eSports市場が急成長中!今年の総収入335億円、2018年には1000億円目前に

eSports市場が急成長中!今年の総収入335億円、2018年には1000億円目前に

ゲームの市場調査ファームであるNewzooの最新レポートによると、eSports市場の成長は予想を大きく上回る急成長を続けているようです。

成長し続ける市場規模

e-Sports
レポートは、2015年の総収入は2億7800万ドル(約335億円)に到達し、去年の1億9400万ドル(約234億円)から43.1%の成長となる見込みだと報告。これは2014年の成長率である24.8%を多く上回る結果です。市場はこれからも成長を続けていくと見られ、2018年には7億6500万ドル(約922億円)に到達する見込みとなっています。

総収入の多くを支えるのがオンライン広告で、その他にもマーチャンダイズ、イベント、ブランド契約、メディア、パブリッシャーによる投資などが市場を支えています。

観客も増加

Newzoo_Esports_2015_Q3_Update_Audience_Growth-Custom

2015年には、eSportsのコンテンツを「月に1回以上」利用するeSportsファンが1億1600万人に登ると見られています、人数の内訳は1680万人がヨーロッパ、1850万人が北アメリカ、5390万人が中国となっており、この人数も2018年には1億6500万人に到達する見込みです。

一方、eSportsコンテンツの利用回数が「月に1回未満」の人数は1億1千万人となっており、これは2014年から3%のダウン。これは減少を意味するのではなく、多くの利用者がコンテンツを「月に1回以上」利用するファンに転化しているのが見受けられます。

eSportsがプレイヤー人数を増加させる

Newzoo_Esports_2015_Q3_Update_DotA2_PlayersCustom

今年の8月に行われた、賞金総額1842万ドル(約22億円)の『Dota 2』の大会「The International 5」では、開催期間中の週間アクティブプレイヤー数に大きく増加。イベント後には、イベント前のプレイヤー数と比べても安定した人口の成長が見られたとのことです。

今後も大きく成長を続けるとみられるeSports市場。パブリッシャーや開発会社はタイトルにeSports要素を組み入れてイベントなどへ投資を行い、多くの人がタイトルに触れる機会を増やすことで、より安定した成長とプレイヤー数の増加を期待できるかもしれません。

Source: Newzoo