BF1:第一弾拡張パック「They Shall Not Pass」の詳細発表、新エリート兵科「塹壕強襲兵」やシャール2C、サン・シャモンが登場

BF1:第一弾拡張パック「They Shall Not Pass」の詳細発表、新エリート兵科「塹壕強襲兵」やシャール2C、サン・シャモンが登場

DICEおよびElectronic Artsは公式サイトにて、『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』の第一弾拡張パック「They Shall Not Pass」に含まれるコンテンツを発表しました。フランス軍が参戦するこの拡張パックには、4つの新マップと新エリート兵科「塹壕強襲兵」、ビークルとしてシャール2C戦車やサン・シャモン戦車が登場します。以下公式サイトより。

4つの新マップ

Verdun Heights

bf1-they-shall-not-pass-02

ヴェルダンの戦いの開幕を告げた激しい一斉砲撃によって森は赤々と燃え、兵士たちはその明かりを受けながら前線の支配をめぐり戦った。丘の上にヴェルダンの大要塞群を控えた傾斜地で行われる戦い。止むことのない砲撃の最中、一進一退の消耗戦が繰り広げられる。そこは最も勇敢なる兵士たちでさえも磨り潰す「悪魔の鉄床」と呼ばれた戦場。地獄を体験せよ。

Fort Vaux

第一次世界大戦初の要塞内における大規模な戦闘。それが戦われたのがヴォー要塞の暗い地下であった。じめじめとした石の壁が続く地下通路は暗い迷宮と化し、フランス兵とドイツ兵はグレネードに小銃、銃剣、さらには火炎放射器をもって激しく争った。角の向こうに待ち受けるのは勝利か…死か?

Soissons

第一次世界大戦屈指の戦車戦闘に参加せよ。フランス共和国軍第10軍は強力なサン・シャモン戦車をもってソワソンの奪還を試みた。暑い夏の日を予感させる早朝、美しいフランスの田園風景を舞台に航空機、戦車、歩兵が激突する。その戦場の轟きは、雷鳴に比肩した。

Rupture

エーヌ川にかかる重要な橋を押さえるべくフランス軍は再びこの戦場に戻ってきた。かつての戦いで打ち捨てられた戦車は錆付き、一面をヒナゲシが覆う。だが一見平和に見える野原は戦車の亡骸が織り成す迷路であり、奇襲を企む者たちにとっては格好の猟場でもあった。フォントノワに日が沈む中、戦という名の怪物が目を覚まそうとしている。

新ゲームモード:フロントライン

コンクエストとラッシュがミックスされ、数珠繋ぎになったコントロールポイントをめぐり綱引きをするように前線を争う新モード。 どちらのチームも各時点ごとに一つのフラッグを目指す形となり、現在のフラッグを占領することで次のフラッグへと前線が移動する。 敵司令部のコントロールポイントを占領すると、電信施設の攻撃と防衛を目指すラッシュのスタイルへと目標が変化する。

新ビークル

鋼鉄の巨大兵器に乗り込め


シャール2C戦車に乗り込み、新たな伝説の巨大兵器を体験せよ。 実在のフランスの超重戦車に基づく陸の王者。戦況を一変させる可能性を秘めている。

突撃戦車砲


サン・シャモン戦車が登場。 第一次世界大戦中の連合国軍の戦車としてはもっとも重装甲となる。 フランスの生み出した力強い車両をもって戦場を席巻せよ。

エリート兵科「塹壕強襲兵」


新エリート兵科「塹壕強襲兵」の格闘戦能力で敵を圧倒せよ。 野蛮なレイダークラブと強力なグレネードの装備で、見る者を恐れさせる存在となって戦場に君臨する。

新固定武器


榴弾砲は野砲と似ており、歩兵が配置について使用できる。 迫撃砲やビークルの大砲と同じように間接的な照準と砲撃が可能となっている。

第一弾拡張パック「They Shall Not Pass」は3月に配信予定。Premium Pass保有者は2週間の先行アクセスができます。

『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』は絶賛発売中で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: battlefield.com