BFH:次回パッチの5つの重要な変更点発表、レンサバも開始へ

BFH:次回パッチの5つの重要な変更点発表、レンサバも開始へ

Visceral Gamesは、『Battlefield Hardline(バトルフィールド ハードライン)』のコミュニティーからの意見や要望を受けて変更していく企画「Community’s Most Wanted (コミュニティーの最重要指名手配)」の最新版を公開し、新たな追加要素や変更内容が明らかとなりました。

Visceral Gamesのリードマルチプレイデザイナーであるサド・サッサー氏によって発表された内容は優先度が高めの5つの事項となっており、次回パッチにて修正が行われます。

Community’s Most Wanted

  • Punkbusterの修正:プレイヤーから報告があるCPU使用率が高くなる問題の修正を行う。
  • Nvidia DirectXドライバーの修正:Nvidiaと協力し新ドライバーを作成し、よくあるクラッシュ問題の修正を行う。
  • コンクエストの時間延長:チケットを増やすことで、スモールコンクエストとラージコンクエストの試合時間を延長した。
  • TDMのスポーン改善:スポーン地点とスポーンシステムを調整し、改善を行った。
  • 複数の武器バランス調整:よく寄せられるいくつかの不満に対する修正を行った。近日中にさらなる調整を予定。
  • 詳細:次回パッチに含まれる複数音内容の詳細はこちらで確認できる

これとは別に、レンタルサーバーサービス「Rent-A-Server」機能の追加を次回パッチにて全てのコンソールで行うことも判明しています。

また、現在開発チームは”安定性”にフォーカスしてアップデートに取り組んでいることも強調しており、ローンチから1ヶ月経とうとしている中でもまずは安定したプレイをという考えは変わっていないようです。

source: Battlefield