CoD:IW:キャンペーン新情報。ほぼロードなし、リアルな戦争、協力プレイなし、M4とM16が復活?など

CoD:IW:キャンペーン新情報。ほぼロードなし、リアルな戦争、協力プレイなし、M4とM16が復活?など

新情報が続々と発表されている『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』のキャンペーンモードですが、先日行われたInfinity Wardのストリームからも様々な事実が発覚しています。

ストリームから判明した新事実

CoD:IW:キャンペーンモードに協力プレイ無し、M4とM16が復活?、サイドミッションの新事実など

  • 太陽系の外には出ない。敵は人間でエイリアンは登場しない
  • シームレスなシーンの切り替わりは大きなイノベーションとなる。宇宙から地上までローディングスクリーンを僅かに挟むか、全く無い状態で切り替わる
  • 『CoD』タイトルとして感じてもらえるように多くの時間を費やした
  • 「”信じられる”戦争ストーリーを作り出すことが、我々の最も重要な目標」
  • ゲーム内の年代は未発表(BO3は2065年)
  • キャンペーンはソロプレイのみで協力プレイなし
  • 宇宙でのミッションが全てではなく、スペースステーション、地上、小惑星などの様々な環境が舞台になる
  • M4とM16が登場する可能性がある
  • 新しい装備が登場。船の防衛機能としてトロフィーシステムも復活
  • 他のCoD作品とは完全に異なるサブブランドとなる。『CoD:Ghosts』ともストーリーと設定は異なり、新しいキャストとキャラクターなどが登場する
  • プレイヤーはレイエス中尉としてプレイする。ゲームを進めていくとレイエスは艦長になる。従来のCoDの主人公とは異なり、レイエスはリーダーとして自ら決断をしていく
  • サイドミッションはあるが、皆が体験するメインのストーリーは変わらない。サイドミッションによってストーリーが変わることはない
Call of Duty®: Infinite Warfare Developers LIVE with PlayStation’s Sid Shuman

関連記事CoD:IW:キャンペーンは遥か未来の太陽系が舞台、壮大な世界観に

『CoD:IW』の発売日は海外で2016年11月4日で、対応機種はPS4、Xbox One、PC。通常版以外のデラックス版にはキャンペーンとマルチプレイヤーを搭載した『CoD:MW』のリマスター版が同梱されます。

Source: Charlie Intel