PUBG: リリースから3ヶ月で25,000のチーターをBAN

PUBG: リリースから3ヶ月で25,000のチーターをBAN

6月の月間アップデートで大幅な変更が追加される『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』ですが、本日公開されたパッチノートでこれまで25,000件のチーターをBANしたと述べています。

全ユーザーの0.6%がBAN

本日公開されたパッチノートでは、3月の発売から3ヶ月の間に25,000件以上のBANを実施したと報告。

We have banned 25,000+ users in the last 3 months

『PUBG』はこれまでに約400万本の売り上げを達成しており、25,000件のBANは全ユーザー数の約0.6%という非常に小さな数字となっています。『PUBG』ではチート監視ツールとしてBattleEyeを採用しており、開発の間では毎日チーターへの新たな防衛策と検知策の追加に勤しんでいるとのことです。

Twitchの視聴者数が超メジャータイトルである『LoL』や『Dota 2』に比肩するほどの人気作へと成長した『PUBG』。その人気ゆえにこれからもチーターが増えていくと予想されますが、開発のBlueholeはゲームプレイやデータをしっかり監視しているとのことで、これからも健全な環境を整えて続けてくれるはずです。

関連記事: PUBG: 最新アップデートのパッチノート公開、新武器“グローザ”と“P18C”追加、キルアシスト実装、スポーン時にビークルがランダムな方角を向くなど

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』の対象機種はPCで、現在Steamで早期アクセス実施中。

Source: Steam

RECOMMEND