ゲーマー国勢調査2023 結果発表!

『エーペックスレジェンズ』シーズン21"アップヒーバル"アップデート:アッシュ強化など12人のレジェンド&武器4種に調整 / サプライボックスの武器保証機能など

『エーペックスレジェンズ』シーズン21アップヒーバルアップデート:アッシュ強化など12人のレジェンド&武器4種に調整 サプライボックスの武器保証機能など
  • URLをコピーしました!

Respawn Entertainment(リスポーンエンターテインメント)は『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』のシーズン21「アップヒーバル」アップデートに向けて、変更内容を記載したパッチノートを公開。

この記事では、予告されていたレジェンドや武器への変更について、明らかになった詳細を開発者のコメントとともに紹介。

CONTENTS

『APEX』シーズン21アップヒーバル・アップデートパッチノート

壁をすり抜けて奇襲!戦術無限大な新レジェンド「オルター」徹底解説! | エーペックスレジェンズ (S21) - EAA!!

シーズン21の新レジェンド「オルター」など、発表済みの新コンテンツは以下の記事で解説。

マップローテーション

シーズン前半、カジュアルとランクでは以下のマップにアクセス可能。

  • ブロークンムーン
  • キングスキャニオン
  • ワールズエッジ

バランスアップデート

ケアパッケージ

  • ウィングマンは地上に戻る
    • 飛翔体(弾)のサイズがケアパッケージ前の値に戻る
    • ダメージが50から45に減少
    • 「スカルピアサーエリート」削除
    • 腰だめ撃ち命中精度低下
    • 「ブーステッドローダー」ホップアップ付与
    • 各種マガジンがアタッチメントとしてつかなくなる
  • ディボーションがケアパッケージに入る
    • 新機能「腰だめ撃ち精度の逆転」:腰だめ撃ちをし続けると、命中精度が広がっていくのではなく、引き締まるようになる
    • ダメージを15から16に増加
    • マガジンサイズを、紫で48発だったものが54発に増加
    • 予備アモ:324発
    • 弾切れ時のリロード時間を大幅短縮

ゴールド武器ローテーション

  • ネメシスバーストAR
  • トリプルテイク
  • ピースキーパー
  • プラウラーPDW
  • ロングボウDMR

サプライボックスの武器保証

  • 武器を持っていないプレイヤーが初めて開けたサプライボックスには、常に武器が1つ含まれるようになる

開発者メモ「拳でガンファイトに挑むのは特段楽しいゲームプレイではありません。そこで、ゲーム序盤で安定して武器を獲得できるように改善しました。まったく何も装備していないときにサプライボックスを開ければ、最低でも1つの低ティア武器が保証されます」

デスボックスからのバナー回収

  • バナーの回収時、プレイヤーは重要なゲームプレイアクションからロック状態にならなくなる
    • 走る、撃つ、殴る、蘇生によって、バナー回収アニメーションから抜け出せるようになる。バナー回収の成功は記録されたまま
    • アニメーション再生中、デスボックスへの2度目のインタラクトがすぐにできる。または、インタラクトボタン長押しで、回収とデスボックス画面に入るのを一度に行える

開発者メモ「ついに、ようやくこの時がきました!私もあなたも誰もかもが、味方を戦闘に戻そうとしてデスしていました。しかし今後はバナーをつかむのを責められなくなります。エーペックスにおいてバナーの回収はポジティブな行動ですが、かなり長い間、短時間まったく何もできなくなることがこの行動に罰を与えていました。銃がそのまま手に戻ってくるようになるので、デスボックスのところに行ってオクタンやレイスを助けてあげてください!」

サバイバルアイテムとサポート・サプライボックス

  • サバイバルアイテムはチームがそれを必要としている場合に、サポート・サブライボックスのトレイからのみ出現するようになる

開発者メモ「サバイバルアイテムは昨今有り余っているように感じられるので、サポート・サプライボックスでの出現率を減らし、プレイヤーたちが特定の条件を満たしているとき(味方が倒され、モバイルリスポーンビーコンを必要としている場合など)のみ出現するようにします

