ペーパーマン:“紙技”FPS、約7年半にわたるサービスを終了

ペーパーマン:“紙技”FPS、約7年半にわたるサービスを終了

GMOゲームポットは、2009年2月13日より行っていた『ペーパーマン』のサービスを、2016年12月26日午前12時を以て終了すると発表しました。

『ペーパーマン』概要

『ペーパーマン』は、韓国のオンラインゲーム会社Gravityが開発した基本プレイ無料のFPS。プレイキャラクターが「紙」であることが最大の特徴で、横を向くことで線状になって被弾率を下げたり、爆弾でキャラクターが燃えたりと「紙」ならではの演出が多数盛り込まれています。
papermanss

サービス終了について

日本国内でのサービスは株式会社コムシードのサイカンゲームズが運営を行っていましたが、2008年3月31日に同社のオンラインゲームに関する事業整理によってオープンβサービスを終了し、株式会社ゲームポットに運営権が移行されました。改めてβテストを行った後、2009年2月13日より正式サービス開始。約7年半にわたってサービスが行われたことになります。

運営元であるゲームポットは、2015年4月から開発会社を変更し運営を続けてきたものの、クライアント強制終了などの致命的な不具合の改善がおこなかったためにサービス提供が困難だと判断したと発表しています。

9月21日に新アバターを含むアップデートを行っただけに、公式Twitterには突然のサービス終了を惜しむ声や労いの声があがっています。

今後のスケジュール

  • 2016年10月26日(水) 午前12時 新規利用登録停止
  • 2016年10月26日(水) 午前12時 有料ポイント「CASH」販売停止
  • 2016年12月26日(月) 午前12時 ゲームサービス終了
  • 2017年 1月31日(火) 午前12時 メールサポート受付・対応終了

Source: Paperman