オーバーウォッチ: 猛威を振るうマウス&キーボード使いへの懸念を発表「皆さんもファーストパーティへ働きかけを」

オーバーウォッチ: 猛威を振るうマウス&キーボード使いへの懸念を発表「皆さんもファーストパーティへ働きかけを」

ユーザーが『Overwatch(オーバーウォッチ)』公式フォーラムにて、コンソール(家庭用機)でハイレベルと言われているプレイヤーの大部分がキーボードとマウスを使用していると訴え、ブリザードがこの不公平な事態をどう捉えているのかを質問。ゲームディレクターのジェフ・カプラン氏がこの件に対する対応と現状を発表しました。

マウサー問題

ジェフ・カプラン氏はOverwatchチームがマウスとキーボードの使用に反対であることを表明するとともに、「ファーストパーティー(ソニーとマイクロソフト)へ我々のキーボードとマウス使用に関する懸念をすでに伝えている。働きかけは以前より行っており、これからも行っていく」と発言。具体的には下記のいずれかの対応を求めているとのことです。

  • マウスとキーボード、そして変換機の使用を禁止する
  • キーボードとマウスがオープンかつ簡単に全てのプレイヤー使用できるように対応をする

その後少し意地悪なユーザーが「つまりこれはブリザードの問題じゃなくて、コンソール製造元の問題だってことだね」と発言すると、カプラン氏は「違う。これは我々の問題だが、パートナーの協力なしでは解決できない問題だ」と責任を持ってこの件に取り組んでいることを強調しました。

コンソールでマウスを使うための製品は世に出回っており、誰でも簡単に手に入れることができるのが現状となっています。

ユーザーも声を

カプラン氏はユーザーにもファーストパーティーへ働きかけを行うことを推奨しており、問い合わせの際は「敬意を払って建設的に」持っている不安を伝えて欲しいとしています。

『オーバーウォッチ』だけではなく他のFPSゲームなどでも猛威を振るうマウサー問題ですが、現状は黙認されているようなグレー状態。我々ファンが直接声をあげるほうが早く解決できるのかもしれません。

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。