Activision CEOが語る『CoD:IW』: 「間違ったタイミングで間違ったゲームを出してしまったかもしれない」

Activision CEOが語る『CoD:IW』: 「間違ったタイミングで間違ったゲームを出してしまったかもしれない」

CoD最新作『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』のお披露目が数時間後に迫る中、ActivisionのCEOであるエリック・ハーシュバーク氏は『CoD:WWII』についてのインタビューの中で前作『Call of Duty: Infinite Warfare(コールオブデューティ: インフィニット・ウォーフェア)』について言及。その内容が波紋を呼んでいます。

ゲーム内容は良いがタイミングの問題

CODIW_Sabotage_Noir-2_WM
“『CoD:IW』はとても良いゲームだと思う。とても高品質なゲームであり、クリエイティビティの面ではInfinity Wardはとても高い次元で素晴らしい仕事をしてくれた。しかし、オーディエンスと文化に合わせた周期としては間違ったゲームを間違ったタイミングで出してしまったかもしれない。

(3つのスタジオによる)3年周期での開発の利点は明らかで、開発を行う時間も増え、それを洗練させる時間も増える。開発チームが大事に思っていることにかける時間が増えるということだ。しかし、これは同時にファンが求める親しみやすさと、彼らを飽きさせないフレッシュさのバランスを取るという点において、3年後の未来を予想しなくてはならないため難易度が上がることを意味する。

良いニュースは、我々がそのバランスを取るという点において、成功することがほとんどということだ。しかし去年は(間違ったゲームを間違ったタイミングというのは)そのとおりだったと思う。”

cod-iw-combat-rigs FLT

確かに3年サイクルでのリリースは、市場の感情を読むのは非常に困難で、未来が舞台のCoDの連続は「飽きさせない新鮮さ」の面では同意できるファンもいるかもしれません。

海外ではこのニュースへ「キャンペーンは素晴らしいしゾンビもいい出来で、マルチもまあ楽しいね」、「俺的にはゾンビはバカバカしい」、「ナイスジョーク。ラグいしク○マップじゃん」、「マルチは楽しいよ。キャンペーンも楽しいけどエンディングは奇妙だ」、「高品質なゲームというか普通だね」、「IWとSHGはゲームを強化して、Treyarchのようにコミュニティとコミュニケーションを取った方がいいね」といったコメントが寄せられています。

一方、エリック氏はお披露目配信が数時間後に迫っている最新作『CoD:WWII』の誕生秘話も同インタビュー内で語っているので、こちらの記事もぜひチェックしてみてください。

Source: Polygon