CoD:WWII:キャンペーンに体力の自動回復なし「プレイヤーはスーパーヒーローではない」

CoD:WWII:キャンペーンに体力の自動回復なし「プレイヤーはスーパーヒーローではない」

Sledgehammmer Gamesは海外メディアPolygonとIGNとの取材にて、『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』のキャンペーンでは体力の自動回復がないなど、よりリアルなシステムとなることが明らかとなりました。

CoD:WWII キャンペーン

  • 体力は自動回復されず、回復は衛生兵に頼む必要がある
  • 弾薬を補給するスポットは存在せず、弾薬が切れた場合はスクワッドに頼んでマガジンを受け取る必要がある
  • スクワッドには衛生兵や補給兵のほかにも特殊なアビリティを持つ兵士が存在
  • これらのスクワッド兵士を失う可能性もある

このような仕様を変更した理由についてスタジオヘッドのグレン・スコフィールド氏は「主人公Redを含む味方たちは、訓練期間が短く未熟だ。ボディアーマーを着ているわけでもないので撃たれるのを恐れている。スーパーヒーローではなく、テキサスで育った普通の青年なんだ」としています。

この「体力の自動回復なし」というシステムは、実に初代『Call of Duty』以来の採用。これまでのリアル難易度YOLOとは違う、実際にスクワッドにいるかのようなキャンペーン体験ができるのではないでしょうか。

関連記事CoD:WWII:キャンペーンの舞台に「西部戦線」。2つのミッション「ノルマンディー」「ヒュルトゲンの森の戦い」などが判明

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Charlie INTEL