武器とアタッチメントへの変更

30-30 リピーター

  • 「スカルピアサー」ホップアップ削除

開発者メモ「30-30は数シーズンの間中~長距離射程を支配しており、直近の調整もその地位から下ろすほどのものではありませんでした。スカルピアサーを削除することで、他のマークスマンやスナイパーライフルが活躍できる余地が生まれるでしょう」

チャージライフル

  • ADS時の反動を改善し、安定させた

開発者メモ「チャージライフルは今でもハイリスク・ハイリターンな武器ですが、リスクの部分がややリターンを上回っています。反動をより滑らかにすることで、発砲時にあまりにも手に負えないということはなくなるでしょう」

ロングボウDMR

  • 「スカルピアサー」ホップアップ削除
  • バレルスタビライザー・アタッチメント削除
  • 基本反動が大幅に改善
  • 飛翔体(弾)にかかる重力低減
  • ADSへの移行・終了時間を短縮

開発者メモ「ロングボウのことはいつも、取り回しやすくて素晴らしいスナイパーライフルの入門武器と考えていました。やがて私たちは、入門レベルの良武器であることと、多くのアタッチメントが必要であることは相反すると気付きました。ロングボウ用のアタッチメント集めをシンプルにし、ベース武器の時点でより手に取りやすくすることで、ゲーム序盤での有用性や、スナイパーライフルとしての全体的な一貫性を向上させることを意図しています」

トリプルテイク

  • 「ブーステッドローダー」ホップアップを付与

開発者メモ「書いてあることは強いトリプルテイクですが、出せるダメージを最大化しようとするとやや遅く感じられます。リロード速度を上げてマガジンに予備のアモを増やすことで、より長く敵に圧力をかけ、罰するチャンスをさらに増やせます」

ホップアップ

  • 地上アイテムプールから「スカルピアサー」削除
  • 地上アイテムプールに「ブーステッドローダー」追加
    • 弾切れが近いときにリロード速度が上昇し、次のマガジンは予備弾薬つきでオーバーロードされる

1倍デジタルスレットサイト

  • 地上アイテムプールと、固定されたすべてのセット武器から削除

開発者メモ「エーペックスにおいて、1倍デジタルスレットの力は突出しています。地上で拾えるアイテムの1つでありながら、特定のレジェンドへのカウンターとシナジーを両立。その力はレジェンドメタの変遷を通して揺れ動き、調整も非常に難しい。そこでサイト用のより健全なパークについて調査する間、1倍デジタルスレットには休憩を与えます」

レジェンドへの変更

アッシュ

  • アークスネア
    • 左手で放つようになる
    • 射出時に武器を収納したり、消費アイテムの使用を妨げなくなる
  • フェーズティア:オルターの技術にインスパイアを受け、虚空を通過中、付近の敵がプレイヤーにハイライト表示される

開発者メモ「そろそろアリだと思いませんか? アッシュが反対の手でアークスネアを撃てるようにするのは、私たちがずっとやりたかったことです。スネアを使うのに武器をしまったり出し直したりするのは、戦闘において彼女を不利にし、プレイの選択肢を少なくします。スネア使用時によりアクティブに動けるようにし、成功した際はよりアグレッシブに圧をかけられるようにします」

バリスティック

  • ウィスラー:埋め込んだスマートバレットからのダメージが、5から10に増加
  • アップグレード
    • ケアパッケージを確認:削除
    • 新アップグレード「スリングショット」:バリスティックのスリングの武器を、レベル2では青のフルセット武器に、レベル3では紫のフルセット武器に向上させる

開発者メモ「冴えないパークをより面白いものと交換します。とりわけ、アルティメット使用時以外の場面でスリング武器を活用するのが好きなバリスティック使いのための調整です。戦術アビリティと関連した3つのアップグレードはもう十分なので、3つ目の武器用にスペースを作ります」

ブラッドハウンド

  • ハンティングビースト
    • クールダウンを3分から4分に増加
    • アルティメット起動中にノックダウンさせても継続時間が延長しなくなる
  • アップグレード:レベル3
    • 戦術クールダウン:削除
    • ブラッドテイスト:ノックダウンで得られるHPを25から50に強化
    • 新アップグレード「ロングハント」:ノックダウンでハンティングビーストの継続時間が延長

