BF1:“第一次世界大戦の時代設定”は一度却下されていた 「塹壕戦が面白いわけがない」

BF1:“第一次世界大戦の時代設定”は一度却下されていた 「塹壕戦が面白いわけがない」

第一次世界大戦(WW1)を舞台とすることを発表、ファンを驚かさせた『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』ですが、開発元のDICEが情熱を注ぐその時代設定も、一筋縄では決まらなかったようです。


EAのエグゼクティブ・バイスプレジデントであるパトリック・ソダーランド氏は、最初にDICEから第一次世界大戦を舞台にするアイデアを提案された時のことをこう語っています。

(第一次世界大戦は)分かりやすい選択ではなかった。業界の他のパートナー達の動向を見ると、SFが主流となっている。我々は現代戦の領域で大きな成功を収めたが、なにか変化が必要だと感じていた。

チームが第一次世界大戦のアイデアを提案してきた時、私はキッパリと却下した。「第一次世界大戦は塹壕戦だ。プレイして面白いわけがない」と言ったんだ。

ただし第一次世界大戦に否定的だった彼も、DICEの説得により今ではすっかり納得しているようで、「フランチャイズにとっても、EAにとっても正しい選択」だと言及。

さらに「まだトレイラーを1本見せただけだ。(リアクションで)大きな成功を収めているが、重要なのはバトルフィールドとして約束された品質を届けることだ。我々はそれを成し遂げるだろう」と『BF1』のクオリティに大きな自信も見せています。

『Call of Duty: Infinite Warfare』や『Titanfall 2』、『The Division』、『Homefront: The Revolution』などのタイトルが近未来の設定を採用する中で、ゲーム業界の巨人EAとDICEが自信を持って取り組む100年以上前の全面戦争を舞台とした『BF1』。DICEが「ゲームプレイと設定は驚くほどフィットしている」と語るその出来に期待が高まります。

関連記事:BF1:DICEが語る、『バトルフィールド 1』の時代設定や武器、ビークル、女性や黒人キャラクター、ゲームプレイの根底など

『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』の発売日は2016年10月21日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。