オーバーウォッチ: eスポーツ関連機能が大幅強化、「Overwatch World Cup 2017」内にて実装へ

オーバーウォッチ: eスポーツ関連機能が大幅強化、「Overwatch World Cup 2017」内にて実装へ

現地時間の11月3日から開催されるブリザード・エンターテイメントの祭典「Blizzcon 2017」のイベント内にて、世界大会「Overwatch World Cup 2017」が開催予定の『Overwatch(オーバーウォッチ)』ですが、ゲームディレクターのジェフ・カプラン氏が開発の最新情報を伝える動画を公開。イベントに向けた様々な機能の追加を発表しました。

カプラン氏によると、ファンがイベントを視聴するのが容易になるツール提供するとのことで、下記の機能がイベント中に実装・ショーケース予定とのことです。どれもeスポーツにまつわる機能となっています。

ゲーム内のチームユニフォーム

「Overwatch World Cup 2017」から、全てのチームはホームかアウェイかによって、異なった色のユニフォームを着ることになります。観戦しているプレイヤーによってHUDやビジュアルエフェクト、爆発などもその色とマッチするようになるので、どのチームを観戦しているかがより明確になります。

実況者向けの見下ろし型インタラクティブマップ

実況中に表示できる見下ろし型のマップでは、ヒーローの位置はもちろん、アルティメットのチャージやスタン状態などがひと目で分かるようになっています。

実況者はもちろんのこと、カメラを担当するオブザーバーにとっても嬉しい機能となっており、よりわかりやすい実況を届けることを補助する機能になります。

三人称スマートカメラ

アクションが起きているところを検知してスムーズなカメラワークを可能にするのが本機能。ヒーローが移動中であっても常にどこでアクションが起きているかを検知し、そのアクションをスマートにカメラが追従することでスムーズな映像を可能にします。

インスタントリプレイツール

実況者がキルフィードから様々な瞬間を選択して、カメラの位置を調整し、再生速度を調整して公開できるツール。重要な瞬間を見やすく表示することで、コメンテーターやアナリストがプレイの分析をするのを容易にします。

自動トーナメントインターフェース

トーナメントの主催者が可能なかぎり人為的なミスが起きない形で試合をセットアップできるツール。プレイヤーが試合中に切断された場合も自動的にポーズがされ、再接続されると再開されるといった機能も含まれています。

Developer Update | Evolving Overwatch Esports | Overwatch

「Overwatch World Cup 2017」での各機能のデビューが待ちきれません。最初の試合となるイギリスvsスウェーデンは日本時間の11月04日午前4:15から開催予定となっています。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。

Source: MP1st