CoD:IW: 最新アップデート配信、追加された「キルトレード(相打ち)」の削除や武器調整など

CoD:IW: 最新アップデート配信、追加された「キルトレード(相打ち)」の削除や武器調整など

Infinity WardはPlayStation 4、Xbox One、PC版『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』へ、最新プレイリストアップデートを配信、パッチノートを公開しました。

今回は2017年6月に追加されて以降、多数のプレイヤーから不満が寄せられていた「キルトレード(相打ち)」が削除されています。

キルトレード

今年6月、キルトレード(相打ち)を公開マッチで有効化し、この機能を大規模にテストすることができました。それ以来多くのプレイヤーの声を聞いたところ、スコアストリークシステムとハードコアモードに予期しない影響がいくつか見られたため、7月14日金曜日に公開プレイリストからこの機能を削除することに決定しました。ただしカスタムマッチでは引き続きアクセスできます。

全体的な修正と新要素

  • マップ「Genesis」がローテーションに復帰
  • CTF(キャプチャー・ザ・フラッグ)を削除し、Epic Gun Game(エピック・ガンゲーム)を追加(日本時間7月22日まで)
  • 武器:
    • Hailstorm – Ordinance: 他ピストルと一致するようアキンボの発射レートを減少
    • M.2187: 複数のチャレンジが意図したように動作しない問題を修正
    • M.2187: スマートショットアタッチメントのペレット数を8から5に調整(アタッチメントの効果には変更なし)
  • プレイヤーが、FTLペイロードとトレイト(フェーズシフト、パーセプション、スーパーチャージ)でCompetitiveプレイリストに参加することができていた。これらをCWLルールセットに一致するように制限
  • Uplink: ドローンが納屋の外にある乾草スタックの間に落ちて、タイムアウトを強制する問題を修正
  • Gun GameとEpic Gun Gameに、Proteus、Trek-50、M.2187を追加
  • Type-2、RPR Evo、EBR-800といったハイブリッド武器のセカンダリモードをCompetitiveプレイリストで使用できる問題を修正
  • さまざまなマップの修正

Attack of the Radioactive Thing!(第3弾DLCゾンビモード)

  • パック・ア・パンチしたアックスが、バウンティの進行を正しく追跡するようになった
  • トラップがバウンティの進行を正しく追跡するようになった
  • アップグレードされた武器を保持したまま、充電のヒューズを入れられるようになった
  • さまざまな武器(Proteus、Volk)のバグを修正

『CoD:IW』は絶賛発売中で、対応機種はPS4、Xbox One、PC。

「Call of Duty World League」公式モニター

Source: Reddit