バトルロイヤル・シューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』が日本語対応、公開3日で12億円を突破

バトルロイヤル・シューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』が日本語対応、公開3日で12億円を突破

先日開始された『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』のSteamでの先行アクセスですが、先行アクセス解禁と同時に日本語にも対応公開。公開からわずか3日で売上1,100万ドル(約12億円)を売り上げ、6.7万人以上の同時接続数を記録したことが明らかになりました。


これは同社の発表したプレスリリースから判明したもの。Steamでの早期レビューは「ほぼ好評」で、Twitchでの配信者は3,600人を超え、視聴者も15万人超。シューターの新たな人気作・人気ジャンル誕生の予感もします。

PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS – “BATTLE ROYALE” Trailer

バトルロイヤル・シューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』が日本語対応、公開3日で12億円を突破
現時点でもかなりの人気

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』は小説「バトル・ロワイヤル」をインスパイアしたゲームで、8x8kmの小さな島で最大96人(クローズドベータ時点)のプレイヤーたちが最後の1人になるまで戦い続けるというまさにバトルロワイヤルなシューター。詳細は以下をご覧ください。

Source: hgunified.com