『CoD:AW2』ではなく『CoD:WWII』になった理由

『CoD:AW2』ではなく『CoD:WWII』になった理由

ついに発売日を迎えた『Call of Duty: WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、開発元のSledgehammer Gamesから毎度お馴染みのマイケル・コンドリー氏が海外メディアとのインタビューに登場。ファンからはその登場を望む声もあった『CoD:AW』の続編『CoD:AW2』ではなく、まったく新しい『CoD:WWII』になったとな理由や、3年後の次回作に向けた意気込みを語りました。

『CoD:AW2』ではない理由

コンドリー氏によると『CoD:AW』がリリースされた直後にはファンからの昔の『CoD』を懐かしむ声が聞かれており、すでに第二次世界大戦の設定に戻ることが決定されていたとのこと。

コンドリー氏「 (次回作の舞台を決定する)協議の中で最も興味深く挑戦的なのは、業界の3年後を予想することだと思う。エンターテイメントのトレンドは何で、ハードウェアとテクノロジーのトレンドは何なのか?

今回も同様に「次は何をするか」という協議が起きるだろうし、『CoD:AW』のローンチ後と同様にファンに耳を傾ける。11月3日以降にファンが何を気に入って、ゲームのどこに改善の余地があるかを聞けるのは素晴らしい体験になるだろう。

我々はまだその協議を開始してはいないが、とても興味深いものになるだろう。『CoD:AW』のあとに『CoD:AW2』を作るほうが自然だったろうが、もし『CoD:AW2』だったら今ごろファンは『CoD:WWII』と同じくらいワクワクしていなかったのは、皆が賛同してくれるだろう。

『Call of Duty: Advanced Warfare(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』次回パッチの修正点の更新とラグ問題の対策

(SHGによる)次回作の決定には同じような自制心と厳格さが求められるはずだ。もちろん、我々は歴史上の何かを作るのが好きだし、第二次世界大戦を舞台にした何かを作るのも大好きだ。我々がとても情熱的に取り組める分野だからね」

『CoD:WWII』が発売されたばかりでまだまだ気の早い話ではありますが、『CoD』フランチャイズを手がける3つのスタジオの中でも、未来へのシフトや過去への回帰など大きなイノベーションを手がけてきたSHGなだけに、3年後の次回作ではどのような革命を起こすのかに注目が集まります。

以下の関連記事もぜひご覧ください。

アクティビジョンCEO「CoD:IWは余分だったかもしれない」、原点回帰の『CoD:WWII』が生まれた理由

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: TrustedReviews