開発者メモ「ハンティングビーストには多くの力が組み込まれています。スモーク越しに完全な視界が得られ、移動速度も上昇。そしてタイマーの延長も可能。そこでこれらを分解し、プレイヤーが特定のプレイスタイルに偏るかどうかを確認しつつ、戦術のクールダウンを減少させるという面白味のない隠し能力は止めにしたかったのです。ブラッドハウンドは、競技レベルで最も人気のある2人のレジェンドと高いシナジーを発揮しますが、各スキル帯での彼女たちの魅力には気を配っておきたいのです。1倍デジタルスレットがない環境における彼女たちの最高地点を見定めるまで、手に取りやすいこのレジェンドには大きく手を加えることはしません」

カタリスト

  • スパイクストリップ
    • クールダウンを25秒から20秒に短縮
    • アップグレード「ロングキャスト」を戦術の基本性能に統合
  • フェロバリケード
    • 長さを40メートルから45メートルに伸長
  • アップグレード
    • ロングキャスト:削除
    • ロングベール:レベル2に移動
    • 新アップグレード「フェロドア」:パッシブで、なくなったドアを完全に再建造して増強する

開発者メモ「アルティメットを弱体化した後、カタリストへの愛情が足りておらず、シスタースパイクはライバルを必要としていました。ベースのクールダウン時間を短縮する戦術アビリティへの変更と、パッシブのアップグレードで状況に応じた強力な代替手段を作れるようにすることで、バランスが取れることを期待します。アルティメットのアップグレードが切り離されたので、両方のレベルが、対戦の流れから影響を受けると思われる難しい選択肢となります。味方のゾーンに引っ込んで身を固めるのか、それともローテーションを支援するためにアップグレードされた壁を求めるでしょうか?」

コースティック

  • ガスダメージとスロー効果が、コースティックのスクワッドが倒された直後に停止するようになる
  • ガスダメージの増え方が、「5から無限」から「4から10」になる。ダウンしているプレイヤーへのダメージは、一律5から4になる

コンジット

  • レイディアントトランスファー
    • フォージシャドウ起動中のレヴナントは対象にならなくなる
    • レヴナントがフォージシャドウを起動すると、シールドの一時的な生成が即時終了する。レヴナントがアルティメットを起動する前に生成された一時的なシールドは維持される
  • アップグレード
    • バッテリーコレクション:削除
    • 新アップグレード「バッテリーパック」:インベントリの各スロットにシールドバッテリーを最大3つスタックできる(ゴールドのバックパックにはスタックしない)

開発者メモ「コンジットは健全なピック率を維持しており、一連の弱体化を経てもなお強力なサポートピックとして確立されています。戦闘ペースを高めるレジェンドとしての彼女の効果を下げることは望んでいません。今回の弱体化は、彼女のシナジーのうちの1つをターゲットにしたものです。こちらが思っていたよりも悪用じみたものに感じられました」

クリプト

  • ニューロリンク
    • アップグレード「ネットワークトラフィック」はアビリティの基本性能に統合
    • バナーのスクワッド数カウントが、ドローンが展開状態のときは常に表示されるようになる
  • アップグレード:レベル2
    • 戦術とアルティメットのクールダウン:削除
    • ネットワークエクスパンション:レベル2に移動
    • 新アップグレード「クイックピン」:ドローンの操作性が向上(加速・減速がより早くなる)
  • アップグレード:レベル3
    • 新アップグレード「サテライトイメージ」:ドローンのスキャン持続時間が1.5秒増加
    • 新アップグレード「ハッカソン」:ドローンのクールダウンが半減。アルティメット使用中またはドローン破壊時、常にスピードブーストがかかる

開発者メモ「シーズン20開始時のクリプトのアップグレードには多くの不満点がありました。今回の一連の変更が複数の異なるプレイスタイル、特に、ドローンをより能動的に動かすか、受動的に動かすかというプレイヤーの好みと響き合うことを望みます」

