイトの並びを改善。
  • ショットガンのダメージとサウンドが複数フレームに広がる問題を修正。
  • 潜入兵エリート兵科のMartini-Henryグレネードランチャーの内側の爆破半径を2mから1mに縮小。
  • Martini-Henryグレネードランチャーで設定されていた起爆時間が使用されていなかったため、本来の想定よりもダメージが大きくなっていた問題を修正。
  • Martini-Henryグレネードランチャーの所持弾数を21から11に引き下げ。
  • Martini-Henryグレネードランチャーのリロード操作確定のしきい値を引き下げ。
  • ブリストル攻撃機とイリヤー・ムローメツ重爆撃機で複数のパッケージから武装を使用できた問題を修正。
  • A7V重戦車の地雷除去の範囲を拡大。
  • 対空砲で特定のアングルから爆撃機を攻撃した際の信頼性を大幅に向上。
  • 対戦車ロケットガンと同類の武器をビークルの同乗者席から使用できるように変更。
  • 歩兵が設置する地雷(対戦車、ワイヤートラップ)を一か所にまとめて設置できなくする調整が施されました。これによる地雷の能力低下を補うため、地雷一発あたりの威力が高められます:
    • 対戦車地雷のダメージを50%アップ
    • 対戦車地雷の爆破半径を2mに変更。
    • ワイヤートラップ爆弾(HE)がダッシュ中のプレイヤーに与えるダメージを倍増
    • ワイヤートラップ爆弾(ガス)が起爆時に15ダメージの小さな爆発ダメージを与えるように変更。ガスマスクを着用していた相手にもダメージが与えられます。相手がダッシュ中だった場合、このダメージは2倍になります。

マップとモード

  • ウォー・ピジョンからエリート兵科をすべて削除
  • Cape Hellesの特定エリアで、いくつかの武器が、想定外の環境効果音の音量低下をもたらしていた問題を修正。
  • ボートの航跡の視認性を向上。
  • オペレーション「ガリポリ」のCape Helles第3セクターで防衛側が航空機を出撃させられた問題を修正。
  • Cape Hellesでオスマン側がゴータ爆撃機を使用するように修正
  • カスタムゲーム「Armored Kill」で看護兵のメインウェポンが使えなかった問題を修正。
  • Cape Hellesのオペレーションとラッシュで、移動ルートが増え、キャンプ地点が減少するように戦闘エリアを調整。
  • Cape Hellesでオスマンの航空機と魚雷艇の出撃地点を移動。
  • Cape Hellesでイギリス軍のボートの出撃を調整。
  • Cape Hellesのラッシュの第1セクターで防衛側の出撃地点を移動。
  • Achi Babaのコンクエストで、通行の多いエリアでの出撃を避けるように、問題のあったいくつかの出撃地点を調整。
  • Lupkow Passのラッシュ最終目標での分隊出撃の問題を修正。

マッチ体験の向上

ゲームサーバーへの接続中にプレイヤーが切断される問題に関連したいくつかのバグを修正。

RSP(レンタルサーバープログラム)

  • できる限りリアルタイムで観戦できるように、観戦者のディレイ(遅延)を取り除くRSP設定を追加。
  • プレラウンドの最小人数6人の設定をオン・オフする設定を追加。
  • アクセス禁止(バン)リストのサイズを100から200に拡張。
  • VIPリストのサイズを20から50に拡張。
  • 管理者リストのサイズを20から50に拡張。

ゲームプレイ

  • 泳ぎ中に一部のピストルカービンを使えた問題を修正。
  • 急斜面での速度低下が不自然な問題を改善。今後は向いている方向ではなく、移動している方向の速度が低下します。
  • 斜面方向だけでなく、斜めに登っている場合にも速度低下が発生します。
  • 斜面を後ろ向きに登っている場合の速度低下を修正。

全般

  • PC版のビデオ設定で、インターレースモードを選択できないように変更。フルスクリーン・インターレースモードを使用していたために、PCでの出力がぼやけていた場合は、ビデオ設定でモードを設定し直して、プログレッシブ表示モードが使用されるようにプロフィール設定を更新してください。
  • 不可視のモデルと接触した場合に、一部のVFXが発動されていた問題を修正。
  • ボイスチャット(VOIP)の音量設定が正しく動作していなかった問題を修正。
  • プレイヤーが全員ゲームを去った際に、観戦者がキックされていた問題を修正。
  • ロシア軍女性偵察兵のスポット時のセリフから、ドイツ兵とドイツのビークルに言及していたものを削除。
  • ロシア軍のプレイヤーキャラクターのセリフで、偵察兵をスポットした際に「戦車」と言う問題を修正。
  • プロローグをプレイした後、初めてシングルプレイヤーのレベルを開始しようとした際に、ロード画面から抜け出せなくなってしまうことがある問題を修正。

今回のアップデートはそれぞれの兵科の特徴をより明確にし、キルタイムの短縮で戦闘速度も向上することになります。

「TURNING TIDES」第2波アップデートには『BF1』を代表する海戦マップ「HELIGOLAND BIGHT」と海岸マップ「ZEEBRUGGE」、4人乗りの新ビークル「C級飛行船」なども含まれます(関連記事)。

『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』は絶賛発売中で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: battlefield.com