HITMAN:全DLCを無料リリース 「シーズンパス商法は間違っている」

HITMAN:全DLCを無料リリース 「シーズンパス商法は間違っている」

E3 2015でトレイラーが公開された、シリーズ最新作となるアクションアドベンチャー『HITMAN(ヒットマン)』。

本作のデベロッパーであるIOインタラクティブのスタジオヘッド ハンネス・ザイフェルト氏は、以下のように「シーズンパス商法」を批判し、『HITMAN』には少額課金や有料DLCが存在しないことを明かしました。

更に2016年にかけて、追加のストーリーコンテンツをすべて無料で配信すると明言しました。

「NO少額課金、NO有料DLC」

“60ドルでゲームを販売し、更に別途40ドルでシーズンパスを販売しようとする製品がある。結局は100ドルや120ドルかかることになってしまう。我々はそうはしたくなかった。”

ザイフェルト氏はこのようにシーズンパスモデルを批判し、

“そのようなやり方は間違っていると思う。プレイヤーは体験の一部への参加は望んではいても、必ずしもふんだくられたいわけではないんだ。我々が販売するものはすべての要素が含まれるにもかかわらず、1回だけの買い切りだ。”

と語っています。もちろん、だからと言って内容が薄いわけではなく、これまで以上に充実しており、最新作の名に恥じないシリーズ最大規模のゲームとなることや、少なくとも発売後の数ヶ月は何かを追加購入することなく楽しめるだろうとしています。

hitman-02

『HITMAN』の販売方法は少し特異で、まずはダウンロード版限定でリリースされ、その後数ヶ月かけてDLCを無料配信。全てが出揃った後に完全版としてディスク版がリリースされる予定。気になる追加コンテンツの詳細やその本数は、発売日が近づくに連れて徐々に明らかにされます。

何かと話題のDLCモデルに関しては、『Evolve』はリリース時からマップは無料で、『Titanfall』は後日すべて無料化、『Battlefield 4』でも“Final Stand”以降のDLCはすべて無料となっています。

『HITMAN』の発売日は2015年12月8日(海外)で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

コメント14
CATEGORY :
TAG :