ヒューズ

  • アップグレード
    • ビッグバン:削除
    • 新アップグレード「リングマスター」:リングコンソールへのアクセスを得る
    • スカーティッシュ:
      • ダメージ軽減効果を単純化かつ強化し、燃焼エフェクトが残る点を削除
      • マザーロードを踏み超える際のダメージは一律20に(以前は75HPの50%にあたる37)
    • レックレス:ナックルクラスターが連続ヒットすると、爆発ダメージの軽減効果が適応されていなかった点を修正(レックレスでは、ナックルクラスターが全ヒットすると約32ダメージのみ受けるようになる)

開発者メモ「ヒューズは破壊と混沌を体現する人物です。今回の変更の目的は、作戦レベルでの新アップグレードを得るにせよ、あるいは複雑なダメージモデルを単純化するにせよ、狂気の沙汰を引き起こすことです」

ニューキャッスル

  • モバイルシールド:投てきアニメーションのスピード上昇(2.5倍ほど速くなる)
  • キャッスルウォール
    • チャージ中、キャッスルウォールの正面に来る飛来物を破壊するようになる。キャッスルウォールの背後から放たれた飛来物や、他のレジェンドの飛来物系アルティメットによる砲撃は破壊しない
    • キャッスルウォールのチャージ継続時間が、30秒から1分に増加
  • アップグレード「ストロングホールド」:チャージ継続時間が2.5分から3分に増加

開発者メモ「ゲーム内でのキャッスルウォールの強さは、その存在感にほとんどマッチしていません。多くの場合この壁は、窮地に陥った味方の元にニューキャッスルが飛び込んだことが分かり、周辺にいる脅威にとってグレネードの投げどころになっています。アルティメット級の壁が、こうも役に立たないことはないはず。特にサポートレジェンドは、スクワッドがその優位性を失い始めたときに、流れを変えるために作られています。今後キャッスルウォールにはより計算されたカウンタープレイが求められ、アップグレード『ストロングホールド』もより魅力的な選択肢にします。また、モバイルプロテクターを出す際の展開時間の長さは、武器を持ち直そうとする彼を非常に弱くしていると判明しました。そこでアニメーションのスピードを上げ、よりうまく対応してもらえるようにしました」

オクタン

  • アップグレード
    • レックレス:削除
    • マッドホップ:レベル2に移動
    • ストロングスキン:レベル2とレベル3で2度選択できるようになり、興奮剤のダメージが「25%軽減」から「5ダメージ少なくなる」に

開発者メモ「オクタンには『極上』のタトゥーが彫られているので、彼の戦術やアルティメットをもっと強化することを止めさせてはいけません。レックレスはテーマ的には面白かったのですが、オクタンには既に爆発ダメージを軽減するのに最適で、それほど隠されてもいない"興奮剤を使って離脱する"能力を持っています」

ワットソン

  • アップグレード
    • フォーリングスター:ワットソンのスクワッドが倒されると、パイロンはアークスターの生成を中止する
    • スプリットサーキット:シールド回復量が減少しなくなる

レイス

  • 「虚空へ」と「ディメンションリフト」:虚空を通過中、付近の敵がプレイヤーにハイライト表示される
  • タイトル:Apex Legends(エーペックスレジェンズ)
  • 配信日:2019年2月5日
  • 対象機種:PS4, PS5 / PC (Origin, Steam) / X1, Xbox X | S / Switch
Logicool G
¥32,500 (2024/05/27 03:06時点 | Amazon調べ)

Source: Apex Legends Official

『エーペックスレジェンズ』シーズン21アップヒーバルアップデート:アッシュ強化など12人のレジェンド&武器4種に調整 サプライボックスの武器保証機能など

FOLLOW EAA!!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • 作業BGMにボイロで記事読み上げさせてたら誤字みつけたw
    デスボックスからのバナー回収のとこの開発者メモのとこ
    デスボックスのところに行ってオクタンやレイスを「「助けてあげください!」」 たぶん「て」が抜けてる

    • ご指摘ありがとうござます。該当箇所は修正致しました

コメントする

CONTENTS