CoD:WWII:ベータ版アップデート内容と既知の問題発表、「空挺部隊」は強化を検討

CoD:WWII:ベータ版アップデート内容と既知の問題発表、「空挺部隊」は強化を検討

Sledgehammer Gamesのマイケル・コンドリー氏は、『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ベータテスト3日目の振り返り、修正済みの問題や新たに判明した問題について報告を行いました。

CoD:WWII ベータ版アップデート内容と既知の問題

マイケル・コンドリー氏によると『CoD:WWII』で追加された新モード「War(ウォーモード)」には数多くのポジティブなフィードバックが寄せられており、プレイヤーからの人気も上り調子とのこと。また、マップのローテーションのバランス調整により、各マップの重みづけもお互いに釣り合った状態になっているとしています。

その他の、新たに判明した問題や修正済みの問題は下記となります。

  • パーティーリーダーによってウォーモードのロビーから退出させられた後、一部のプレイヤーがゴーストロビー(恐らく誰もいない/参加できないロビーを指す)に参加させられてしまう問題が報告されており、修正のために調査を行っている。
  • スコアストリーク「空挺部隊」の衝突検出の問題と、マップ「Gibraltar」での移動の問題を修正した。特殊なケースでの問題は解決しているはず。
  • 「空挺部隊」が抱える難点についても検討中。スコアストリークがもっと低コストであるべきか、兵士が強力であるべきかもしれないと考えている。今後も注視を行っていく。
  • 派遣師団のレベル2に関連した進行の不具合を修正した。現在は2つ目のグレネードを正常に装備することができる。
  • 歩兵師団のレベル2に関連した不具合に関しても修正を行った。現在は3つ目のプライマリーへのアタッチメントを装備することができる。
  • ドイツ語でのバトルチャッターの問題を特定、解決を行った。
  • マップ「Gibraltar」でまれにマップ外にスポーンしてしまうバグが存在し、精力的に原因の調査を行っている。
  • オーバータイムでボムの起爆に成功した後、プレイヤーのHUDにオーバータイムの表示がそのゲーム中ずっと残ってしまい、オーバータイム状態である表示がされてしまうバグを特定した。現在解決のために調査中。
  • SMGにサプレッサーを装着すると、リロードができなくなってしまうレアなバグが存在する。現在調査を行っている。

なおコンドリー氏は「睡眠と水分を十分に取るのを忘れずに。まだベータ一週目だよ」とコメント。レベル上限が25に解放され、そこを目指してハードなプレイを行なっているであろうプレイヤー達を気遣っています。

個人的には睡眠時間を削って延々とプレイしてしまいそうなほどの魅力を感じていますが、皆さんの感想は? 以前発表された問題と改善内容は以下をご覧ください。

CoD:WWII: 今後の修正と改善内容発表、試合後の長いロード修正や操作方法「バンパー・ジャンパー」サポートなど

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Reddit