CoD:WWII:ヘッドクォーターに「射撃場」登場、待機時間に利用可能

CoD:WWII:ヘッドクォーターに「射撃場」登場、待機時間に利用可能

マルチプレイヤー映像が続々と公開されている『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、本作のソーシャルスペースとなる「ヘッドクォーター」の更なる要素を発表しました。

射撃場

これはSledgehammer Gamesがライブストリームにて明かしたもの。

ヘッドクォーターとは最大48人収容できるソーシャルスペース。ここでプレイヤーは射撃場を利用することができ、誰が最もうまく撃てるかを競うことができます。もしその競争が過熱すれば、ピットへ出て1v1デュエルをすることもできる愉快なシステム。

ヘッドクォーターはマッチ検索中の空き時間に利用することができ、検索後は速やかにヘッドクォーターを終了してロビーに入ることが可能です。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: PVP Live