CoDシリーズ共通:敵の位置を把握する「人力ウォールハック」とは

CoDシリーズ共通:敵の位置を把握する「人力ウォールハック」とは

壁越しの敵の視認する卑怯なハック「ウォールハック」は有名ですが、『Call of Duty』シリーズ共通の仕様を利用した「人力ウォールハック」こと、通称“立ち込める”のテクニックの解説動画です。

Call of Duty | 人力Wallhack | 「立ち込める」紹介・解説動画

これは敵の存在により、画面端のオブジェクトのぼやけ具合が変わる/ピントがズレるという『CoD』シリーズの特性を利用したもの。下記イメージの右オブジェクトに注目。

いる時ぼやける_compressed
敵がいる
いない時くっきり_compressed
敵がいない(キル後)

CoD 人力ウォールハック まとめ

詳細は未確認ですが、全ての機種と全ての『CoD』シリーズで使用可能なテクニックだとされています。以下は雑多にまとめた内容で、正確ではない可能性があります。

  • キーワードは「オブジェクトのぼやけ具合」で、慣れが必要。
  • 敵がいる方向にADS(覗き込み)すると視界端のオブジェクトがぼやける。
  • 有効範囲は広く、ぼやけ具合からかなり正確な距離と方角を割り出せる。(要鍛錬)
  • 敵が自分から離れるとぼやけ具合が解消されだす。
    オブジェクトが自分に近すぎると無条件にぼやける。
  • 敵が複数いる場合、正確な位置が分からなくなるが、ぼやけ具合から敵の人数も把握できる模様。(未確認/要鍛錬)。
  • 敵が近すぎるとぼやけない(近くに来るとぼやけが解消)。
  • 室内を確認したい場合は部屋の入口をADS。敵がいる場合は端がぼやけ、ぼやけ具合でどちらの方角にいるか判別可能。
  • 視点の方向と敵の位置が180度に近づくとぼやけが解消される。これを利用して上下左右の方角も探れる。
  • 部屋の入口でADSすることによりぼやけ具合で方角が分かるが、視点の方向によっては分からなくなる。
  • サイズやドアの位置、オブジェクトの配置などのマップ構造を把握することでより判別が正確になる。
  • タイトルによってぼやけ具合(分かりやすさ)に違いが見られ、最も分かりやすいのは『BO2』。
  • 最新作『AW』でも“一応”使える模様。

via Anonymous

コメント

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By no name

    すげえ。でもサイトから視点ずらすのは命取り…難しいな

  2. By マークスマンライフル1960

    まったくわからねぇー… (゜_。)

  3. By GasRich

    自分にはさっぱりだ……

  4. By I knew it

    従来通りのクリアリングで十分だが、果たして実践しようとする人はいるのだろうか・・・

  5. By no name

    最も分かりやすいBO2でこの技使って戦い慣れ、新作のBO3が出て対策されてて新兵に
    ボコボコされて「新作は糞!BO2最高!!」とか言っちゃうキッズは現れるのか、現れないのか。

  6. By PrineC

    あんまりグラがどうだいう人種じゃないけど、さすがにここまで低画質だと逆にやりにくそう

  7. By MT

    ぼやけてたの?
    まったく気がつかなかった

    • By ぐぇすと

      キルカメラが一番分かりやすいと思う。
      画面の半分下に妙な違和感を感じると思う。
      エイム時はぼやけていたのにキルと同時にぼやけが直る。

  8. By ぐぇすと

    ぼやけるのは前から気になっていたけど、パフォーマンスの低下かと思ってた。
    敵の有無だったのか。

    • By ぐぇすと

      その内CPUのクロック周波数の変化で敵の有無とかなりそう。
      クロック周波数からデータを抜き出すという実験があったし。

    • By damu

      ぼやけるのは単なる被写界深度処理だと思います

  9. By ゴリラ

    こりゃステルスゲーじゃないか

    • By 二等兵

      Gのこと?

  10. By るる

    わかんねーー

コメントする