史上初:「E3 2017」は業界人限定ではなく一般向けに開放、合計15,000チケットを販売

史上初:「E3 2017」は業界人限定ではなく一般向けに開放、合計15,000チケットを販売

Entertainment Software Association(ESA)が毎年6月に北米で開催しているゲーム業界最大規模のイベント「E3」ですが、今年は一般向けに開放。チケットを計15,000枚販売すること表明しました

一般開放

近年はブロガーやYouTuber、インフルエンサー向けにそのルールは緩和されてきたものの、基本的にE3へ参加するには「企業」や「メディア」に所属している必要がありました。今年はそこに15,000枚限定の「一般」の枠組みを設けることになっています。

太平洋時間2月13日の朝9時から売り出される15,000チケットのうち、先着1,000枚は149ドルで、残り14,000枚は249ドルで販売。どちらのチケットも決して安くはありませんが、E3開催期間中は毎日ショーフロアにアクセス可能となります。

E3 Consumer Passes On Sale Feb. 13th – YouTube

なおESAの「E3はビジネス向けイベントである」という指針に変更はなく、従来のビジネス向けチケット所有者が受けているVIPビジネスラウンジの使用権や早期入場などの恩恵は、一般向けチケットでは受けられません。

E3は基本的には一般人お断りなイベントですが、これまでも極少数だけ超高額でチケットを一般販売しており、去年はE3会場前で一般でも参加出来るE3 Liveが開催。今年はそのE3 Liveを拡張し、本家E3に取り入れる形となりました。

背景

こうなった背景としては、EAやActivisionといった大手デベロッパーがE3を避ける機運が生まれてきているためと見られています。

ストリーミング配信が手軽にできる様になった現在、高いコストをかけブースを出展しても業界人しかアクセスできず、メディア側としても、極々限られた僅かな時間しか取材が出来ず、企業とメディアどちらからもE3はメリットの少ないイベントとなっていました。

関連記事: Electronic Artsが「EA Play 2017」開催を発表、E3でのブース出展はなし

今回の一般チケット販売は、企業離れの収支の穴を埋めるとともに、企業とファンを直接繋ぐことになるのかもしれません。

E3 2017向けの一般チケットは日本時間2月14日の午前2時からhttp://www.e3expo.comで販売。 ロサンゼルスで6月13日から15日まで開催されます。

Source: Eurogamer

コメント1
CATEGORY :
TAG :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ペドフェリア

    なるほどなー 小学の時からE3は知ってたけどだんだん苦しくなってきてるんか

コメントする